64d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce3

ねむい

青学総文を卒業しました.

青学総文を卒業しました.

66

コメントした本

新しい人よ眼ざめよ

作者自身の感覚や思いが言葉として作品の中に

9か月前

償いのアルケオロジー

最後の部分が特に印象に残りました。

10か月前

死刑囚最後の日

p116 メモ ”おお、もう父でもなくなった。子供の言葉のあの一語、おとなの言葉のなかに残ることができないほどやさしいあの一語、パパというあの一語、それをももう聞かれないように私は定められてしまったのだ。”

2年前

F4804186 5bc1 41e2 a2c1 f09f650784dc4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d635369f5d3cc f806 45c1 9795 79436b41802836e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981b3a7960ae 8f51 4abb a815 b048d81cf67a1b6144f5 51b5 4072 aba3 8badef78069e
夜と霧 新版

著者が実際にその体験を生き、そのとき感じていたこと、考えていたこと。かけがえのない1人の”自分”としてどのようにその時を生きたのか。が語られているように感じました。

2年前

C8f3adc7 4838 44d5 a144 00aaff7f78626488ed43 0c09 4ae5 b36a 9f19574938ffIcon user placeholder1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec0429b4a94b 7381 4f17 a3c1 dbd0de072b21 207
ライオンハート

この本を読んだのは、実はすごく前で細かいところは覚えてないんですけどふとした時に思い出す、そんな作品です。時の流れ

約3年前

E9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11eIcon user placeholderCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c50ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ffB409f101 98ab 40dc 8d4b 068d4ec5ef323db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa 28
ラカン入門

途中で止まってるけどまた...

約3年前

恐るべき子供たち

メモ p38 要するに、ダルジュロスは宝物のなかの写真と合体してしまったのである。モデルと写真とご一致し、モデルは不要になったのだ。 p74 彼は自分の追い求める型の人間を、漠然と追い求めていた。そのくせ、自分ではそんなものは持っていないと信じているのだ。〜 p93 大桶の水をもう一つの桶にゴム管で移すには、ちょっぴり呼び水をするだけで十分なのである。

約3年前

15fb068f 084a 467b a614 9b5c5a0aa7caC7f97e89 3acd 4790 8ea8 720276f92e9c9fa90857 1dfb 4b0c 84ab 964bc96d3e1269d21e99 b3b3 461b a629 6b943372182bDff5f89a d28e 4801 989f bf5db23ed8c948b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd9698803df68cd 9acc 4ada 8439 89adab76498d 10
ギリシアの泉

・『イリアス』あるいは力の詩篇 ・『アンチゴネー』 の部分を読みました:)

約3年前

夢判断 上

夢内容(顕在内容)と夢思想(潜在内容)というふうに定義してる。 p371 どんな夢の顕在内容中にも、ごく最近体験したことへのつながりはあるが、しかしこれに反して夢の潜在内容の中には、いい意味において現在にいたるまで「最近のもの」として永く保存されてきたような非常に古い体験へのつながりがあるのであって〜 p399 ・心的生活はその実現が不快感を呼び起すような願望をも自由に使いこなす。 ・第一の組織に所属してきて、その実現充足に対しては第二の組織が異を唱えるのうな、抑圧された願望が心の中にはある。 (メモ途中)

2年前

5add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b413794583aa2f4 bbfc 4e9d b370 6b34ee362f79
パイドロス

最初、 自分のことを恋する人よりも、恋していない人の方に身をまかせるべきである みたいなことを言っていて え?って思いながら読んでいきました( ̄▽ ̄)

2年前

C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec04Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c03C3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af912
子どものための哲学対話

ふむふむ、って読んだところもある一方、え?そうなの?って思いながら読んだところも。それとよく分からなかったところも。自分が気になっている何かを考えるきっかけをくれる感じがして、いつでも読めるように置いておきたいなと思いました。

約3年前

F67b0337 3c76 482d 8900 cd853b96052cF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae4536bcc80d6 103b 4757 8705 6b5c52e76b7bC7752b11 13b0 49a5 8103 0a9afce0046cE4f21041 cc6c 4268 b713 5baf3e868f447cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5 8
眼球譚

メモ p52 夢の中の最も荒寥とした、最も穢らわしい場面は、要するにその方向への一種の誘い、全き歓喜への根強い期待に他ならないとしても、べつだん驚くにはあたらないだろう。たとえば、マルセルが床の上にぶっ倒れ、それをとめどなく濡らしつづせた、あの瞬間における虚ろな窓の明るく照らされた穴の幻影と同じように。 p54 現実の世界、もっぱら衣服をまとった人間で構成されている世界を私たちがあとしにた時点は、すっかり遠ざかり、ほとんど手のとどかぬところにあるように思われた。

約3年前

E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabB62201f0 cd99 40db bc7b 745710475a449b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f289e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e
田園交響楽

信仰ゆえの葛藤や、たとえ信仰が関係なかったとしてもこれは思い悩むだろうという事柄、また、アメリーへの共感てきなにか。 少し気になるところもあったので、新訳や違う訳者の本があったらもう一度読んでみたいです。

約3年前

D5f29d4b 22fd 4ed4 b64d 631bfe60b2fc08f8e71d 25b3 4f23 a08e d8f06fa22c3dMu4t9wbx normal1b6144f5 51b5 4072 aba3 8badef78069e5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d26cad0e59 f89d 42e2 bbe3 d074933c1335
幻の光

水の描写が好きです。泥の河 を読んだ時もそう思いました。

約3年前

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8Icon user placeholderIcon user placeholderCb08367b 3ff3 471a 945e d9df8cc682d5861d9847 5519 41a1 8821 670f7b8980c3C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249916e6229f6 fe41 446f 81bd 37e51d2beeaa 8
エロス論集

長いので、気になるところから読んだりしてます。 p368で ”ヴァン ホーテン”を解釈したところはフロイトさん言語の天才だなと思いました。

約3年前

稲妻に打たれた欲望: 精神分析によるトラウマからの脱出

原文で読めるようになりたい

約3年前