F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186

しろいはなび

【2017.05.01~から記録開始】

【2017.05.01~から記録開始】

52

コメントした本

ライト・ノベル

NHKへようこそ、から7年ぶりの新作。 舞城王太郎とか、佐藤友哉とか、そういうファウスト系が好きで、滝本竜彦とかももちろん読んでいた。小説版のNHKへようこそ、とか、ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂとかは、当時としてはベストに入る部類の小説だった。というか、思春期のころに小説を読み出すときに、入り口として彼から入った。 あれから、何年も経った、新作、ということで、読んだ。個人的には、すごく面白かったけれど、そういう「ゼロ年代」とか、「ファウスト系」とか「新青春エンタ」とか、そういうのが好きでも何でもなかったら、まったく面白くもなんともないと思う。 ストーリーは、家族関係に悩み不登校気味の高校生が部活を立ち上げて文化祭に向けて頑張るのだけれど、ロッカーが異世界に繋がっていて、という青春異世界モノだったのだけれど、ストーリーらしいストーリーが展開されず、「闇の世界」と言った精神世界が展開される。 ただ、この七年間、小説を創作することに、すごく苦しまれていたんだな、ということがすごく分かるし、ゼロ年代の旗手の一人として、走り続けてきた彼の想像を絶するような苦労が刻み込まれた小説だった。そして、この小説をもって、ゼロ年代が、ほんとうの意味で、終わったんだ、って思った。

14日前

08f8e71d 25b3 4f23 a08e d8f06fa22c3d79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7
しょぼい起業で生きていく

えらいてんちょーのnoteで無料になっていたので、一気読みしてみた。なるほど、200ページ近い文章をネットで読むとこれくらいの手応えがあるのか、と、思った。 内容は、最初からあまり大きく賭けず、なるべくお金をかけず、融資を受けず、仕事も辞めずにやっていけば、運が良ければ人脈が育って、段々儲かるよ、ということだったと思う。 後半はphaさんと、借金玉さんの対談が掲載されているのですが、テーマに関連してるようでしていないような印象を受けました。 調べてみたところ、要町のバーエデンを作った方ということで、そのバーの名前はツイッターで聞いたことがあるので、ネットってのはすごい。 まあでもツイッターも長くやっているけれどフォロワー600くらいしか増えなかったので、自分にはキラキラ起業家は難しそうだなあ、、、

29日前

D482c483 234d 4855 954b 38f839434afbD74a0f86 79b3 42fb a075 8509678e456a81cc5180 9be6 43d3 b4dd a8695a40bda44265b24e 1617 4da3 b1eb 27c5c52d4da6Efd47186 a7b1 4c8c afb5 4938d9e3409523b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593F888b04b d074 442c a9ef d49c5a8788b9 28
地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門

地域再生に関する本。 国からの補助金や、旧来の組織や、地元に根付く慣習によって、地域再生が阻まれていく構造が小説仕立てで描かれている。 作者がぶち当たってきた問題が、小説という形をとることで、実例とともに、その解決策を紹介している。このことによって、結果だけではなくて、問題解決にいたるプロセスが、手に取るように追える。 あと、普通にお仕事小説として読んでも面白い。

約1か月前

Ce2d667b 9eb1 4b40 b2b5 20dbb3d8eabe850c4c6a f7ec 4d11 a627 ef19ea8e8bfe79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28
本当はちがうんだ日記

ほむほむのエッセイはこれで三冊目なのだけれど、さすがに三冊も読んでくると、前に読んだような話も出てくる。それでも、飽きずに面白く読めるのは、やっぱり言葉のセンスと、深い観察眼があるからだと思う

約1か月前

Icon user placeholder000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Ec9f86ed ca23 4a7b a400 09fca7a63865Db8e8619 41d4 40de a264 8ceb34493614303f497b fafd 4834 9ea1 7d61f4e8b6bcAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141Icon user placeholder 56
メモの魔力 The Magic of Memos

