E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a

kasa

旅行や食に関する本、 海外文学、時代小説…

旅行や食に関する本、 海外文学、時代小説 詩集とか、色々読みます

160

コメントした本

収容所のプルースト

失われた時を求めて、を読んだことはないんだけど一気に読了。 複製された密に文字の書かれたメモ、それぞれのテーマ、引用される文章、一切の調べる術もないところでこれだけ記憶されている著者の素晴らしさに感服。 本を読む喜びを感じた。 ドガやボナール、ピカソもその時代なんだな〜 ボナール展にますます行きたくなった。

約2か月前

7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91bC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947b
ガルヴェイアスの犬

ポルトガルの小さな村が舞台、たくさんの人々のそれぞれの人生。 その土地に生きた記憶を読みながら想像する景色が楽しかった。 『誰にだって、運命の場所ってもんがあるのさ。誰の世界にも中心がある。』

約2か月前

78c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed85dd28ba 746e 43ae 834a b608569d3bb88fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766de3a03af32 960e 42e5 b407 59d6f987204545122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c910adfcc 0ae3 4037 972f 70b167ed1a17Icon user placeholder 35
五匹の子豚

初アガサ・クリスティー作品 読みながらテレビで見てたポアロが脳内劇場で活躍。 絶対このセリフ早口だろうなぁとか、ストーリーもすごく面白かった。 ジャスミンの香水で回想が明確になるところが好き

3か月前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
ペルシア王は「天ぷら」がお好き? 味と語源でたどる食の人類史

『価格の非常に高いレストランは低価格のレストランと比べて、食品の産地に言及する回数が15倍も多かった。』 分かるー! 日本の言語も料理も独特の習慣があるけど、全部が全部日本でうまれたものとは限らない。 はるか昔の貿易や植民地のことを食を通じて考える。

3か月前

D0b748b0 f477 48ff a74d 9c466f7cd23308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
五月の雪

9つの短編。 イタリアの恋愛、バナナの行列が目次にあった時点で、これ読みたい!ってなった。 マガダンがどの年代も舞台になっていて、ロシアの歴史や生活を感じつつ、情景を思い浮かべ読み進めた。 短編かと思いきやの繋がりが面白い ジュンパ・ラヒリを訳した小川高義さんがこの本を訳すことになったのがなんかすごく良いな〜〜

4か月前

Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b762d8198c1 1600 48f1 87c7 bdb334078bf79c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholderIcon user placeholder 51
すべての見えない光

時間を忘れて読むほどに、物語の世界に入り込んだ。 「ラジオ。それは百万の耳をたったひとつの口に結びつける。」 心に残るのは街の模型と電波。ドイツの歴史が重い

5か月前

B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a6541b9e00a 068b 464c 83a6 777b6ab8d954D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98694daeef9d 483a 4baf be73 c9876e4019b09fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1F80ec0c3 1a12 46e6 bbbc dafbc2a1f785C16ab514 e8b2 4bae 9fdd 09affeb3aee9 50
船出(上)

ウルフのデビュー作。 人それぞれ考えていることの多様さを、人物像を想像しながら読んだ。 後に表題作となるダロウェイ夫人も登場しており、同じ作家の本を読む愉しみがあった。

6か月前

美の世界旅行

岡本太郎の視点に尊敬し、共感し、文章に感嘆する。 インドには「時代」はない。太古と現代の間にはさまれて、平気で浮き漂っている世界だ。 旅行と美術が好きな人にはたまらない一冊!

約2年前

ダロウェイ夫人

たまたま手に取った初のウルフ作品がとんでもなく面白くて一気読み。 土屋さんの翻訳もやっぱり見事でした。

約2年前

パウリーナの思い出に

南米文学/短編集 え、ちょっとよく分からない。という展開が楽しい

2年前

コッド岬―海辺の生活

『永遠に陸地を洗う波は、あまりに遠くまで漂い、飼い馴らすすべもないので、親しく付き合うことはできない。日照り雨と海の泡を浴びながら果てしない浜辺を這うようにして歩いていると、われわれ人間もまた、海の泥から生まれたことが実感できる。』 森の生活の方が印象に強いソローだったけど、岬も詩人とふたりで探検した記録的なもの。

