A647f3dd 8b9f 4d2b 94c5 18422f36d854

ゆすら

本の虫。なんでも読むけど腐りがち

本の虫。なんでも読むけど腐りがち。時々真面目で時々病んでます。 その日読んだ本、昔読んだ本、思うままに。

61

コメントした本

男ともだち

久しぶりにすごく好きな小説に出会った。 タイトル通り、男ともだちがいる女の話です。 私は男友達とか、異性間の友情というものを微塵も信じられない人間で 読んでいて激しく羨ましく、そして不思議な気持ちだった。 これを恋じゃないと思えるのは、性が絡まないようにできるのは、何故? 私はこの作品に出てくるSMの女王さまだったという彼女の立ち居振る舞い、考え、言動がとても好きで 主人公がファザコンだ、と話し始める最後の方のくだりは自分のことを言われているようで何度も読んだ。 主人公に投影したり、他人の人生や生活を遠くから見ているつもりでいきなり後ろから刺される。 これは私が小説を読んでいて1番楽しい瞬間で、なかなかないことだけれど、この小説は見事だった。

約1年前

7dde3365 4643 40e3 9ed7 37d3eb2c568e81bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5Icon user placeholder 28
放浪息子 (1)

男になりたい女の子と 女になりたい男の子と 女になった男と 女になりたい男の子を好きになった女の子たち そんなふうにいろんなジェンダーの人たちと友達と家族や恋人が出てきます。 小学生から始まって、高校生まで彼らの成長を、悩みを、葛藤を その子たちの友達や恋人や学校や家族を 一緒に見守り続けた私の大切な大切な漫画です。 自分らしく生きるって、性別って どういうことなんだろう、何だろう、と 何を思って、どんなふうに生きて どんなふうに悩んで、周りはどんなふうで… そんな色々を、一例だけど、でも彼らは私にそれを見せて、教えてくれました。

1年前

A64b9974 87c6 40ad bba0 d75f88dae890012ca461 9941 4793 9285 39d36b4c25fb10653d97 d23b 4dd4 976f 7eddc9e7ecb712be6922 3841 4c23 b386 91bd9517b883Ac667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c4536Dc63dd8e 427b 4abb 98ca b52941f377895235cf1c ad95 4d17 a234 e8aca9f68f3d 9
愛情生活

本当にタイトルと内容がこんなにもピタリ一致な本は見たことがない。 陽子さんがただただ旦那さんが好きで、一緒にいることが楽しくて嬉しくて、ひとつひとつを愛おしく思ってることが、 これみよがしでもなく、過大でも誇大でもなく、衒いもなく、縷々書かれているエッセイ。 こんな本は初めて読んだ。心底驚いた。 荒木みたいなパートナー、私は絶対持てないなぁと思う。耐えられないなって。怒りや複雑さも感じつつ、それでもスタンスが全く変わらない陽子さんの愛情とカラッとした感じは本当に本当にとても素敵。 あと書かれた年代が、一定以上の年齢層にはすごく懐かしく、想像に難くなく蘇るだろうと思う。ところどころの写真からも濃密に漂う時代の気配もまた、よかった。 本当に過不足のない、完璧な一冊だと思った。すごい。

1年前

9727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbb3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a871e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e956f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f87607e1c1 00bc 41a5 adec 2838ed2636c4 9
かわいいおバカくん

個人的に今年初大当たりでした。 ほんとにおバカでピュアな褐色の受けがひたすらかわいいえっちなお話でした。 最高でした。

1年前

Cc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d1806929b6e9 eec8 4b75 ba29 9f778edcef0a434df1eb ab2b 476e a263 2cfc42d67e750959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b34B880ab37 30d1 4c9d 863d d385eee35c430b98f3bf 07f7 4bd7 9a10 d1c639f31b32Fec20a20 b4e7 4b2a a72e 227bcda13a01 10
ダーリンは71歳

