Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
Bcc6e20a e2d9 4c0c b2e7 94fa9f09a0d4

Erie

Under graduate

Under graduate

13

コメントした本

あなたが欲しい

年齢が近いだけにどきっとした。もし今自分の眼の前に、惹かれてしまうような人が現れたら、そしてもしその人が友人の恋人だったら、そしてもしその時自分にはちゃんと恋人がいたら… 人と人との巡り合いの神秘と残酷さを感じさせる話だった。

1年前

42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e1a58a418 9404 4011 85da d661916a181f7e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d3bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de
春の雪―豊饒の海・第一巻

細やかで豊かな情景描写、緻密な心情描写、この小説には三島の素晴らしさが詰まっている。シリーズ全4作の中でもっとも美しいと思う。貴族社会が舞台になっていることもあり、物語全体を通じて幻想的な雅を感じる。

1年前

7fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34D560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504bE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc20740096b36c63 1597 423c 8ee0 6c7e0309275bIcon user placeholderB67c853a d9fe 49ee ace7 fb82be84a225Icon user placeholder 43
ムーン・パレス

思いがけないところで人との繋がって行くことでドラマが動くことの面白さを感じた。

1年前

Af8dc809 5756 4903 94f5 c4e7debcec39Icon user placeholder8c71de8e 6cf1 4c8b ad8a 0ca7701321075cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd1609b1e774 cb7f 4b90 8f08 d961a256b1fdF70eca95 2013 4a38 aa88 170ef7168a415e143165 0f72 42f9 90ff d4f2d9213c52 37
悲しみよこんにちは

爽やかな読後感と共に物悲しさが押し寄せてきた。 若さ特有の刹那的な生き方が恐ろしくも羨ましくも思えた。

1年前

De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cFd4c7ef6 0173 41ae 93f2 3e70ca5ed415F1ea6658 a250 4686 b345 88183bd3539e6e694572 22a6 4066 957c f314ed96862b4b01ad38 63a6 41b5 bf13 9f73e04537aa03df68cd 9acc 4ada 8439 89adab76498d5919f8a5 d2ba 47a4 a8dc 23ef5eace2fc 14
陽だまりの彼女

不思議な世界観や彼からの視点のお陰で、ベタな恋愛小説とは一線を画す小説だった。 人を愛するということがどういうことか教えてくれるお話だと思う。

1年前

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778Aa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b04A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed9e66700e 2e7e 41db aeeb c94aa48d43a9Ae3a6998 21e3 4d8f 8c43 bb678e980b863892591c 0775 431c 9aef 06fd4b8301cc 78
星の王子さま

感情的になりすぎず、でもなにか心に訴えかけてくる王子さまにいつも泣けてくる。読み終わったあとのすっきりした気持ちがいつも不思議。私の愛読書です。

1年前

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3Ec0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656f7b0a4b4f 15bb 459d 81b7 1f8ea60901d23a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aaA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b328a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c4D6618732 af82 4660 a169 2dd15de5a6ca 94
余白の愛

静かな世界観の中で哀しみも小さな喜びもきゅっと詰まっている。読み終わったあとにいつまでも深く印象を与える作品。小川洋子ならではの爽やかで淋しい読後感がとても好き。

1年前

693f3def c09b 44c5 a99c cc17f4601004Ee01c2f2 d31c 48d5 b6cb 3532c28619e8E1eccc89 dd0e 4978 852a 4dbc9dddd9c8Cee99564 e18d 435c 8d17 754753fa7db271b5c952 1be0 4f69 ad05 129c1f71b1d55990e043 d2f8 455a 9a5f 8b64446df5b98f81a913 bd5a 406d 9e24 50bd171b204c 11
西の魔女が死んだ

小学生の時はじめて読んだが、物語に隠されている人間関係の悩みが当時の自分にとても突き刺さった。

1年前

Icon user placeholder8007b5d5 322d 45a4 8d99 456f7fe38a66Icon user placeholder7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4dIcon user placeholderIcon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 234
博士の愛した数式

あまりにも有名な小説だから色々コメントするのは気がひけるところもあるけれど… 数学という美しい世界が人と人を繋いでいることに感動した。思いを伝えるのに言葉はいらない、というか博士にとっては数式が言葉だったのだろう。温かい気持ちになれる、深い慈愛に満ちた小説だと思う

1年前

Icon user placeholderA5b04a21 ff5a 40fe 85e7 ee3128b45cb016f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c38b219c3f 69c4 4306 b0eb 35674eb1a193F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113B8d2ac5b f6d7 409b 8856 c378db65df2dA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32 175
悪童日記

子供の目線から見た戦争。 道徳的には許されなくても生き延びるためにはやるしかない! 生まれた時から一緒に過ごしてきた二人だからこそ、力強く乗り越えられるのだろう。 全三部作を一気に読み終えた。

1年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1135cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholder7f8f7b43 c33e 4937 a56a da2d24382f19Icon user placeholder 71
きらきらひかる

男女の関係を超えた、人類愛というか魂同士の共感みたいなものを感じた。 既存の形に囚われない生き方でもいいじゃない?と思う。人生を謳歌する清々しさを感じた。

1年前

10564b91 97c1 4100 8782 a3cc949b205aPicture54a51465 14d6 42c0 a5f8 f0d9cde19a7eAeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8787f298d bedb 4a76 9827 1df78457715f10439ba4 db1b 474e 9052 db9c243b9ebe288207b6 e0b2 46ea a99f a579758832de 91
猫を抱いて象と泳ぐ

悲しいエンディングと言う人もいるかもしれないが、私はこれはこれで素敵な人生だと思わずにはいられない。小説の根底にある「大きくなることへの恐怖」は、大人に憧れる一方だったかつての私には理解できなかったが、大人と子供の狭間にいる現在では共感できるところがある。

1年前

006685c0 eb8c 4212 9845 1960af17d2b1733c0a70 4679 4d4a 8459 60bc02f60bbeE679023c 7217 427c 9891 dfc620830ec491578284 af2c 4bd7 b5c3 7c586700950961c9d7e2 a637 400c ae47 375b213aec3a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b 48
舟を編む

言葉を用いることの重大さを突きつけられた。 日々の中で言葉が生き、人々に使われることで新たな光を放つようになる、なんとも言えない言葉の神秘を感じた。

1年前

9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c0cccb13c 6d45 45e5 b91b ed6147888c18Icon user placeholderIcon user placeholder86ce70c0 5d27 4207 b4e0 d86c57e008b8Icon user placeholder5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 240