3019a870 af8b 45d4 93e2 be05a119f2fc

みはらしょうこ

本屋さんがすき

本屋さんがすき

14

コメントした本

i

誰かのことを思って苦しいのなら、どれだけ自分が非力でも苦しむべきだと、私は思う。その苦しみを大切にすべきだって。

2年前

D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb8Icon user placeholder95b127a5 f73f 416f 91f6 5dc7de8140edIcon user placeholderIcon user placeholderC7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4dEac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6 249
勇者たちへの伝言 いつの日か来た道

皆がそれぞれ色々な楽しみを持ちながら自由だということ、国の1番上の政治家のことでさえ、ラジオで悪口を平気で言える、しょっしゅう殺人事件は起こるけどそれがわざわざニュースになるほど、安全な国でめったにおかしな死に方をしない国だということ、なのになんだかんだと心配ごともたくさんあって、あんまり未来は明るくないと皆が思っていて、自分達のことを幸せとは思っていない。胸が苦しくなる、考えさせられる

2年前

988dedd6 ac3d 4f89 b0a6 a6358c72cf2eDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4238a1df9 4598 4d0c a08a 2054358af7ce
対岸の彼女

ひとりでいるのがこわくなるようなたくさんの友達よりも、ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何かと出会うことのほうがうんと大事な気が、今になってするんだよね。ナナコにとって1つ2つの大事なものはなんだったんだろう。

2年前

A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2Eac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a62fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbfDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c51803a1bf26 fa8c 4a92 90ae a39403b4e45bIcon user placeholder 58
命売ります

軽い感じで読めました。主人公の変わりようが気の毒で、これが三島由紀夫作品かあという感じです

約3年前

5155e0fb 314e 4b27 8b11 62e3c634ac0b0906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150a8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe2fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf801196d5 8c77 4f11 b225 35cc4b0d120eD6cfad9f 7539 4187 b064 2449c9588bba9c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa 93
REVERSE リバース

顔も知らないあなたにこんなにも惹かれるのはなぜ?という帯に惹かれて読みました。私もこれまでに自分の心に1番近づいたのは誰だっただろうと考えてみました。男女という壁を取り壊せばもっと楽に生きられることがたくさんあるのだと思います。

約3年前

Icon user placeholder5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d6629fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4f0803aa5e 3856 434f a1b0 3a1739e315d3Da66ede6 6108 4580 9046 29e4eef3ea01Icon user placeholder 26
ガソリン生活

主人公が車で話が展開する物語。ファンタジーはあまり好みではないのですが、車が主人公であるにも関わらずすんなり物語が入ってきます。伊坂幸太郎だからこれほど違和感なく作れるのだと思います!伊坂幸太郎ファンには嬉しい他の作品がリンクします!会話のやり取り全てが魅力的です!

約3年前

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd84850bc71 474d 43c0 a6d2 91bd9636a8ef7e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d9215546192f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b52716bcd9 35bf 4f69 ad1e 81b1e4f863745e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Efd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51 77
本日は、お日柄もよく

本当に弱っている人には誰かが側にいて抱きしめるだけで幾千の言葉の代わりにしてなる。そして本当に歩き出そうとしている人には誰かにかけてもらった言葉が何よりの励みになるんだなって。言葉の力、それを操れる人になりたいと思わせる本でした。

約3年前

C86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7B2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af5Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bA608b42a 6fe7 4e29 a2be fc86a1196bbc5201fae1 0a80 44ae 8636 ca6f24bcf2fc38406557 9ead 4de9 a7c3 b00a567d9e1381ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8 274
乳と卵

関西弁でベラベラと止まらない作品。かつて読んだことのない作品ではあったけど、再読はないかな…。この作品を関東の人ましてや男性は読むことが出来るのだろうか?男の欲望の為に胸が云々の女性の口論のくだりが好きでした

約3年前

89f691a9 f020 41fa b05f 5e39ad0486e8Icon user placeholder1131e11c e71d 413a a91e 53b43bdc3523C8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213Fd313cad da9f 45e7 a5ad e1916b068a24Icon user placeholderIcon user placeholder 69
星やどりの声

言葉は今わからなくても、きっといつかわかるようにできているからだ。1番心にしみるそのときまで。 父が家族に残した言葉とは?

