B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

小説が好き。

230

コメントした本

BURN 下 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

シリーズ完結。最後は少しほっこりした。全体としての時系列が気になるけど。

16日前

伯爵夫人

古い映画を観ているよう。

29日前

この世にたやすい仕事はない

他のお仕事小説とは、ひと味もふた味も違う。主人公がキラキラしているわけではない。ユルい空気も魅力的。

約2か月前

2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48Icon user placeholder0e0f9845 5a2c 440b 8993 f46ea99ab73b3d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb8589bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13ed060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d08 22
コンビニ人間

とっても面白くて、一気に読んだ。うまく言えないけど、主人公の感覚に近いものが自分の中にもあると思った。

約2か月前

C00d56c6 fc98 4bf5 b98a 83af36f5ee085cb785f6 75ed 4034 9872 f56c62ef2868C258d719 e0b7 459f ba49 d4a4b601290dB4962b8e 71f4 4017 8bd5 2d2b7d971b2a17f511b9 fa01 46a2 b3cd f360639699d8F1cf40d1 d047 4474 9bb2 4f48dddd38d6417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6 199
ルージュ: 硝子の太陽

最初から引き込まれる。話の流れやテンポがさすがだと思う。中身としてはあっさりした感じではあるけれど。

3か月前

73531ab8 c98f 4b28 8a09 175746431891147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e037272b4 36ec 4d4e 8986 1219f151b4509fe9815c 39e6 4e68 86eb c14a429e7a89721ff227 6404 486e a136 194741a375b4Cecadc68 143e 4e7f b549 ff713a3600a66cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c 11
好日日記―季節のように生きる

「日日是好日」の続編。こちらも淡々とお稽古の様子や季節の移り変わりが描かれているのですが、それだけではなく所処に気づきがある。お茶を通しての、気持ちの有りようなど。 この本にはスピリチュアル要素は全く無いのに少し前に読んだ吉本ばななさんの「違うことをしないこと」と近いものを感じた。

4か月前

つかのまのこと

綺麗な作品。 少し物足りないけど。

4か月前

C9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acFb6d0db5 86e7 4310 9443 85e613d3a816F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0
女が死んでいる

短編集。普段、貫井さんの重いイヤミスをが好きな人は物足りないかも知れないが、ちゃんとどんでん返しはあるので楽しめた。軽く読みたい時には良い。

5か月前

63dbfea3 4a7e 426c 87ee eba369b9958cA375d57b f91b 452c b38c 156d2247dafeIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderCea4bcc5 b478 4d58 aeb0 8499d54e5b8729c5506e 1902 4910 a0bc 7590a36ae996 11
一生に一度のこの恋にタネも仕掛けもございません。

お仕事小説として、主人公の師匠や周りの人々の言葉がささる。

5か月前

B376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24C8d9b2a6 91cf 450d b9af fb4fd3ca8fb805b76f0f 8b0c 4d32 9574 36be340def81C6af0ead 83a6 49f2 ab89 a9c3ddd25cf00da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d1
杏の気分ほろほろ

お仕事エッセイ。「花咲舞」や「ごちそうさん」「デート」などのドラマの話が面白い。清々しい気持ちで読めるのが良い。

23日前

パスタマシーンの幽霊

短編恋愛小説なのだが、出てくる食べ物も美味しそう。

約1か月前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d807f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29e730d5de5 c060 45ce afa3 a52f6a3521bb05a91638 748b 4594 b06b 43968fc1d6f9671bbc01 05a6 470a ba4c 802b76ac5beb
きれいなシワの作り方 淑女の思春期病

通勤中に思わず笑ってしまいそうになった。あとがきも面白い。

約2か月前

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e516c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c91d4d32da a507 47ba 8652 42cc57e24c8a15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c08fc9c77 cadb 45b0 ad62 b2ef52f8432049e9a636 1035 4162 932c 220675b39feaIcon user placeholder 12
イノセント

良くも悪くも島本ワールド全開。

3か月前

ミネルヴァの報復

はじめはワチャワチャと話が進んでいくような印象だったが、やはりどんでん返しからの伏線の回収がすごい。

4か月前

90460142 dee7 4b30 a9d1 55c9e2bf25fa6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f5837666b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a153aca13 b907 4b24 85fe f172426c041f3685983e 5f00 40ff bd7b fbf4fbb27dcc
寝ても覚めても: 増補新版

好きな人の顔ってなんなんだろう。顔が好きなのか。中身も含めて惹かれていくのか。

5か月前

Icon user placeholderF4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c9ad0fddd fe30 4f7e 87ab d4d92d90b3a09b149ba8 5f14 465f 82f6 f70d586b85bd
夫のちんぽが入らない

入る入らないも大事かもしれないが、辛すぎる。うまく行かない仕事、毒親、周りの優しさのつもりの大きなお世話問題など、形は違えど、誰しもが感じる生きづらさについて。

5か月前

7d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b00F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0F9d0bb2a a231 4110 be0b 0b0457d25af17c5bf757 2454 4590 9bb7 db9b6e600b236d982d29 81f1 4766 a35b 260c0fe7bfe0378659bb 6148 4725 8590 30c7a7f1351aBca290d3 5b28 434d bd94 cacf88793ac7 106
サークル 猟奇犯罪捜査官・厚田巌夫

スピンオフ。時系列ではパンドラの後の話。今回も一気読み。

6か月前

Df016139 7043 4074 9caf d5b04be60007Dc517a4f 766c 4286 89a1 c72ec6b9f863Icon user placeholderC1ad7437 78b2 4c44 b32b e5be5386de79840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a715