85c24291 c4b4 4b87 8d57 b9672f2a95f0

saki

よろしくお願いします

よろしくお願いします

13

コメントした本

手紙

家族って、縁を切っても切れない関係なんだなという事をすごく実感した作品だった。 平野さんが言っていた事が正解ではないかもしれないけれど、主人公が正しいとも限らない。その逆の然りで。自分が考え抜いて決めた事、他人に助言してもらった事を正しいと思わないと、頑張っていけないのが人間なのかもしれない。小説のラストに涙が出たのはなんでだったのだろう。

8か月前

Ed2c5066 c7c1 4cdf b83d d5067ee9a8d2Icon user placeholderIcon user placeholderBf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa1Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 115
女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

女の子として、胸を張って生きていっていいんだと思えました。大きなオカンの言葉って感じでした(笑)この本を読まなかったら気付けなかった事、これからやらなくちゃいけない事わからなかったし、出会えて良かった1冊です。

8か月前

Icon user placeholderF8533717 c9b1 4b1f 9fa1 9a8bee0eb711C0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98c2009eafe d0e6 40ee a133 77c1df87612b6d5c740c 36fa 400d 959a e524fd910a7292aaad78 aa74 43d6 b4da de62551d9bc980bbd417 a182 4d51 96e6 7e486d054774 35
砂に泳ぐ彼女

日常を飛び出すのは怖いし、その先に何が待っているか分からないけれど、飛び出してみないとわからない。飛び出してみて、途中で挫けそうになっても、それでも頑張っている主人公の姿に惹かれた。飛び出した先で、主人公は色んな人に出会うのだけど、人の輪はどんどん広がって言って、人の縁は大事だなと思った。読み終えた後に、私も頑張ろうって思える作品。

9か月前

Icon user placeholder5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f412a7011ad 1023 4a28 9610 18ac8022a01dE5e42d75 5169 469b a1f9 13511ff1dfd60402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00
ワンルーム・シーサイド・ステップ

好きな女性ラッパーの方が描いた本。彼女の音楽が凄く好きで、だからやっぱり彼女の書く文章も凄く気に入ってしまった。「音楽は血液みたいだな。取り込んで、巡って、その人を生かす。私の中に良仁さんと同じ血液が流れていると思うと、メロディもギターの音色も全てが愛おしく思えた。」私の中でなんとなく感じている感情が文章化されている事が多くて、読み終えた後に素敵な気持ちになった。

11か月前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bC45851f5 3fe4 4aef a4b3 c83e2d0c645c4150dd7d 3475 440f b829 6a113ab93691C9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb2117Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794Aa443658 b7af 4808 8edf 90d80ae9045f00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920 12
生きるぼくら

読み終えた後にこんなにも暖かい気持ちになった本は久しぶりだった。読み始めは、人生がすごく頼りなく弱々しく感じたが、米作りを通して段々逞しくなっていく人生をみて、もしかしたらどんな人でもこういう力が、強く逞しく生きる力が秘められているのではないかと思った。米作りもすごく勉強になった。

12か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderB810b0e6 da2c 4c1c bd9c e9d9b7bdeb07873c0dd7 2068 4e5f 9a51 84b36a8a3327A4d658a9 0b4c 4ffc bb9f cecf9661a38416e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6e405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73 89
夫のちんぽが入らない

本屋で見かけてからずっと気になっていて、勇気を出して買ってみた本。最後はやっぱり入るんだろうな〜とか思っていたけど、まったく想像していたラストと違った。性行為が上手くいっていなくても、長く居れるって簡単な事ではないのではないかと思った。1冊の本にぎゅっと詰まっているが、著者の方にとってはとても1冊では語りきれないと思うし、読んだだけでは著者の方の苦しみや痛みは到底分からないと思うが、それは著者の方だけではなく、生きている全ての人に色んな物語があるのだろうなと思った。結婚が、出産が、仕事が全てではないのだな〜。私も人が悩みに悩んで出した結果を軽々しく否定しないような人になりたい。