なんというか色々度肝を抜かれる本であった。 個性の強さもすごいし、飾らなさもすごいし、そして何よりラブラブな2人がほんとに微笑ましかった。 しかし度肝を抜かれた。

1年前

F67a58ad d731 4233 a620 485ea92874bc412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4
放課後の不純

新刊でおはようからおやすみまで、を読むにあたって、前作だと知って買いました。 この本を読む前に、スピンオフ?の別カプ本をたまたま読んでいたので、初めて私の中で話がつながってなるほどー!となりました。 不器用な初々しいすれ違いや、相手を思う気持ちがとってもかわいいです。 恋ってこういうもんだよねえ、と思います。

1年前

夫のちんぽが入らない

読み終わって「もういい、休め…休め…ッ」と本気で思いました。 これが小説なら、胸糞だなーとか、さらりと流せるのですが エッセイなだけに読み終わってからもしんどくてしんどくて、いろんな気持ちがぐるぐるしました。 夫のちんぽが入らない話ではあるのですが、そういう下ネタ的なお話ではなく、 ものすごくざっくり言うと「夫のちんぽが入らない欠陥品」で「仕事も続けられず」「免疫の病気になった」妻と、「こっそり風俗に通いながら」「仕事を頑張り続け」「パニック障害になった」夫、この夫婦の本当に文字通り心身ともに傷だらけのエッセイです。 引き込まれて一気に読みました。 何箇所か読んでいて笑ったりもしたのですが、それは「こんな時は笑うしかない」という諦念のような、やり過ごすための笑いだったと我ながら思います。 今うまく感想がまとまらないほど、苦しい話でした。 すごく話題になっているようだったので買ったのですが、このエッセイが話題になっている背景が気になります。 タイトルのインパクトの話題性はもちろん、みんなちんぽが入らなかったり、夫婦のことで人知れず悩んでいるのかな、と。

約2年前

3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e772424a40ddd fe3b 4a69 84ad 011f9f2c283c65b5ae23 e1b4 49b0 915b cde58698d4bd 145
雷神とリーマン

荒んだときはこれを読みます。 雷神と、リーマンの、ジャンルで言えばBLになるのでしょうが なんというか、そういう話ではないです。そういう話ですが。 好きな人がいることの幸せ、好きな人と食べるご飯が美味しいとか、一緒に見る景色がきれいとか、 自分が何気なくすごしている日々の、見落としてるひとつひとつの幸せを再発見する本だと思います。 一人暮らしで社畜なあなた(私)に、オススメです(笑)

約2年前

A85d022e 37bb 4aad 8311 98a884c044ab078140ac 3dc7 41f9 a497 3422e719a306
ビッチなあの子の言うとおり!

ゲイビ男優の楓ちゃんを拾ったDT大学生のお話。 楓ちゃんに煽り、ほんとに煽られる。楓ちゃんえろかわいいです。 でもそんな楓ちゃんもかなわない、DT大学生最強です。 かわいいカップル(^ν^)癒されました

約2年前

腐女子のつづ井さん2

わかる〜しかでてこないです。つづ井さんほんとに天才です。 こんなにわかりやすく簡潔に、腐女子のあるある日常を描いてるエッセイは他に見ません。 オタクがどんなに忙しく、どんなに日々豊かに、どんなに経済を回してるか オタクが普段どんなことを考えたり話したり遊んでるか、あっさりさっぱり描いてあります。 オタクや腐女子がわからない、気持ち悪い人でもさらっと読める気がします。

約2年前

E829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc745c606a6 fcba 4119 ad14 8bc96e4de7c1A0cdfa53 e259 4f1c 96c0 2fe3163259e1
よるのふくらみ

