Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2

かやこ

3時間くらいでいいから猫になりたい雨女 …

3時間くらいでいいから猫になりたい雨女 邦楽・ライブ・漫画・読書が好きです

58

コメントした本

(008)罪

「第三の鳩の物語」 鳩の三人称が彼女なのはなんか意味があるのかなーと思ったけど大地の神って圧倒的に女神が多いもんな、と納得 「小さな出来事」 道徳の教科書に載ってそう 「神父セルギイ」 1840年代の貞操観念は極端だけど180年足らずでは人間の考えることって大きく変わらないんだな。

5か月前

世界の8大文学賞 受賞作から読み解く現代小説の今

仕事で選書する上で参考になるかな~と思って読みました。8割方趣味だけど。 藤野可織が面白そうなのでちょっと読んでみようかなと思いました。あとウェルベック。

5か月前

946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059dbEc2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c96afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc3733978c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed33440575 23bc 4435 9aa8 827ed0224bf35d5b3b7f dd37 4d9c 9590 5fbf0905ecaa4f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae 8
I Love Youの訳し方

福永武彦が取り上げられてるのを書評で知って読みました。恋愛小説に限らず新旧織り混ぜて色んな小説やエッセイ、書簡などから引用されていて面白かったです。添えられたポエムは好みが分かれるかな~

6か月前

Ee5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac63e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25Icon user placeholderIcon user placeholder297b95cd 6ba5 4d94 8e04 303af446885a53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2 97
(007)闇

「進歩の前哨基地」 「暗号手」 「聖ジュリアン伝」 闇と冠するだけあってどれも鬱々とした気分になる作品。梅雨にマッチし過ぎた。特にコンラッドは重いし大岡昇平はまだ理解の余地があったけど、ジュリアンはよく確認しろよな!と思いました

6か月前

ジョゼと虎と魚たち

「不機嫌というのは、男と女が共に棲んでいる場合、ひとつっきりしかない椅子なのよ」 女性の描く恋愛小説苦手なんだけど、たまに抉るようにすっと入ってくる一言があって面白いです。 誰かを許してやることも娯楽の一種だよな~到底許せる気のしないクズばっかりだけど。

6か月前

9437c007 975d 417c abab 9115cb628414C8446d58 c4a1 4580 b3d3 91bd25e8e0e2Db067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade789e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e8a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597A5bf6e59 1442 45e5 b15e 8f780ca9a836565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f2 20
幽霊たち

映画について言及してる辺りが特に面白かった。さらっと読める短さだけどまた時間をおいてから再読したい

7か月前

4fce670e 6049 4aa0 8bcb 05ec248d276f40dd21d7 0618 4b4b 9f23 41dec83de311Af8dc809 5756 4903 94f5 c4e7debcec398c71de8e 6cf1 4c8b ad8a 0ca77013210738e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b1823Be3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097de69d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182b 33
異国のおじさんを伴う

未だに森絵都の「ショート・トリップ」が好きでよく読み返すのですが、この人は短編が上手いと思います。この10編の中では「夜の空隙を埋める」「桂川里香子、危機一髪」がすき。

11か月前

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a213a90241f 368a 479d b478 4026c384e02bB34171db eeeb 44e7 b50d 391074db8f00
罪と罰 1

自分の書きたいところを余すことなく詰め込んでるんだろうな~、というくらい長い。しかしヒロインと主人公がまだ会話すらしてない

12か月前

人間晩年図巻 1995-99年

図鑑というからにはもっと簡潔に人数を多くして欲しかった。ひとつの章の中で話題が散らかってるので、その時代を深く知らないと置いてけぼりにされる。 相撲・将棋関係の記述に偏り過ぎで個人的にはあまりピンとこなかった

約1年前

ティーパーティーの謎 (岩波少年文庫 (051))

仕事の一環で読んだ本。 2005年の改訂版で読みましたが、翻訳があまりよくない。大人が読んでもおや?となる箇所があるので子供には更に厳しい。せめて人物相関図が欲しい。 ストーリーそのものはとても面白いので勿体ない。

