7d9d00ec caf5 4cf6 aaf2 62048a4b367a

hanacrz

男性

男性

9

コメントした本

死神の浮力

愛娘を毒殺された夫妻が、無罪となった犯人に復讐を企てる。しかし犯人はこれまで何人も殺してきて捕まっていない知能犯…。後半まではイライラしてしまうが終盤のこのシーンでププッと笑ってしまい、読後も千葉のこのセリフを思い出しニヤけてしまいます。^ - ^ (ここから引用) 「ああそれだ。俺ではなく、浮力が働いただけだ。働き者だな」 (引用終わり)

1年前

6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bB2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da5ad3a8ba 7e9f 4b51 a0c5 43e4a163d35c5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a211525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Be95840f 5606 4072 a020 b33d213213c9 22
あなたが愛した記憶

中盤辺りからラストまでは一気読み。拉致監禁の上、強姦、絞殺を繰り返す残虐な犯人。「あなたが愛した記憶」読み終わった後、複雑な気持ちになりました。主人公の探偵と女子高生、探偵に思いを寄せる親友の妹。切なく哀しい。

約2年前

26387a92 624d 4533 a662 e3e68e7e9823771389a0 f77a 453f 9e27 51b32b3feebc75de29a1 81a0 43b9 922f 967f390c74d6562c0fbf 3227 4871 b765 f0ad979fa1a29e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453583aa2f4 bbfc 4e9d b370 6b34ee362f79E4a32fd1 0789 4ae4 b77c 1a3a602f4cd2 9
時生

久しぶりに東野圭吾さんの作品。安定の読みやすさ。若い頃のガキっぽい拓実にトキオと一緒にイライラさせられ、スイスイ読み進み、ほぼ一気読み。年齢的には親の方に近いので、後半の須美子さんのシーンやラストはぐずぐずに泣きました。

約2年前

A9a02027 a076 40a9 8169 a19ebef08e88De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b06ad43702 cb02 47b4 89fd 60c9f90cef45660e5ad5 0062 4ed7 8533 71d6eebd2f8d973663aa 9492 4682 9d32 38f821aba2f0C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba2499170f1e344 df8f 42fa 97f5 9bb374f29d17 28
キネマの神様

良かったの一言。映画ファンと言えるほどではないが、昭和40年代生まれ、映画は好きで、本作品の中で出てくる映画もタイトルを見るごとに、その映画を見た当時の思い出が甦りました。ああこの映画はあそこの映画館で見たなぁとか、これはビデオ借りてみたなとか。そしてどんどん読み進み、後半は涙を流しながら、ラストシーンまで一気読み。やっぱり映画っていいなぁ。と再認識。昔、行った地元の映画館、今どうなってるかな~。

約2年前

2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec5538C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46Icon user placeholderIcon user placeholderB92c9020 9042 44b3 a274 d25c90f4a144 82
烏に単は似合わない

中盤からだんだん面白くなり若宮の登場から一気。悪意のないふり、自分は知らない、と自分自身すら受け入れられない弱い心で最初から心が壊れていたのか。または全てわかってやっていたのか

約2年前

Icon user placeholder887c2a86 6f03 443f ac33 f4eb8156b95dIcon user placeholderAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee1F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacC86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46cB424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c584 43
旅猫リポート

事情ができ飼い猫ナナを手放さなければならなくなった悟。引き取ってもいいという友人達とナナとの見合いの旅の中で語られる友人達との過去のエピソード。それぞれの話に泣き、悟の境遇とナナを手放さなくてはならなくなった事情が薄々分かってくる。読み進める中、だんだん涙腺がヤバくなって、レポート4で事情が語られた所で最初の涙が...。その後はテッシュの山が積み上がっていきました。ナナがいいヤツすぎて、涙腺崩壊してしまいました。

1年前

1c362a96 99cd 434d 894a e63c4d45776e7ea3b3ae 4375 4410 b0c0 0d5175f0e193Eeb87767 76fa 45c2 86b2 fc82842253a2Ea343304 7b84 4168 bfe8 6d421fa8953d13579f0e 45c7 4964 9a73 9b2a7980d540D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd293b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9 24
任侠書房

面白かった。軽く一気読み。組長の思いつきからヤクザが倒産寸前の出版社を経営。という設定が面白そうと思って読みました。代貸の日村が次々におこるトラブルに振り回されながらもヤクザならではの方法で解決。

約2年前

Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec44359ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b665df63fa8 2246 482b 9da4 69582046dd54Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c3a90241f 368a 479d b478 4026c384e02bEda3fd66 ae9b 4852 a5ce f2a705f2a6d6A2bb65ce 302d 4b26 a15d 87d88b924a8a 11
半落ち

梶容疑者の空白の2日をめぐり、取調官、検察、記者、弁護士、裁判官、刑務官の6人の話として進んでいく。それぞれが面白く、空白の2日の謎がなかなか解明されないままラストまで読み進み、最後は涙でした。哀しくも優しい。いい作品です。

約2年前

F8c89e33 1f93 4258 9194 ec90652b20597ea3b3ae 4375 4410 b0c0 0d5175f0e19329c46fe4 9932 4497 abe1 5dd3df9faa23535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886f2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 26
烏は主を選ばない

阿部智里さんのヤタガラスシリーズ第2段。1作目読了後、続けて読みました。北の郷長のぼんくら(のふりをしている)次男坊、雪哉視点で進む若宮側のストーリー。前作読了後なので、世界観と宮廷の相関図がわかっているので読み易かった。

約2年前

Icon user placeholderC183958e 6d67 4025 a791 a3b8b64881359807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4Fbb57eaf 3d31 469c 87bc 6c590d6621ebIcon user placeholder9ea06c52 e786 4e33 b6f7 da08f1817850Ec5f0478 7b42 4e8f ad1c 280eb2e1cce0 18