久しぶりにすごくいい本に出会ったと思いました。 幼馴染、兄弟、親、よその家庭、夫婦、恋、友情、 いろんな関係の人たちがいろんな立場や視点で男と女というものを書いています。 女の性欲っておおっぴらにあまり語られなくて、でも男の人と本当は別に変わらないし時には男の人よりはるかに強い。 うろ覚えですが 「女のあんな存在感と迫力で勝負に出られたら、男なんて最初から負けてる」 みたいな一文がありました。 女の強さや性欲や腹をくくった時の怖さは、男の人はあまり知らない分余計に凄みがあると思います。 全編通してかかれる女のグロテスク、生々しさ。 男の弱さと強さとかわいさ。 私はよくわかるなぁと思いました。 男性はこれを読んで男を、女をどう思うのでしょう。気になります。

1年前

289c3885 012f 4353 974f ba5fa8ad8d2d6336f888 e4c0 4c88 9eb2 3a4fefb6230086a07d85 728b 4ca9 8638 7f12b41649fcCa844be3 9a1b 49fe 9a82 021e003fe284Icon user placeholderFae9c5a6 c025 4d49 81c0 0e06a4ec2604Icon user placeholder 31
君の膵臓をたべたい

涙は出なかった。 悲しくもならなかった。 でもこの本の、この著者の力はすごかったです。 ひとつはくっきりと情景が浮かぶこと。 場面場面の風景も浮かんだことはもちろん(行ったことのある場所があったのもありました)、 私の中に自然と、しっかりと登場人物ができあがって、読みながらその子達の会話をブラウン管越しに見ているような、ドラマや映画のような「生身さ」を読みながらずっと感じていた。 そんな作品には久しく会わなかった気がして、嬉しく驚きました。 もうひとつは、登場人物の描き方。 名前がついて出てくるような、主要人物はかなり少ないですし、主要人物がほぼほぼメインに話は進むのですが 決してその主要人物たちだけで話が進まず、完結せず、 その他大勢の気配がリアルな距離感で書かれていました。 書いてて気づいたのですが、登場人物との距離感も風景も、全部焦点の当て方がすごく上手いんじゃないかなと思います。見せたいものの表現や熱量なんかがどれも自然なんだと思います。 1作目しか知らないのでわからないですけど、これはちょっとすごい作家さんかもしれません。

1年前

83c089af 2bcb 4854 931b c9a73a1ca6ccIcon user placeholderFd260288 a140 4c37 bfc5 b0672ba0ec4cF1cfa87b 9de3 4b01 af57 1f86cba70f858892e6a4 72d5 4429 bf3b f93905558cfe6ca31c9d d608 4c92 a4f3 f2f8c75fa949A12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c38361 600
ギヴン (1)

今年大当たり2作目。 3巻の表紙を見たときにいい予感がしてまとめ買いして読みました。 バンドマンの男の子たちのBがLするお話です。 高校生のボーカルとギター、大学生のドラムとベース、他にも楽器弾きが出てきます。幼馴染も出てくるし、クラスメイトの女の子も出てきます。 とにかくバンド好きにはたまらない設定ほんとずるい。好き。 内容は惚れた弱み大会だなーって感じですが、 どうしたって替えのきかないくらい、人を好きになること、その人を失うこと、また歩き出すこと。そんなお話です今のところ。 どちらかといえば暗いお話です。好き。

1年前

A85d022e 37bb 4aad 8311 98a884c044ab0e0ae9ad 1063 472e b241 8851f517b2eb434df1eb ab2b 476e a263 2cfc42d67e75Cb435903 c605 496f 9554 5200b0485702
クレープ屋で働く私のどうでもいい話

Twitterで時々見かけて、しみじみ面白いなーと思っていたので買いました。 接客の大変さも垣間見るけど、何より世の中いろんな人がいるなあと思うし、筆者のコメントもなんともかわいくて、とにかく面白く読みやすい、癒される本でした。 こうやって筆者のコメントを添えて、絵でみると、全体的に人間っておもしろいしかわいい〜と思えました。 こういう、お店側からのdisにならないお客さんの話、なかなか聞けないし、かなり興味深いです。 そう、この本は客のdisになってないのが本当にすごい。 楽しいし面白い本です。オススメしたいです。