ダ・ヴィンチやエジソン、ヘミングウェイなど、メモ魔だった偉人というものは多い。 この本で書かれているメモ術は、ファクトに、自分なりに解釈した抽象と、そのアイディアを自分の事業に転用できるか、を付け足そうというもの。 ただ、メモってけっこう難しくて。何よりも、持ち歩くのがめんどくさい。自分はメモを持ち歩いていても、鞄が雨に濡れてびっちょびちょのごわごわになって、何冊もダメにしているし、濡れないように袋に包んでいれておくと、めんどくさくなって取り出さなくなる。じゃあ、家に置いておけばいいや、って思うと、なかなかメモを拓くタイミングが無く書類の地層に生き埋めにしてしまう。 じゃあ、スマホでメモを取ろうと思っても、なかなか閲覧性の高いメモアプリっていうのもない。Evernoteは、昔アカウントを取ってはいるけれど、階層がぐちゃぐちゃになってて、めちゃくちゃになっている。Googleカレンダーにメモをしたこともあったけど、目当てのメモを見つけるのがすごく難しい。Keepはメモをするのには良いけれど整理がつけにくくて放置。ScrapBoxもいまいち肌に合わない。 しかも、やっぱり手書きに勝るスピードに勝てるのは、キーボードくらいで、フリック入力で文字を打とうとすると、なかなか上手く打てない。そして、図を書く必要があったときには、手書き入力がなかなか上手くできない。そして何より、人前でスマホを持っていると、まるで話に興味がないように見えてしまう。 携帯性と入力のハードルが高くて、そもそもメモ術以前の問題だということが自分には分かった。。。笑 すっげー持ち運びやすくてすぐに手に取り出しやすくて見返しやすくて、かつ、粗雑にメモを書き殴れる程度に安価なメモ、発売されないかなあ。

約2か月前

D482c483 234d 4855 954b 38f839434afb97e138a0 59fa 498f 89fc 83dbbe5ed0ffD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe020f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholderF42c9bc6 3205 4a7f a4d0 18cd6f5ef9350b7e7219 50ad 4fac a914 6e2bd0b380cf 103
バカとつき合うな

ネットニュースを度々騒がせている2人の共著。 実際、読んでみると、それほどおかしなことは言っていないので、イメージは変わった。 「行動しろ」ってことが言いたいのかな。

約2か月前

E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007b89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe36d982d29 81f1 4766 a35b 260c0fe7bfe0Icon user placeholder3ecfa6e2 dbd5 4560 82db bd99dda82dcd79e0ec9c aba5 4126 a659 4314b8e5c4fbC120e3f0 b04f 45da b43d 3c92fa4c4ae4 34
現実入門―ほんとにみんなこんなことを?

なにかのインタビューで『「僕の人生を四文字で表すと「びくびく」だと思う。でも、怖いものを、怖いから避けるんですけど、一方で惹かれもする。」』って言ってて、なんとなく自分に似ているような感じがして、ああ、似たような人っているんだな、って思ってすごく安心しながら読める。 けど、エッセイって共感を誘うものだし、なんだかんだ言って、臆病な割に、歌人と課長の二足のわらじを両立させていて、「あざとさ」を感じなくもない・・・笑 面白すぎて、三冊目のエッセイまで買ってしまった。

約2か月前

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Icon user placeholder2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d086bc3af62 196b 49d7 adb7 0d95260a1f89C218082a 83f0 4c03 a4d0 435a80a6c0da6a1f808a 7ea5 46cd a3ac 6cad571c0d21 15
私はあなたの瞳の林檎