約1年前

66eb491d 010c 4c24 85c4 ef8eb2d41b3e6a732c0a a460 4f5d 9189 99c2559dd834Icon user placeholderIcon user placeholder605e81f7 78b3 4c99 a4a0 09b6d2ea817aC4e83bbe 7969 467b b17d 871ecfe6aaf8F89ea323 c218 4bef a33c a5cd1edcb341 140
おじいちゃん、死んじゃったって。

大切な人の死を通して、わかる事って沢山ある。 そんな事を改めて考えさせられました。 現代でこういう家族の姿って多い中で、吉子のちょっとだけぶっ飛んだ性格が好きでした。 この本みたいに、顔には悲しみが出てない人達ってきっと多いんだろうし、人を失った悲しみを実感するときは人それぞれなんだろうなぁと思いました。

8か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69653faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858
片想い

初めての東野さんの小説でした。あまりミステリーを読まないので、最初は軽い気持ちで読んでいましたが、だんだんと惹き込まれるあたり、さすがだなと思いました。物語を楽しむだけでなく、性についても考えさせられました。真実がだんだんと結びついていって、最後にひとつの線になる所がミステリーの面白さであり、その面白さにハマりそうです。

8か月前

052029ef dda7 4173 81d0 754c485703c24c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977aE37f110e 0979 4d7e 8d00 0dc7e43f95c7642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d56ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef45 23
きみはポラリス

すーっと染み込んでくる文章。「セックスするか否かは、結局は性別で決まるのか。だとしたら、一緒にいて楽しいと思う気持ちや過ごした時間にはなんの意味があるのだろうか。」この文章がすごくしっくりきて、確かになぁと思った。短編それぞれの終わり方も、人間の生活と同じようにこれからも続いていくような終わり方で、なんだか新鮮だった。

10か月前

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2Icon user placeholder4aa9b480 8c0a 4c2e 8b16 c200e0f8f3dcB9182c16 bd43 4b77 a0de 255c70e4fa0fB36d6d06 dc3b 4e44 8ca4 73b8eb6c2c4b6fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d73e339fc8 14c1 4e27 9a5d 5046ee43dea3 189
星の子

綺麗なイラストが気になって購入した。読み終えた直後の感想は、?だった。どこにでもいるような家族の話だと思った。例えば、自分の子どもが命に関わるような病気になってしまったら。心から好きな人が(友人でも恋人でも)、怪しい宗教を勧めきてたら。それでも、勧めてきた本人達は本気で信じている訳で、子どもを救えるなら、好きな人の信じることなら、ってどこにでもありそうな話だなと。なんだか切ない。宗教って難しいテーマだけど、自分は無宗教だったとして、宗教を信仰するかは自由だが、その宗教の考え方を否定するのはナンセンスだと思った。色んな人の読了を見ていると、色んな考え方があるので、面白い。読んでみて良かった。

11か月前

Icon user placeholderC3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc13E23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9eIcon user placeholderDae3efb3 9757 405d af65 5c0ce498b404D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cIcon user placeholder 137
いつか別れる。でもそれは今日ではない

心にぐさりときたり、あぁそうだよなぁと納得したり、すごく素敵な本だった。何度も読み返して、自分の中に取り込みたい。

12か月前

24d7722a d09b 4caa 987c d8850f1ffd00F7e82458 8634 486e 822f f94e82c4e1a2Icon user placeholder5e5e0fc7 226c 4396 bbb1 15ddb839fa14F63147cb 9f63 4964 bfe3 ad289fe470b1Eecbe2f9 6b2a 4d8c 9471 e259483d7abaC30601fa 0c0c 486f 8afd 420d69cf740f 140
すべて真夜中の恋人たち

表紙に惹かれて読み始めた本です。1度読んだことがあったのですが、急に読みたくなり購入しました。大人になったら、その分感情も複雑さを増すのだなぁと思いました。読み終わった後に、なんだか素敵な気持ちになるようなそんな本でした。

約1年前

5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41Ooebgixj normal384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46afF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Bac6a214 dc6a 4970 8724 4ae03d9fd38eIcon user placeholderD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7 49