1年前

おはようからおやすみまで

放課後の不純の続刊です。 高校生だった2人が大学生になって、少しずつ成長していくのがなんとも甘酸っぱく素敵でした。 好き合ってる2人には、その限りずっと一緒にいてほしいです。

1年前

3192efb1 0be3 4e90 9ee7 e9792a0438b0E829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc7
家族になろうよ

こんなふうに世の中のどんなカップルもどんな家族も堂々と家族でいられたらいいのになーって、本当に思いました。 乱暴な言い方をすると、当人同士が幸せならいいじゃないか。どんな家族だって幸せならいいじゃないか。と思うんです。 ほっこりしました(^ν^) 今回は話の展開がちょっと詰め込んでる感じだったので、もっと長くかいてるバージョンも読んでみたいです。 長くこの子達を見てみたいです。

1年前

Cb86a11f 0904 4bd6 9c51 78db67a7e929Icon user placeholderA85d022e 37bb 4aad 8311 98a884c044ab3192efb1 0be3 4e90 9ee7 e9792a0438b005b76f0f 8b0c 4d32 9574 36be340def8178ccfe28 320c 47ef bd47 b0696b4f2613
乱と灰色の世界 1巻

ファンタジーです。 魔法使いの一家と、その従者?さんたちと、お金持ちで女癖の悪いイケメンな男の人と、小学生がでてきます。 詳しく書くとネタバレするのでざっくりお話しすると、 小学生の女の子、乱がおっきい靴を履くと外見が大人(?)になっちゃうことで起こるドタバタ…とはいっても決してコメディではありません。ラッキースケベもそんなにありません。 でも恋も友情も家族愛も、全部書きつけられています。 他の方のコメントにもありますが、モノトーンの画面なのに、不思議とカラフルに見えます。キラキラしていきいきしています。すごい。

約2年前

C6a3bdef 58b3 4cc9 8d3a d8d24b1693bf15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5deIcon user placeholder32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66Icon user placeholderB0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1e43e3babf 4372 4c59 9309 be61c434b905 14
悪いものが、来ませんように

女性性というか、母とか娘とか、つまり女について書かれたミステリー?小説でした。 ネタバレを避ける書き方をするとさっぱり伝わらなさそうなのですが、とにかく途中何が起きたか把握するのに時間がかかりました。 あまりにあっさり裏をかかれてしまって。 個人的に好きな小説とは言えなかったのですが、でも裏をかかれて、その把握に時間を要するあたり、うまいなあと思いました。

約2年前

Icon user placeholder3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder0d4f8c60 157b 40c8 9bae b3d8b7ea1e4b5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41 34
乙嫁語り 9巻<乙嫁語り>

不器用なパリヤさんの話の続きがメインです。 私はシーリーンとアニスの百合百合しいお話が全編通した中で1番好きなのですが、四コマでちらっと出てきてきゅんきゅんしました。 時代や国が違えば全然違う価値観や事情や文化があります。 このかたの作品は感情表現がとても自然に押し付けがましくなくごくごくさらっとかかれているので、出てくる人たちの気持ちに沿って楽しく読めると思います。 ほんとにきゅんきゅんしちゃうから!

約2年前

82601801 ea3f 44cc 87ab f777bbe715d0Bed93fd7 a131 4414 a05b 85369ad6e6c519417329 4e84 446d b72e 809e2c04caae
鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2

2巻です。 猫あるあるがわかりやすく愛情たっぷりに描いてあります。 猫あるあるというより、愛情に目を細めてしまうエッセイだと思います。 笑わせるのはやめてくれ!と思うほど笑えます。

約2年前

9b149ba8 5f14 465f 82f6 f70d586b85bdE829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc7Eb3bd792 51c6 457b a413 6c0ee8cdd4f19e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453