約2か月前

362f3c5a 4480 4574 a7a2 e765d0a514e2D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad832
トポフィリア―人間と環境

トポフィリアとは『人々と、場所あるいは 環境の情緒的な結びつき』 五感や性別、部族、移住者と通過者の見方の違い、ヴァージニア・ウルフの光の視点、メソポタミア‥ 景観の理解は、人間的な出来事の記憶と混じり合う時、もっと個人的で、もっと長続きするものになるのだ。 ヨーロッパと中国の風景画、都市計画、都市の墜落と田園の美徳 めちゃくちゃ読み応えあった。

3か月前

試行錯誤に漂う

この本を読むとfuzkueの阿久津さんが書いた読書日記が思い浮かぶ。 そしてフアン・ホセ・サエールの孤児を読みたくなった。

3か月前

4168a2e8 88f2 4b89 b224 b136732a4ddb6ab825bd 2ac5 4f41 8adc 26db311119757cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
ディフェンス

ナボコフによる前書き。 私がルージンに与えたのは私のフランス人女家庭教師と、私の携帯用チェスセット、私の優しい気質、それに我が家の壁に囲まれた庭で私がもぎ取った桃の種であった。 チェスが分かればさらに楽しめただろうけど、一気読みしたくなる作品。 音楽になぞらえて行われたチェスの試合は素晴らしいものだし、時折叙情的な風景が浮かぶきれいな文章もこの本の大きな魅力(さすが若島正さん)

3か月前

オープン・シティ

『音楽が、僕の孤独に占領されていない空間を埋める。』 『アメリカの黒人は他のアメリカ人と似てるし、他の人間と変わらないよ。』 クレスト・ブックスシリーズだからこそ知ったナイジェリア系作家。 ラゴスという地名にずっと前に読んだ旅日記を思い出し、コロンバスサークルに初めてNYに行った時のことを思い出す。 見知らぬアフリカの食事、聞き慣れない名前、パレスチナ、ユダヤ人、宗教、9.11。 ブリュッセルに来たモロッコ人の語り どこかでキャノンボールが出てきてYouTubeで聞きながら読んだ。 裏表紙に先日読んだアンソニー・ドーアが書評を書いていたのも、この本を手に取るきっかけになった一つ

4か月前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa408634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76C8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213Cbda62d9 aa40 4b70 8a5b 5026775b2156E25f204b ab82 4025 a799 ab64e11bd214 28
暗幕のゲルニカ

ピカソに魅せられた主人公。 原田マハさんの本を読むと、絵画を見る気持ちが変わってくる。 この絵にはどんなストーリーがあって描かれたのか、選ばれ展示されたのか。

6か月前

C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bBe90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a11fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93efAb6ab138 80d0 49e5 a094 7d6c280f8e04E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef416947Icon user placeholder 53
灯台へ

傑作。 そして大好きな作品。

約2年前

Icon user placeholderA64b9974 87c6 40ad bba0 d75f88dae89072f605aa 3795 433e b9f7 23c398e6dd7b0857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595c565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f24f83c3e7 22f2 4298 80af 1e325de168a6D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869 8
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

「自らの“労働”をお金に換えているのではなく、そこに費やす“時間”をお金に換えている」 「儲けるためではなく、自由になるために働こう」 社会人になって経済的余裕が出来ても、精神的な余裕が持てないと本当に意味がないと実感する

約2年前

372bdce8 8bff 4609 8874 27e6b00f4d569f5961eb bb63 461c a0dd 7dfdb577b22d2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e0371ef961b3 81f0 49f8 9519 151b6992948aF957de8d 92e9 438e a680 efc2a186ffac415f1b25 5e84 4c1f b2b8 15e35255c246 107
断片的なものの社会学

YouTubeで他人の結婚式の余興を見るのが好きだと言っていた人を思い出した。 そしてタイトルにあるようにちゃんと社会学。 関西人の面白さにも笑ってしまった。

約2年前

C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe5764d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce3818d25d5 1b01 426e 8e61 12d45e70c328Icon user placeholderD59b3adb 2ab9 420d 9ed0 8dd4e62a56b6Icon user placeholderIcon user placeholder 157
アフター・レイン

これこそ秋の夜長にぴったりという本だった。 心の奥へじっくりしみ込む短編集

約2年前