F58fc46b 5e32 4a8a aa61 302ce3a20852

lazy_planet

生きる力の弱い人なので、本や家族に救われ…

生きる力の弱い人なので、本や家族に救われて、生きてます。趣味→音楽、写真、本、旅、社会学。

2

コメントした本

婦人の新聞投稿欄「紅皿」集 戦争とおはぎとグリンピース

戦争と戦後の日常を市井の女性が語る、新聞の投稿欄。『この世界の片隅で』にも似た、どこか戦争の影がつきまといながらも何でもない日常を生きる姿がそのまま残されている。

約2年前

Ac8d108e 5079 478a aed5 65d512786199014253d4 6080 4951 9119 24735184a6963880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a863b68c49 e930 43fa 8da1 d3721fb32a86
週末カミング

装幀が好き。始まりと終わりの曖昧な週末、つながりながら新しく始まるそんな短編集。

約2年前

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51C71cc80d e588 4c3b 80f5 85c8b62b389d870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df
メメントモリ・ジャーニー

旅と死についてのエッセイ。読めば、きっと棺桶が欲しくなる。"意味のない人生には意味のない棺桶がお似合いだ"

約2年前

Faf14b11 b8ee 46f0 806e 2837316c0b43F6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5c0959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b34Aa6757ef 49bd 4cdc a2bc 62d90d107f14
きょうはそらにまるいつき

それぞれのよるに、ごほうびのようなおつきさま。等しくすべての生き物に温かく優しい光が注ぐ。慌ただしい日常で忘れてしまいがちなこと。

約2年前

手話を生きる――少数言語が多数派日本語と出会うところで

“聞こえないということは、ことさら認識し、受容し、克服しなければならない障害ではない。あなたは聴の子と同じように学び、遊び、よろこび、悲しみ、育つことができる。”ここで紹介されているのは、手話で育ち、手話で生きるもうひとつの世界だった。

約2年前

漂うままに島に着き

著者の内澤さんが小豆島への移住を決め、暮らしが軌道にのる過程を描く。わりとリアル。その中で、出会う人の多さに驚く。しかも小さな島なのに、面白い。

約2年前

0731509b 1626 4bd2 a788 59dbc54a3cbaPicture3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43
かなわない

とても強い力をもった本で、向き合うのがつらい。日々の苦しさを、ぼかすことなくくっきりと写し取っている。敵わないし、叶わない、そんな無力さとそれでも生きる強さが共存している。

約2年前

2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5A64cd30d 82d8 4029 bab9 6b73456360b10c0a9e37 6a00 44f9 af19 b6d64c2eedaeIcon user placeholder50d70d83 2014 445b a680 f09b8a70efc17759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026b79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7 69
最高の山ごはん

カラーブックスのような懐かしい装幀、野川かさねさんのその場の空気を感じさせる写真、そして言葉。素敵な山好き女子による山ごはん本。

約2年前

釜ヶ崎で表現の場をつくる喫茶店、ココルーム

釜ヶ崎のアートNPOココルームの代表上田さんによるアートと社会と生きづらさへの対話。問答集のような一冊。生きづらさを抱えて生きる多くの弱い人へ。

約2年前

「その日暮らし」の人類学~もう一つの資本主義経済~

アフリカの小商いについてのフィールドワーク。資本主義の行きすぎた生きづらい現代社会への処方箋として。

約2年前

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5B07f5688 1ed2 4102 a122 8b292238f74c
「小商い」で自由にくらす

店舗が無くても、暮らすだけのお金と、人のつながりを得ることができる。小回りのきく自由な生業を教えてくれる。

約2年前

9c8c8cfe 3a93 40ed ba26 46e1ada38306Ef690e39 b057 4f4b 9dd3 b364bf3be7b0
村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝

100年くらい生まれるのが早すぎた女性。今の時代にいたら、どんなにか心強いだろう。

約2年前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Icon user placeholderIcon user placeholder270fdc80 6914 4da0 9f52 78f824f75df226f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b8Dbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104fBede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61 24
パン屋の手紙―往復書簡でたどる設計依頼から建物完成まで

パン屋と建築家の往復書簡。優しく丁寧なやりとりの末にできる素晴らしい家。

約2年前

Cda577f6 55a7 45af 8c90 2ba5a74e1a2768e29a9f 8219 4940 89ce 92ad42cfc13cCe28e02c 9ada 481f 9277 f0f0636950f5Efb55701 9823 4955 9628 b09635b10d9f
本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録

リブロ池袋本店のマネージャーを辞め、新刊書店を開いた辻山さんの開店エッセイ。持続可能で求められ続ける、ふつうの町の本屋さんとは。

約2年前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326136dfb5e0 462e 4a23 bbfd be7d893c8f60Icon user placeholderIcon user placeholder1c6950e8 8284 45d8 b3ff 1bb6b48ae277E5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea2a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd 43
目の見えない人は世界をどう見ているのか

世界の捉え方という視点で、目だけではない世界の感じ方を教えてくれる。ふだん、目に頼りすぎて、おざなりにしている感覚がある。

約2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderD13ac351 6a8b 4f23 ae40 0869116ee6c0F7ecef65 b66b 44bd 801e be366b58310dC16ad50e abf4 4cb4 9566 f7fe65140893Icon user placeholderEf861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443d 45
はしっこに、馬といる ウマと話そうⅡ

馬と生きる、はしっこの与那国島の暮らし。馬と話すことで生まれる馬と人との関係、距離感。とても優しく、素直なコミュニケーションを教えてくれる。

約2年前

一汁一菜でよいという提案

土井義晴さんの食との向き合い方が好きだ。日常に根ざしぐつ、忙しい現代の働く人たちにも寄り添っている。ただ、丁寧な暮らしを提案するだけでない、確かな説得力のある提案。

約2年前

03384187 60ce 41bd 8693 20bc4d018c51Icon user placeholderE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b76a1bd81 cf0d 4f15 ac25 a03af1c0a3ee5106e22c d818 4bc7 92f2 940667568e6367b39fbf f825 4fba 81c1 72348fe9cd28A39204a1 e3ef 499b 9434 4119783df828 71
あとは死ぬだけ

中村うさぎさんの自伝エッセイ。まるで遺稿のような、しかし力強い生を感じる。悩み苦しんだことも含め、その生き方に敬意を表したくなる。素晴らしい人生だと。

約2年前

02170491 52b8 4ff0 a837 b69198bb8f85Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de9581ccb4 5156 4b3b 9779 ffa131ddd993E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c
コッペパンの本

地味に旨い食エッセイを書かせたら右に出るものはいない木村衣有子さん。コッペパンが食べたい。

約2年前

34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60A365d493 3156 47d6 a808 50bed03c2682Picture