E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、時代小説…

旅行や食に関する本、 海外文学、時代小説 詩集とか、色々読みます

147

コメントした本

灯台へ

傑作。 そして大好きな作品。

1年前

72f605aa 3795 433e b9f7 23c398e6dd7b0857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595c565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f24f83c3e7 22f2 4298 80af 1e325de168a6D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

「自らの“労働”をお金に換えているのではなく、そこに費やす“時間”をお金に換えている」 「儲けるためではなく、自由になるために働こう」 社会人になって経済的余裕が出来ても、精神的な余裕が持てないと本当に意味がないと実感する

1年前

Caefb971 c9d4 4597 a9a5 8ca12c290cdb44ac639a d107 4832 9c94 e1ed88cd106aIcon user placeholderIcon user placeholder9c4fc193 670c 4780 94b1 83749ea9a24b832ca220 fc96 4568 bfa6 0d3a632d00ed16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c3 72
断片的なものの社会学

YouTubeで他人の結婚式の余興を見るのが好きだと言っていた人を思い出した。 そしてタイトルにあるようにちゃんと社会学。 関西人の面白さにも笑ってしまった。

1年前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311B7e48532 963f 403d a3df 63612ff78ae6870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338dfBf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26Eb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac953e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a38f86b66 592c 488a b0f0 b374ac1f9fcb 139
アフター・レイン

これこそ秋の夜長にぴったりという本だった。 心の奥へじっくりしみ込む短編集

1年前

問いのない答え

Twitterをしている人にとっては“あるあるネタ”で同調出来ることが多いと思う。 同時進行でどんどん進んでいくテンポ良さ。 社会事件を元にしたり、震災のことが含められていたり、ライトなのに少し重い読み物だった。

1年前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2413add3473 1316 4920 955c c6f14b052dcb31ffefd4 50ba 46dd bfe7 15ae73f5bc3aD6bcc074 cee6 4950 90a5 fba828377598F1c12f28 3dbf 456f ab71 7d63cf97e576
シッダールタ

落としどころが超ドープ(言い方使い方間違えてる気もするけど) 噛み砕きながら集中して読んだ。淀みのない川における時間軸にハッとした。 再読中。

1年前

F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cdB0d42596 155b 402b 8408 aab00b111f689861bdd2 7f1f 4bd2 bfb3 1d9025e30488564ed7ed 4ffc 4ac7 a30c 28152d1ff557705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c52aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df01 25
昼の家、夜の家

白水社エクス・リブリスのシリーズは裏切らない。 心理学を専攻した彼女の書く文章は心を揺さぶる物があるし、挿話が次々に始まったり、続いていく構成にも楽しさがあった。 著者の言う「土地の記憶を記す、アーカイブのようなものを実現させたかった。」そのテーマがなによりも魅力を引き出していた。

1年前

風の歌を聴け

久々に村上春樹さんの本を手に取ったのは、ちひろ美術館での村上春樹とイラストレーター展を見たから。 するすると数時間で読んだ。 村上さんの小説を読むたびに、この雰囲気を翻訳でなく、日本語で読めることが嬉しいと思える。 パチン……OFF

約2年前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff87aad2ed 3714 49bb a30a efd3df7dc857772c80bb 38db 46d3 9cdd 83dcd0ebcdab
砂の女

「夢も、絶望も、恥も、外聞も、その砂に埋もれて、消えてしまった。」 砂の世界の奇妙な物語。 物語と分かっていても、息苦しさのあまり水を欲したくなるような…

約2年前

2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311F64329d3 724a 460d a6ca beeb1c59dec8Ca99d3e3 ed26 49a3 89eb 09af1a975f8d640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affC17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f8867543fc7 126b 4198 974d fe44f6bbf9b2 97
ジヴェルニーの食卓

「東の空は、溶けかけた桃のシャーベットのように、ほんのりばら色に染まっていた。」 画家の絵や交流を想像することも、フィクションにだまされそうになるのも(良い意味で)、なによりはマハさんの文章を構成する言葉選びが好きなんだと気付いた。

約2年前

921ace39 5704 46db bb90 a5e7d4ea4a4cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacB5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af8499911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200Picture496b0730 9baa 4c21 987a f0c2d0d78346F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 58
美の世界旅行

岡本太郎の視点に尊敬し、共感し、文章に感嘆する。 インドには「時代」はない。太古と現代の間にはさまれて、平気で浮き漂っている世界だ。 旅行と美術が好きな人にはたまらない一冊!

1年前

ダロウェイ夫人

たまたま手に取った初のウルフ作品がとんでもなく面白くて一気読み。 土屋さんの翻訳もやっぱり見事でした。

1年前

パウリーナの思い出に

南米文学/短編集 え、ちょっとよく分からない。という展開が楽しい

1年前

森の生活〈下〉ウォールデン

「汝の視力を内部に向けよ。やがてそこには、いまだ発見されざる、千もの領域が見つかるだろう。」 春の訪れる章がとても好き。時折出てくる写真も心が落ち着くような素晴らしさ。 ソローがスズメが肩にのっていた事を、どんな勲章をもらうより嬉しいと書いてありじーんとした。

1年前

霧のむこうに住みたい

読後に「しっとり」とするのは、タイトルの霧という言葉から連想されるのもあるし、イタリアの情景や須賀さんの心持ちや穏やかさが存分に現れているからだろうか。

1年前

F88eefad 0ce8 432b a8ab f28f102a9a5cDbea8975 e92c 4a59 8a07 cbd61456d181Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f79342eca cdf7 4763 bb48 67386cbbd583735c8ef3 0ef3 40ad 9e17 3e404d96838d
感情教育(上)

恋愛小説+歴史小説×フローベール=!!!

1年前

軋む心

アイルランド人の作家と聞いて、なんとなく腑に落ちる。 でも弁護士を休職して書き上げたというのは信じがたい素晴らしい小説。

約2年前

Maman putain6 normalC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b
ずっしり、あんこ:おいしい文藝

読んだ結果、あんみつを食べた。 赤福、今川焼き、たい焼きなどを手元に準備して読むと良いでしょう。

約2年前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093F4c04302 3ecf 42e6 a34f 0f294f9f0518
愛のようだ

日産ラシーンに乗って、時にはレンタカーを借りて。 そこでかかる音楽と会話は日常生活を延長したような等身大のものだった。 奥田民生いいよなぁ

約2年前

8a323169 7751 4e5b 8253 c12a8b8021f4A23738c5 d990 48c9 9943 3a2750f89f1fE200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f41909B8a05296 9776 4f7d 96e9 ab67e19222e87096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848aBabf2a4e 1ede 4701 8008 e008892d800eC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b 9
北極海へ―あめんぼ号マッケンジーを下る

インディアンの村々を訪れながらカヌーで川下りをする面白エッセイ。 彼らの生活についても知ることが沢山あった。 お酒を売るか売らないかは住民の多数決で決まる事とか、狩猟の事も。 野田さんって日本の川を旅するで老若男女に人気があるのは分かってたけど、国籍も問わず人気があるようだ

約2年前