Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
0cf05f21 3b45 433c bb6a 07af525865b1

べっち

社会人2年目 IT系 東京

社会人2年目 IT系 東京

3

コメントした本

センスは知識からはじまる

センスは知識の集積。 自分自身、音楽のセンスも絵のセンスもないと思ってましたが単純に努力してないだけ。インプットしてアウトプットするほどセンスは磨かれる。 以前、ロジカルな人ほどクリエイティブになれるというフレーズをどこかで聞きましたが、センスも結局は論理的思考から生まれるんだなと改めて論理的思考の重要性を認識しました。

1年前

Db636835 d679 40eb 8400 97b48a8574ecIcon user placeholder1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dF725231d bd60 4a0d acb4 892ad79853eaIcon user placeholderE9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400Icon user placeholder 103
10%起業 1割の時間で成功をつかむ方法

いつ自分の会社なくなるかわからない時代となり、リスクオフとして、よりよい生活を送るためとして”働きながら起業する”ことを著者は勧めている。起業には5つのタイプがあり、自分が持つ、時間・資金・知的財産を考慮して選択する。得意なこと、好きなことが重なる仕事がベストであるが、一番大切なのは自分の気持ちに素直になること。現状を悲観せず可能性にかけること。勇気をもらえる作品だと思います。

1年前

島はぼくらと

表紙を見て、自分の好きな青春系の本だ!と買ってはみたものの、辻村さんがふつーの青春小説を書くわけもなく、いい意味で裏切られました。 この本を読む前に、移住や地方創生について興味を持つ機会があったので運命的な出会いでした。 島でのリアルな生活、良くも悪くも描かれていますが、人とのつながり・絆が地方創生につながる1番のポイントなのかなと素人ながらに思いました。決して、青春!って感じの小説ではありませんが いろいろ考えさせられ、最後にはほっこりする、そんな本です。

1年前

E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed41167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8A889990f 3313 414b a1b1 617c76c38922136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730fe8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa0ada707e 6fcc 44b1 b9ea f3355d25921dC0e90025 dda0 455b a621 8b871c1c1916 17