Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
9bb098ab fc59 4bd3 9f59 689f25d4db26

ぴーなつ

読者好きな大学生です。

読者好きな大学生です。

11

コメントした本

盤上の向日葵

将棋指しなので惹かれて即読了。 育児放棄され虐待を受けていた圭介と唐沢との運命的な出会い 「将棋」は年代を問わないとても魅力的な競技であると同時に人と人との出会いはほんと偶然に過ぎないわけでそれがいかに重要なことか。 重明の真剣の場面では、盤上に"命"そのものを投下した男たちの生き様を見ることができて、普段自分の指している将棋とまた違って魅力を感じることができた。 将棋の場面が出てくることは多いが説明もあるので将棋のルールを知らない人もその気迫を十分に感じれる作品になっていると思う。

約2か月前

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad494d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3Icon user placeholderIcon user placeholder1638af4c e32f 4e25 a746 c60199761998 10
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論

大学に入るため徹底的に暗記をしましたが中高からの暗記型の教育に対してずっと疑問符がついていました。これの一体何割が将来いかせるのだろうか、と。本来の学校の作られた意図を読み解くことはとても大切なことであり、わざわざ高い学費払ってまで大学に行く意味ってなにかなと一考しました。

7か月前

4a8519d0 fe16 472b a13c 945e37858a40Icon user placeholderIcon user placeholder9c4fc193 670c 4780 94b1 83749ea9a24bIcon user placeholder174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f7Icon user placeholder 43
「死ぬのが怖い」とはどういうことか

死生観が覆りました

1年前

B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53daDbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f
君の膵臓をたべたい

久しぶりに読んだ恋愛小説。 内向的で他人と距離を置いて恋愛に疎い僕と高校の頃の自分が完全シンクロ。 余命幾ばくの咲良の一言一言が見に染みて反芻していました。誰も明日生きていられる保証なんてただ漠然と毎日を過ごしていた自分がいたことに気づきました。 『一日の価値なんてだれにも変わらない』 『運命や偶然なんて存在しない。流されてもない。自分の意思で選択してきた。お互いの意思で出会ったんだよ』 とても深い意味に思えました。 死があるからこその生。今を必死で生きることがいかに大切か。

6か月前

8ab15775 d3be 4792 9489 7c2839d96c023c943a73 9ccd 4150 a260 c59bf2783ac7Lbb1pwey normalIcon user placeholderBf3de470 7411 47f6 89d1 f87ea836dca280111638 be34 4d57 94d5 59f57824a6c3A325154a a9cd 442f b75b 193af01b5cac 444
星の王子さま

19歳の時に出会いました。 私たち誰もが最初は子供であったがそんなことを覚えてる大人が一体何人いることでしょうか。出版当初から70数年、これほどまでベストセラーになったのは、星の王子様が時代にとらわれない、人類の普遍的な幸福原理を的確に見抜いてる点にあると思います。 ”本当に大切なものは目に見えない、心で見なくちゃ” 世の中の出来事は本来自分に中立的で良いも悪いも存在さない。見かけだけにとらわれては行けない。 大人にも是非読んでほしい一作です。

7か月前

9f7a896d 3e0d 45f4 b79b 49d552e274879ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3Ec0ee646 174e 4e3e b7a5 879d1e90656f7b0a4b4f 15bb 459d 81b7 1f8ea60901d23a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aaA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b328a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c4 94
将棋の子

将棋にそれぞれ思いを馳せそして夢を叶えることの出来なかった元奨励会員達にスポットを当てた本作。私も将棋を指すしますがプロを目指して毎日強いプレッシャーの元で凌ぎあってる奨励会員に尊敬の気持ちを抱かせました。 特に成田と両親のやりとりは印象に残りました。我が子の夢を必死になって応援してあげる両親に感動しました。その分夢を叶えることが出来なかった時のショックも大きかったことでしょう。 将棋を指す人には勿論真剣に何かの物事に取り組んでいる人にオススメしたい作品です。

1年前

Default profile normalFa92a01b b518 44fb 92d2 9fd9d02bd3876afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc373396ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31E68aaa16 ddf1 441d be4c d8d905b03030