Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
9e2d8372 58f7 4a53 8c2a 8d674cbfb6dd

杣Books

木こり(杣)がやる本屋だから『杣Book…

木こり(杣)がやる本屋だから『杣Books 』。 普段は杣仕事(林業)をして、興がのったら本棚を担いで山に登り、本屋さんやってます。

30

コメントした本

信州ふるさと120山

杣Booksの出店計画の指針の書。麓の人に愛されている山がのっています。

3か月前

やまのぼり―ばばばあちゃんのおはなし

DIY 精神を学ぶ書。 恥ずかしながら35にして初めて読んだが頭をカチ割られた。恐るべき書である。大人も子供も読んだ方がいい。

3か月前

シンプル・フライフィッシング―テンカラが教えるテクニック

テンカラではなく、あくまでも「シンプル・フライフィッシング」。複雑になってしまったフライフィッシングをのべ竿でシンプルにやろうよというpatagoniaの提案。テンカラにフライフィッシングの要素を取り込みたいテンカラ師は読んでみると釣りの幅が広がるかもしれません。 参考にしないまでも、イラストがとても美しいです。

3か月前

ウムヴェルト 五十嵐大介作品集

「死」についての新たな視点をもらえた一冊。「死んだ人」と「生きてる人」では、お互いの世界の認識の仕方が変わってしまうからコミュニケーションがとれなくなる。だから、「死ぬ」とは生きてる人が「死んだ人」を認識できなくなるだけではないか。なんてな事を自分はこの作品集からよみとった。

3か月前

明日、機械がヒトになる ルポ最新科学

この本で楽になれる人は多いのではないか。「人に心はない」「人は機械である」と考えさせられてしまう。 自分は機械と大差ないな、と私は思ったわけだが、それは色々な事からの解放だった。「人間らしく」ってのは、思い込みや道徳に過ぎないのかもしれない。それに縛られるのもシンドイ訳で、入力↔出力という反応を繰り返す機械であると考えると楽になる気がするが、どうだろう。 …という提案に反論したくなるのが「人間らしさ」とするのかもしれないが、それすらプログラムの一環かもしれないよ?

3か月前

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd752069ea50dd efb5 4dad 87e2 46d0c1078ac10959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b347cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa517d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf 8
神坂雪佳の世界―琳派からモダンデザインへの架け橋

梨木香歩さんの「家守綺譚」の文庫版の表紙絵に雪佳のスズメの絵が使われている。それが契機で知った訳であるが、どれもこれも好きだと思った。 上記の梨木香歩さんの文庫版にグッときた人にオススメ。

3か月前

名手に学ぶ テンカラ釣りの極意50

テンカラは釣り方が十人いたら十通りの釣り方があり、まさに十人十色で「ten color(テンカラー)」なんて冗談があったりする。 この本は名人4人のテクニックを記したもの。時に対立する意見をのせている所が信用できる。ある程度、テンカラをやった人が読むと参考になると思う。

3か月前

壊色

パンクロッカーで芥川賞作家の詩集。童謡の町田さんの新しい解釈は衝撃だった。言葉遊びを教えてもらえると思います。

3か月前

新明解国語辞典 第3版

赤瀬川さんに影響されて読んでみたが、発見につぐ発見で飽きる事がない。真に面白い“読み物”である。

3か月前

世界マヌケ反乱の手引書: ふざけた場所の作り方

何故か、「街づくり」と言う文脈で取り上げられない著者の本たち。ラディカル過ぎるのか、ふざけてると思われてるのか。 地域通貨を超えた通貨を作るとか私設日本大使館を開館してしまうとか、何かやろうと言う時に色々とハードルを下げてくれるアイデアがつまっている。勝手にやる人(マヌケ)が増えて欲しいと思う。

3か月前

Acdcaad8 b0a4 449b 881e 05ead5e4cec0Ar1ms0rs normal04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5402ef02f 62ef 4324 af17 52f675c5368f