5ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a

かんちゃん

これからは、人材育成が企業の成長の鍵を握…

これからは、人材育成が企業の成長の鍵を握っている。人が育たない企業では、未来がない‼︎人材育成に関わる仕事を独立・転職含め考えています。今は、資格取得の勉強中〜弛まぬ向上心で。出掛けると、ついつい人間ウォッチングしてしまう^_^; 本が好き!少し活字中毒かも、、、

70

コメントした本

本日は、お日柄もよく

言葉の力を改めて考えさせられました。 結婚式のスピーチを3回お願いされた経験がありますが、その時にこの本に出会っていたら、もっと違うスピーチが出来ていたかも、、、なんて都合よく考えてしまいました。 ふだんは、A-STADIOの鶴瓶さんの最後のトークを聞いて、こういう話しが出来るといいなぁと思いながら聞いています。

7か月前

E7245062 a26c 4832 b620 d50414471cdd1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dD67eeca6 9bca 46e2 943d 161b31bd1f23Icon user placeholder562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbc88d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254fB5d94167 26a9 4781 bc73 155aaaedbe8e 137
青春を山に賭けて

学生時代に夢中になって読んだ本。 「淳子のてっぺん」を読み終わったら、なんだか無性に読みたくなり購入して読みました。 学生時代の時とはまた違った感慨がありました。 他の植村直己さんの本も読もうと思います。

1年前

32ae0ddd 4da0 4fc1 972b 8875ec54d0b07d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfBe2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f
ちょっと今から仕事やめてくる

ちょっとタイトルだけで、買ってみました。

2年前

2908537a a654 4bb6 9190 6d11bd831d0aIcon user placeholder1964fa06 963e 4d5f 8e36 3f0895a7cd19D7000eb0 1104 43f5 9d34 3797b7caa805Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5Icon user placeholder2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b 195
「一緒に働きたい」と思われる 心くばりの魔法 〜ディズニーの元人材トレーナー50の教え〜

当たり前の事が書いてあるけど、それを続けられるかが大きな分かれ道なんだと思う。

約3年前

Icon user placeholder0d38d5bd af37 40f6 a34a 0b0a9a65720bIcon user placeholderIcon user placeholder613f7c20 ba47 490c 853c a102b84e449aEe0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5
仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい

誰でも出来る事だけど、なかなか出来ていない事

約3年前

09bf80bf 02e1 4ffd a21c dbee19610d32Icon user placeholderIcon user placeholder0478ce2c c08f 4e4a ac6f 5c6d5e720d2eAba56b65 1e32 4c64 bf75 54feafbddb2f
社会人1年目からのお金の教養

読み書き計算と同じように身につけるべきリテラシーだと思いました。 もっと早くからお金の教養を身につけておきたかったとしみじみ思いました。 でも、始めるのに遅すぎる事はないので、早速できるところから実践していきます。

10か月前

814a707e cbb9 4697 9904 f9e3bff7414476341f4e cc59 4ac7 a842 947eaf42fa72Icon user placeholderD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0B524559e 279a 42aa 8b57 2271a5f3dd54
淳子のてっぺん

読み始めた翌日に、テレビで田部井さんの始めた福島県の高校生を招待しての富士登山をやっているのを観ました。 女性だけのチームでも、やはり色々な個人の思いや感情があり、男性だけでも女性だけでも組織になると大変なものなのだと感じた。 読み終わった日は、偶然にも田部井さんの命日となりました。なんとも、感慨深い1冊になりました。

約2年前

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921841a4c5338 9ae7 4aff 9faa ae2cb299b1c01525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad46502914a 62b7 4fcf b2d0 51bd350ec756Icon user placeholderIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 10
64 上

後半の展開には、一気に引き込まれる。

約3年前

A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c749Icon user placeholder7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851aIcon user placeholder05e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc7186282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c518Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 73