約1年前

蜜のあわれ・われはうたえどもやぶれかぶれ

後記「火の魚」の筋に覚えがあるけどディティールが異なる…と思ったら09年にNHKでドラマ化されたのを観ていた。原田義雄が小説家を演じていてすごく良かったです。 「蜜のあわれ」 老作家と金魚娘のやり取りが軽快。ふたりの関係を恋とするのは安直で何か違う気がする。 「われはうたえどもやぶれかぶれ」 老いについての描きかたが秀逸

5か月前

Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd701fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a2521cf1f fcc1 4c98 b312 7e77157cee39Fef936ab 37c5 4e3c a48c 94dc19912d9b9f260adb 831c 427b 8a51 721f9bdbf0177965fa74 799d 4aa0 bec0 5f7162f6167679342eca cdf7 4763 bb48 67386cbbd583 10
さらば雑司ヶ谷

勢いがあって読み易いけど決して人には勧められない。 たしかに実写化するなら園子温だけど観たくはない。 オマージュ元一覧がすごい。ここIWGPだなレザボアドックスだな、って思ったネタ元がすべて列挙されてる。 なんやかんや面白かったです。

5か月前

C38a4c74 915f 4b53 9098 4c0f1d844ebbB34171db eeeb 44e7 b50d 391074db8f0089e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
書楼弔堂 炎昼

弔堂に訪れる客が誰なのか推察するのが楽しい。松岡田山は分かりやすいですね。 後半、赤穂浪士の切腹についての言及が子どもの頃にぼんやりと思ったもやもやとした疑問を晴らしてくれた感じですっきりした。

6か月前

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad44e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7C450c646 9a6a 4fb4 91f8 934be24a34d50287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e474a0937ba f0b0 4faa 9f42 b5e9d7cafedd
さよなら小沢健二

面白そうだなと思いつつ読んだことが無いままに引退宣言をされてしまったのでとりあえず1冊読みました。andymori2ndまでしか聴いてなかったので3rdからも聴こうと思います

6か月前

死言状

山田風太郎のエッセイ集。報道や政治への憂い、喫煙マナーなど、たかだか25年では人の考えることってあまり変わらないんだなと思いました。あとがきの最後にある「人間は一生、同じ歌を歌うものらしい。」という一言に尽きる。

6か月前

〆切本

言い訳すらもなにか読ませる力のある文章を書けるのがすごい。 編集者の文章はなかなか読む機会がないので面白かったです。

10か月前

28b017e3 a31e 46a9 ad37 7a06ac0cfa7c454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb901683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde4938aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f986988eef93e a686 436e a004 0e3648fcbe221525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 31
ポテト・スープが大好きな猫

仕事で絵本を手にする機会が多いんだけど、村上春樹って絵本も翻訳するんだなーと思いました。猫ってほんとこんなかんじ。

12か月前

『罪と罰』を読まない

「罪と罰」を読んだことのない四人の読書会。 ソーニャの解釈とか好き放題にあれこれ言ってるのが面白い。自分も読んだことない側の人間なのでこれをきっかけに読もうと思いました。 会話のテンポがオタクのオフ会っぽいなー、と思ったんだけど基本敬語で時たま荒ぶるからそう感じたのかもしれない

約1年前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1135793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb3217b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea42dac5629 77a8 49f8 af96 b6cea7a039a529c0e168 065d 4336 9132 f09c0985248375e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec0311afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032 21
人間晩年図巻 1990-94年

山田風太郎の「人間臨終図鑑」は没年齢順でしたが、こちらは没年代順。 著者の趣向による人選なのでやや偏りを感じるけど、読物として面白い。

約1年前

岸辺のヤービ

梨木香歩、ここ10年ほどは一般向けの作品が多かったので、児童書は新鮮でした。 挿絵も可愛らしく、ムーミン好きな子なら楽しく読めそう。西の魔女や裏庭よりも対象年令は低めかもしれない

約1年前

D8bb51b0 9f99 4c9e b227 80510b75da05E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909Cb228f24 c1e9 4160 88a4 0b90b9c7909bD1e99a73 d79e 4611 be3a 4823291271cb