0cf05f21 3b45 433c bb6a 07af525865b1

べっち

社会人2年目 IT系 東京

社会人2年目 IT系 東京

3

コメントした本

センスは知識からはじまる

センスは知識の集積。 自分自身、音楽のセンスも絵のセンスもないと思ってましたが単純に努力してないだけ。インプットしてアウトプットするほどセンスは磨かれる。 以前、ロジカルな人ほどクリエイティブになれるというフレーズをどこかで聞きましたが、センスも結局は論理的思考から生まれるんだなと改めて論理的思考の重要性を認識しました。

3年前

2fd04342 2a36 4a8e b9e3 69371ebdedf78602ad17 8098 4188 8e62 a20b240111daDaa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba6592217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c1aedee78 7991 4923 95bf ecf992e5f8f83bdd9fe2 4cf5 4c23 97bd 8dc3a486278dEa58a10e d173 4107 800c a316ef4dc064 170
10%起業 1割の時間で成功をつかむ方法

いつ自分の会社なくなるかわからない時代となり、リスクオフとして、よりよい生活を送るためとして”働きながら起業する”ことを著者は勧めている。起業には5つのタイプがあり、自分が持つ、時間・資金・知的財産を考慮して選択する。得意なこと、好きなことが重なる仕事がベストであるが、一番大切なのは自分の気持ちに素直になること。現状を悲観せず可能性にかけること。勇気をもらえる作品だと思います。

3年前

島はぼくらと

表紙を見て、自分の好きな青春系の本だ!と買ってはみたものの、辻村さんがふつーの青春小説を書くわけもなく、いい意味で裏切られました。 この本を読む前に、移住や地方創生について興味を持つ機会があったので運命的な出会いでした。 島でのリアルな生活、良くも悪くも描かれていますが、人とのつながり・絆が地方創生につながる1番のポイントなのかなと素人ながらに思いました。決して、青春!って感じの小説ではありませんが いろいろ考えさせられ、最後にはほっこりする、そんな本です。

3年前

8ab211a1 14f9 490e b954 34710a4b15ba66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c121a33fe 3aeb 4bfe 83bd 7481eb1fe2c988d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254fIcon user placeholderC271efba 2a46 4881 b41e 85d328c800da9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc65 47