約3年前

5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b57502aec 51d1 4445 930d 2d531c42e0587c566c23 5b02 4388 889a 6c8929198ce0Fc7c31af ffbb 462e 8631 35a0f0fcd1af5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d383ee1fd64 24cc 41f0 b067 40151c502952 26
聖なる怠け者の冒険

人間である前に怠け者なのである。日曜日を拡張させようとする先輩。楽しい人がたくさん、京都にいけば出会える気がする

2年前

92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c12feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea2495928878da00 00f9 4f14 aaec eca7195cf3166e600628 6069 4671 8d97 275ffb9f998f835fa5fe 09fa 49fb 8cab f52ee684e1e51bd307bb 13b0 4763 a895 00d7b1e5ca883e1806ac f9ab 4746 a69e f9e7479911fa 34
あのひとは蜘蛛を潰せない

初めて読む作家さん。なんか良いと思う表現や、あーこういう部分自分にもあると思う表現が力まずに書かれていて読みやすかったです。後半に登場する宮崎さんがとても温かくて良いなあと思いました。

約3年前

0906b403 a7cf 4775 bdd5 8082f181150a55340959 53c0 4fb5 a306 e49c9f3e07550cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e4083bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bdaC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62ac3e13db21 0b9e 4fc7 b41e 05da2c3f46d04c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5 43
何者

誰にでも主人公に通ずる種があると思う。だから最終章は自分が責められているような息苦しさを感じました。光太郎や瑞樹さんがとても素直で真っ当に描かれているように見えるけど、きっと光太郎や瑞樹さんだって主人公と同じように何者かになろうとしてるんじゃなかろうか。ダサいどうしようもない自分を晒して頑張って初めて何かが掴めるわけではない、ということが最後のページに示唆されているところが綺麗な物語じゃなくて良かったです。

2年前

66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a988dedd6 ac3d 4f89 b0a6 a6358c72cf2eA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c28c51e532 c536 4c56 8ab2 094746a752a29ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bAaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cd 217
本屋さんのダイアナ

本屋さんのダイアナはいろんな本を呼び寄せる物語の森なのである。その通りかつて読んだ本をもう一度読み返したくなります。ダイアナの言葉を借りるなら心にぴたっとくる描写や表現にたくさん出会える素敵な物語

約3年前

660b211e e3f1 4ac9 b2cc 87f8f888c2fb0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bIcon user placeholder6cc053b7 a35f 4d76 8b84 5f08ee0a5def2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59ddIcon user placeholder522b2427 7b6f 4545 9fc6 099fc68c2211 57
下流の宴

ドラマをみているようにさらっと読めました。ただコスメティックほど女の闘いや格差社会は描かれいなかったのが残念…、だからこそさらっと読めましたが。

約3年前

5b919d77 7f28 49a0 80c8 e5858cba2660B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e24ee37b3 d336 4ae0 9ee6 87bc0b59a256
クライマーズ・ハイ

自分が生まれる前に起こった大事故。もと記者である横山氏だから書ける細部のリアリティ。引き込まれて一気に読み終えました。読み終えたと同時にこの事故がフィクションであることを恐ろしく思い、違う目線でも御巣鷹事故のことを調べてみようと思います。

約3年前

1589ab15 bc91 4551 83ec 2a88bb4c65a386282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053C3fc991f d18a 4aaf 917f 93eac077c7f3F76b7470 f449 4b91 aa64 c9ef4fc60f547262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d927b68d8 fdab 4c7f a050 3a130cd10f52 47
一瞬の光

白石さんの描く屁理屈な秀才っぽいけど、ダメな男が好きなのですが、浩さんの人柄も相手の女性の魅力もイマイチ伝わってこなかった、期待してた分残念…

約3年前

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2D7abed11 56d6 4ea2 a846 f2c2afc481f496eb6169 4ae5 48c5 8469 6fc88b907ad6Icon user placeholderA40b5e4c cee4 4a3a a9fa ad36cd260cbd642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df746df80f6b 2edc 4384 ac11 0ab9c8d2fc7c 14