この本に所収されている3本の短編のうち、2編は2010年代の初めに「群像」に掲載されていたもので、そのころはまだ自分は大学生で、大学の図書館で読んでいた。 あの頃からだいぶ時間が経ってしまったし、ずいぶんと遠くまで来てしまったな、という感じがする。あの頃に比べると、舞城王太郎の言いたいことというのは、なんとなく分かるようになってきた気がしないでもない。 どちらも不思議な事件も怪異も無く、青春の一瞬のきらめきのような恋愛を描いていて、甘酸っぱい気持ちになるやら、自分には失われてしまったもののように感じてちょっと切なくなるような感じがする。 でも、自分が面白いと思ったのは、書き下ろしの「僕が乗るべき遠くの列車」。内省的な彼の作品において、その内省を吹き飛ばすような「菊池鴨」というキャラクターは、強さを感じて魅力的に見えた。

3か月前

3eb567f1 9fa4 4bed 83a5 b8c0e6cd556eIcon user placeholderIcon user placeholder71052fb5 32e9 4cde 81ce 0fa157b42a41B33315b4 620d 4710 8124 a466b8149ee6550612f2 655b 4861 b4e5 89475f77c44c4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 14
わたし、恋人が2人います。~ポリアモリーという生き方~

ここ最近、ツイッターでポリアモリーという単語を耳にして、なんとなく心にひっかかっていたところ、書店にてこの本を見かけたので、買って読んでみました。 ポリアモリーをざっくり説明してしまうと、当事者同士で合意の取れた浮気や不倫、と言ってしまって良いだろう。 ただ、浮気や不倫というのも、言ってしまえば、恋愛という人間関係の中でのルールの一つと言えるわけで、そこで当事者同士の合意が取れれば、複数と関係しても、さほど問題ではないだろう。 実際、ボーボワールとサルトルのような例もあるし、日本においても、あの「芸術は爆発だ」で有名な岡本太郎の母の、岡本かの子もポリアモリー的な人間関係を結んでいたので、昔から数は少ないが無くはない、と言った人間関係の一種だったのだろう。

7か月前

ここは退屈迎えに来て

「すごく分かる」そう思いながら読みました。地方の都市、ドン・キホーテもヤマダ電機もイオンTSUTAYAも何でもあるけど、何にもない。 何者かになりたくて、でも、何者かになる方法も分かんなくて、そして、結局、あるものは、そのつまらなさに順応していく。 きらきら輝いているように見えたクラスの男の子も、しがない地方のおっさんになってしまった、そして、私も…という感じ。

7か月前

8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64Ead79813 55bc 42b8 9354 716e42d497a8Icon user placeholder2642492b ebb0 4eaa ae98 7745051d9efd97204a2e 4c23 44d4 b76c 251b829875504039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b2581b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba57 83
メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

後書きにも書いてあったけれども、まだ勝敗のついていない企業について書くのは難しいことだよなあ、と思うけれども、たくさんの有能な人たちが、どんどん集まったり、時には離れたりして、日に日に会社の規模が大きくなっていくのを追体験できてワクワクしてしまった。 シェアオフィスの一角と、深夜のファミレスで仕事をしていたのが、本書の終わりの方では、アメリカに支社を構えたりして、すごくワクワクできた。 あと、社外の人や、ライバル企業にも、取材をされていて、緻密に書かれているなあ、と思った。

19日前

D7c3912b d799 457a 9b55 4fe2b6fc5d8045122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3C120e3f0 b04f 45da b43d 3c92fa4c4ae4Icon user placeholder49775184 e974 4c35 b8d8 b9130a8c15f1D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40 14
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

いわゆるハロー効果について書かれた本。 タイトルの通り、「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」ということについて、図解や詳細な説明が加えられている。書籍というよりも、ブログという構成になっているため、遅読な人でも1分で2ページは読み進められるので、電子書籍版の方が手が疲れないかな。 でも、確かに、こういうことって往々として世の中にはありふれているし、自分もやってしまいがちで、だからこそ、いわゆる「要領の良さ」っていうのは人生の質に直結してくるなあ、と思った。 なんというか、自分はマイナスの錯覚資産ばかり生み出していたなあ、と思って、反省した。もっと、プラスになる錯覚資産を生み出していかないと。

約1か月前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d59320f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a52089c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54Icon user placeholder236f8dd7 1cf9 4616 a8ad 7fb5a0d924c2F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037 28
たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉

この前読んだ箕輪厚介さんがこの方の考えに共感して、懇願してこの人の本を出しただけでなく、彼が率いる幻冬舎に転職したという話を聞いて、どんな人なのか気になったので検索してみたら、Kindleで299円だったのでポチって読んでみた。 ものすごく熱いお方で、今でこそネットミームになった「圧倒的成長」や、「圧倒的努力」という言葉を多用されている。そうやって、角川時代に角川春樹についていき、1人で幻冬舎を立ち上げたので、実績に裏打ちされた言葉の重みがあった。そして、これだけ熱狂できる仕事に出会って、これだけ打ち込めたら楽しいだろう。 今でこそ「働き方改革」とか「ワーク・ライフ・バランス」とか「イクメンパパ」なんていう言葉が流行っていて、このような仕事に心血を注ぐ働き方は、平成の終わりとともに駆逐されそうだろうなあ。 日本赤軍や学生運動の話は、もはや自分にとっては、おとぎ話みたいにしか聞こえなかったけれど、重信房子のエピソードはロマンチックだった。 面白かったには面白かったし、参考にしたいと思ったし、励まされたような気にもなったけれど、ちょっと、鼻白んでしまうような章もあった。安倍首相スゴイとか、ゴルフとか、時計とか、高級料亭の話とか・・・

約1か月前

89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3Icon user placeholder4222be95 10ec 4dbe b725 1349d8aceb4b468671bf b341 405c b0c4 10d8468f5de5Dbbda5d6 8b9b 4f0b a41f 30a0557c1bac61a2aff9 d6fb 402c ab84 1cf53e617399
死ぬこと以外かすり傷

2018年に読んだ最後の本。 この数年間でネットメディアの勢力図は大きく変わった。SEOで最適化されキーワードを散りばめただけの模倣記事が上位に食い込むことはなくなった。 そのかわり台頭してきたのは、「さよなら、おっさん」で話題になったNewspicksだ。あれはあれで、色々と言いたいことがある人は多いだろうが、2018年はまさしく、NPの飛躍の年だった。 そのNPのビジネス書は、いまや多くの書店で平積みされるようになった。前田裕二「人生の勝算」、堀江貴文「多動力」、佐藤航陽「お金2.0」、落合陽一「日本再興戦略」などなど。 彼らの本を仕掛けている編集者の箕輪厚介の自著。正直、帯に書いてある「革命的仕事術」というのはいまいちよく分からなかった。多分、「働き方改革とか言ってないで死ぬほど働け」ってことなんだろうけれど。 読後の感想は、彼が手がけた本の特典メイキングDVDって言う感じのテイスト。

約2か月前

3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9Icon user placeholder672ba2f9 a017 400e 8c46 117ac374412a89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe36eb04914 40af 4519 b50f e23cb3e9a399Icon user placeholderIcon user placeholder 62
学びを結果に変えるアウトプット大全

書店でも平積みされているし、ネットのレビューでもすごく評判が良いけれど、自分にとってはいまいちな本だった。 「挨拶をする」というのも一つのアウトプットとして書かれていて、自分が知りたいアウトプットとは違った。 さらに「泣く」というのもアウトプットとしてページを割かれていて、著者の泣ける映画リストが掲載されていて、んんん???ってなった。 こう、もうちょっとメモ術とかノート術とか、アイディアの発想法的なものかと…

約2か月前

5be8cf4d 45aa 4434 81c8 2a4263b30f09B1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf276723b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Icon user placeholder414e61b7 b363 41f6 a863 4ac875433e5a709fa78e a334 464f a9e5 c62e86c948a16d982d29 81f1 4766 a35b 260c0fe7bfe0 181
0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書

