E9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d837

ぷかぷか

本を探すのが大好きです 読むのがなかなか…

本を探すのが大好きです 読むのがなかなか追いつきません

50

コメントした本

パッとしない子

言葉は時には温かい毛布のように包み込み、時には鋭いナイフで刺したように人を傷つける。 自分の言葉に責任を持たないとと思った。

11日前

6cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d9745Db368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea47096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848a9e5d4a7d 718b 4d22 b875 bf1c8279b936060f6dae 4451 49b9 8b25 1eb7ede0197bAc8450bb 96b6 475d 9a26 f8a500cd5ed6 13
不登校の「メカニズム」教えます 不登校というチャンスの活かし方

不登校って特別に思われるけど、誰でもなりえる紙一重の問題なんだけどな。色んな人に読んでもらいたい一冊だった。

約1年前

36e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981bFf847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a
ままならないから私とあなた

単純に楽しい、楽しいだけ、それ以外の何の意味もないみたいなことが、意味あるすべてのものを一気に飛び越えていく瞬間ってあるんだよ。 すべてを合理的にこなしていく薫と、人間として色々ある部分を大切にする雪子。便利になって色んな事は楽にはなったけど、楽しいと感じるのとは違うんだなと思った。私はめんどくさくても便利よりも感じる心を大切にしたい。

約2年前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b89d7182e f94a 4ce0 ad98 71b8d2b567d4Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311E91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdfD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90Icon user placeholder 31
Aではない君と

物事のよし悪しとは別に、子供がどうしてそんなことをしたのかを考えるのが親だ。 胸が熱くなった。自分はどうだろうか。

約2年前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cDff94a99 b9ca 4556 9326 3460233ee3ca96f8b193 cf0b 4f1c 8707 19a24eee0e7c62c5cbe6 cca6 4f18 9eb3 b509bb526c299e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453
謝るなら、いつでもおいで

加害者や加害者の家族はやり直しができる。でも被害者の家族はやり直しができない。なぜなら被害者がもうこの世にはいないから。 被害者の兄の言葉は光でもあり消えることのない闇を表しているように感じた。

約2年前

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837636e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d2d7c44a2 9689 4d28 ada7 3b4de57c1ae4093eea17 5e31 4055 8afd 77cfafd1a30d470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f874d4fa5 381f 468b bbba b668c3c1826d 8
ひらいて

初めて読んだ綿矢りさ。 勢いがある。引き込まれて一気に読んでしまった。何だろうこの感じ。躍動感、衝動感。普段は見たくない黒い部分を文字で見せつけられた。まだドキドキしてる。

約2年前

522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211A837d294 39a7 490f 84c6 f331de32340d47253c9b c166 4226 8290 1315840daccd0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00E35c0f13 2aeb 49c7 b68e 531ef922d62e742a2c1e ece1 498b b574 e13fd2851ad7705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5 24
永い言い訳

もう自分を責めなくていい。 自分を大事に思ってくれる人のことを簡単に手放しちゃいけない。 あまのじゃくで不器用な私の心にずしんと響いた。ちゃんと生きよう!

約2年前

755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd81004Icon user placeholder1d236186 fded 4568 9bbf 2ff8088f3f3d0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee30ba6ec0 6b55 4510 9523 e176a72c71a89d9656f0 35db 4841 a5c3 4ae5e0c2f7f2 58
娘が不登校になりました。「うちの子は関係ない」と思ってた

涙が止まらなかった。親も子どもも頑張ってる。見守るって難しいけど、そうありたいと強く思った

7か月前

コンビニ人間

人と違う。少数派。普通ってなんだろうと考えさせられる話だった

1年前

4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b8009Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143a89d7182e f94a 4ce0 ad98 71b8d2b567d4Icon user placeholder52cf3300 0137 4bc1 9eaf b81a72337a31 364
無意識はいつも正しい

悩みや心配事、不安という目には見えない「心」の部分を解決しようと思えば、心だけでなく、「体」からアプローチするのも大切 自分は見えてる部分だけじゃなかった。呼吸したりと無意識の部分に生かされていること、大切にされていることをしった。 見えてる部分と見えてない部分で私。見えてる部分で悩みすぎず、見えてない部分におまかせもありなんだなと思った。

約2年前

7fc1ca47 5865 4dca 80ca d1a147049c34Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7cD4b88cf8 5d50 4fc1 ade0 d9e34f94b0ab3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e15af27ad4 6dc9 4402 b6dd cc3ebdd410aa
すべての神様の十月

面白かった。読んだ後ほんわかした気持ちになった。 私の周りの人も実は神様だったりして。

約2年前

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad436e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b3add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb
勝手にふるえてろ

妄想と現実の恋のお話。 思い出をきれいなままにしておきたいということは、実際はもうそれがきれいな思い出ではなくなったことを頭のどこかで知っているからだ。 ここが妄想と現実の境目なのかもしれない。

約2年前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a5202e88ff33 2d12 4360 a417 0dd541bfd8c91f424dfa 7819 483b b8c5 1fae84f0963589f45d32 1440 4cfc 8ae6 6dcaf1a28a35B2e00845 3806 42f6 8308 e04e705a890b1015f227 696e 4c84 84b4 7c2812a5f481E91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdf 61
雨の降る日は学校に行かない

わたしたちは、たまたま同じ年に、たまたま近くで生まれただけに過ぎない。 思春期の生きづらさを見事に表現している。作者が男性なのにはビックリしたけど。

約2年前

Icon user placeholder412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4E1615d76 4c38 40a2 8ca4 c2471e011a0c7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8efAe9aaec8 d437 4895 aa25 d4f81f7d5b4c246a41a8 167e 4122 836b 828d20ae7c37