Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
5fbb85ad f602 412a 9ad8 5c3396140fad

IN-KYO BOOKS 広報部

逗子より店主のかわりにぶつぶつ

逗子より店主のかわりにぶつぶつ

15

コメントした本

フランスで出会った猫たち

フランス好きにも猫好きにも楽しめる おすすめの一冊 フォトグラファー レイチェル マッケナの写真集

1年前

東京R不動産

住み方に遠慮なんかいらないもっと自由でいいんだよね。 とそんな気づきをもらえるそんな一冊でした

1年前

僕の隣で勝手に幸せになってください

どんな人なんだろうと興味があって刊行イベントにも参加しました。ユニークを身に付けたい方に本もTwitterもおすすめ

1年前

53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2Icon user placeholderIcon user placeholderA118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c763db95d b30e 41f5 9cde bd7ae98a0b38E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e01475e4964f7 2747 42fa b8c8 4bd948e9437b 31
杜康潤のトコトコ三国志紀行

究極の聖地巡礼。 己も一度は英雄たちの軌跡を追うべきだった…。 孔明先生の伝説をたどるべく、中国奥地や孔明北伐ルートを征く…。まさに我が征くは三國志、作者の孔明先生愛は尊敬のみ。 これからも、三國志馬鹿(褒め言葉です)をつらぬいてほしいです。

1年前

百姓貴族 (4)

『鋼の錬金術師 』原作者の過酷なお百姓生活。お百姓さまは本当にすごいです! お百姓生活をへて、名作が生まれたかと思うと感無量です! テンポもよく、読みやすいので未読の方はぜひ

1年前

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a5595ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd581aa174 8276 4f0a a2ae 001b98052e85E37a027b 2bdb 42cb b137 7cc3c6d4c6ef
道重さゆみという生き方

超えてゆけ。過去も。私も。

1年前

日曜日よりの使者の詩―甲本ヒロト全詞集

大人になってもやっぱりヒロトが必要

1年前

試着室で思い出したら本気の恋だと思う

ルミネの名コピーなだけに小説はハードルが…と思いながらパラパラと読み始めた。プロローグからエピローグまで物語の伝え方が絶妙に編集されていて二度読みしたいくらい

1年前

E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400B0386208 3426 4d5d 8575 45a6bedc1b8b991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8Icon user placeholder53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8aIcon user placeholder1f00d153 09b9 4aef ae95 b3ca6aaf28b5 113
ひとくちの甘能

あんみつ屋とは女にとっての居酒屋である。なんてステキな言葉なんでしょうか 甘味が愛おしくなるそんなエッセイ 装丁は佐藤可士和さん

1年前

計画と無計画のあいだ---「自由が丘のほがらかな出版社」の話

計画と無計画のあいだの絶妙なバランスがミシマ社の魅力なんですね

1年前

45807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1512b8481 0b1e 4d50 a125 8a724e9cb669Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd407cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5A6397955 7f8b 4ec0 92d4 a0a4eb51dfcc5df63fa8 2246 482b 9da4 69582046dd54E4a12636 8e00 4f1e 8113 af75866ad5e3 13
酒井若菜と8人の男たち

文才の一面がある人だからタレント本の枠ではなくて春の話題本。あとがきにある0人目の男には驚いた。みんな彼女を好きになる一冊

1年前

0e34008d b593 4059 8ac2 f413ea08158fIcon user placeholder4819cdbb 3b6a 4837 9319 282b601a632dE32733d2 6079 405d 8f8d 543c24bc293b
北イタリアまったりマンガ家夫婦日記~アンドレアといっしょ! ~

イタリアはボローニャでマンガ家生活をおくる作者のまったりコミックエッセイ。 日本とイタリアのマンガに対する違いや、イタリアで開催されるマンガイベントなど、はじめて知ることも多いです。 穏やかに、さわやかな気分で読めます。

1年前

フジテレビはなぜ凋落したのか

楽しくなければの呪縛を ふり払えフジテレビ

1年前

なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?

ヤンキー的なとんねるずと言えばタイマンテレフォン

1年前

物語のある広告コピー

人生がラブストーリーでありますように

1年前

71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9528174e86 c8e7 4733 a2dc a2e2ed635dec4fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde9Adb1f5c4 93a1 4836 8c18 d32689802e040323be6f ebcd 4a91 9b7f 9c19f768787726cc94af 3772 42a3 b3ef 6fef23ac6cef