「AIに仕事が奪われる」とか「○○年後には現在存在していない仕事が大半になっている」みたいなことは、よく言われいて、そういう不安な気持ちに対して、どういう対策を取ったらいいか?みたいな本だった。その答えはSTEAM(科学、 技術、 工学、芸術、数学)の素養が必要になってくるだろう、というもので、プログラミングや英語などは、後から付いてくるから、とりあえず、それを勉強しておけ。みたいな話だった。 落合さんは自分よりかなり先を見通しているみたいで、いまいちピンとはこなかったのだけれど、なんとなく言いたいことは分からないでもない気がする。(でも、数学とか、科学みたいなのは、けっこう早い段階で脱落してしまっている自分・・・どうしたら学び直しができるのか・・・までは分からなかったので、結局「お手上げ?」ってことって思った)

約2か月前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5935d18af28 0dce 48f0 9884 654130010f92Ff847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599aA5d2d4a5 eeaa 4f13 9e6e b8d2be55df12593b58a8 32b9 47cb b67f e7c325a3f75bCf2dc2ce 72f8 4bea bdce 9bb0886adbf601ed1e15 1ba1 4093 95e6 ef497caa0736 25
世界音痴

人から「あなたは、穂村弘さんみたいな路線でいきなさい」と言われ、この本を勧められた。 読んでみると、けっこう面白いし、なんとなく境遇も似ているような感じもする。そして、臆病だけれど、どこか遠い世界を望んでいるような心持ちもどこか似ているような感じもして、親近感を覚えて好きになった。 これを読んでいる途中に、二冊目も注文してしまうくらい、気になる作家さん。

2か月前

66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489cBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3113575c357 f03c 4e6b 91ad 79f4dd0a84d3Icon user placeholder7a943f7a e1d2 45e2 a2e6 0478f4cb9501Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a090afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76 47
かわいい結婚

結婚に際した女性に関する物語が3つ入っている短編集。 個人的にすごく面白かったのが2つ目の「悪夢じゃなかった?」。 「女性専用車両にわざわざ乗るのって、なんでみんなババアなの?」 とナチュラルに疑問を持つ男性が、ある朝起きると、女性になっているという、<グレゴール・ザムザ >か、<君の名は。>と言った物語。モチーフとしてはとてもありがち。を通り越して手垢のつきまくったものだけれど、それにしてもすごく面白い。 おおよそ、女性が外を歩いている時に被るであろう被害と、そして恍惚を経験する地獄めぐりの果てに彼が見たものは…。 その、多くの男性にとって、自分の身体に、注目され、凝視され、欲情や批難の視線を浴びるという経験をすることは無い。 だから、そういう楽しさや疎ましさは分からなかったけれど、彼女の文章は読みやすいけれど、精密に描かれているので、なんとなく分かるかもという感覚になったし、それ以上に、「女性」をすることができる女性がちょっと羨ましくもなった。 たとえば、ペディキュアなんかがそうだろう。男性にとって自分の足というのは、まあそれほど綺麗なものでもないし、そもそも気になる身体の部位なんかではない。せいぜいたまに数週間に一回程度、身体を丸めながら爪を切るときくらいしか気にしない。それも靴ずれしない程度に、ささっと適当に爪を切るだけだ。

6か月前

187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc5Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eA9058729 9f69 4b7b a570 cdfc4563451eF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41Cc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d1804714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2 9
あのこは貴族

東京出身のお嬢様気質の華子と、地方出身で上京してきた美紀が、1人の男性を結節点にして、人生が交差する話。 東京という土地と、上京してきた人。 しかし、上京してきて、1人で東京という土地で、立身出世するというのはとにかく大変なんだろうな、と思う。自分は、どちらかと言うと、埼玉と見分けがつかない東京の一番端っこで、生まれ育ったので、どちらの人種でも無いので、程よい距離感を持って読むことができた。 でも、なんとなく彼ら彼女らを取り巻く倦怠と焦燥の筆致はリアルな感じがする。そして、筆が滑るように、ストーリーが転がるわけでもなく、常に地に足をつけた感じも好き。

7か月前

2cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c48Icon user placeholder4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184Icon user placeholder66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832dA118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c 16