417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

大学4年 理系

大学4年 理系 宮部みゆきさんが好きです。

68

コメントした本

悲嘆の門(下)

誰も自分からは逃れられない。なぜなら“言葉は蓄積する”から。この言葉こそが『英雄の書 』と『悲嘆の門 』を大別するキーワードになるように感じました。英雄とはなんなのか、そのルーツを描く今作ですが、主人公があまりにも現実的で、ほんの少しだけ正義感が強い青年が、"物語"に酔って英雄に成っていく様は、見ていておぞましくもありました。誰にでも、英雄に魅入られる瞬間が訪れうるのだと、その時に踏みとどまれる世の中であればいいと、切実に願います。 『英雄の書』の主人公・ユーリや、キーパーソンであったアッシュも重要な役所で登場していて、胸が熱くなりました!

8日前

F1c12f28 3dbf 456f ab71 7d63cf97e576D2c89409 68e7 4b60 8b90 098cd0a0ea22Icon user placeholderB991bbc6 1e36 4b72 bb18 28697f07368a0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453Bbb39884 bff1 42f3 b207 c4b411623b37 13
火星に住むつもりかい?

いい意味でタイトルに裏切られました! 「正義」をテーマに描かれた本は沢山ありますが、恐らく悪役と思しき平和警察側の正義を突きつけられる本作はとても斬新で、正義についての認識を改めさせられます。比較的ダークな展開続きに目を瞑りたくなる心地で、正直読むことがしんどいシーンも多々ありました。 どんなに辛いことがあっても、置かれた場所で生き抜くしかない。でなければ日本を出るか。そんなことをしても、諸外国はこの日本社会の延長線上に存在しているのだ。それでも逃げるとしたら君は、火星にでも住むつもりか? 這い蹲ってでも闘えと、力強く言われた気がしました。

9か月前

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38De620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a7999fcfb 221c 4fb9 9315 8a97689ca285Icon user placeholder1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01dE3861a8c 223e 4241 b623 a8d3adf05d24113540f5 5b15 4481 9377 a7d6a1f51c57 132
砂漠

伊坂さんの中では異色の青春小説で、個性豊かでてんでバラバラな主人公たちが、無理だと分かっている奇跡を、それでも起こしてしまう力を持つ、とても素敵なお話でした。この本の中では西嶋という、一人の男が出てきます。主人公と正反対の性格で、実際に存在したら日本社会から排他されてしまうような、俗に言う"空気の読めない"人物なのですが、何故か彼に惹かれて止まない自分がいました。物事の矛盾を、何故ダメなのかと簡単に言ってのける彼の熱い想いに、羨望に近い感情を抱かずにはいられません。誰しも心に西嶋がいて、時にバカを承知で突っ走る、そんな気がしました。理屈で動く鳥瞰型の主人公の最後の台詞に、「そんなことはまるでない、はずだ。」とありますが、はずだ、の3文字に、西嶋に心動かされた証が確かに示されているのではないのかと思えました。 今、目の前で泣いてる人を救えない人間がね、明日、世界を救えるわけがないんですよ

9か月前

8bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e8fee7bb5 af1b 46b8 aa31 ba5f73bd49e7Icon user placeholder9bd55003 c6a9 4d11 b25d 252e03cd88a4Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32aE39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007b2a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c 212
ワイルド・ソウル〈上〉

この本の全てが正しいと鵜呑みには出来ない。そう分かっていても、国家という存在に対する恐怖の芽を植え付けられた心境である。力強い文章、登場人物達の緻密な心理描写、そして下巻に続く先の読めないストーリー展開にまんまと洗脳されてしまいそうになった。 暗雲立ち込めるような上巻のラストに、物語の行く末が気になってしょうがない。

11か月前

Fdd21047 a80d 4bf5 ab8d 014cae525a96Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderE9118cf1 c3da 488c 85db 21fa174e142255ee6bfa 133a 47bf 9099 e1826ba649570102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34 14
新世界より(下)

強烈な余韻に、読後しばらくの間打ちのめされてしまいました!こんなに力のある物語に出会ったのは久しぶりです。 設定の細部にまで凝らされた真相に、息付く暇もなく驚かされるばかりで、結果主人公と一緒に何が正しかったのかを熟考させられました。 人の本質を、"化け鼠"を通して読者に訴えた貴志さんの、強いメッセージを感じる一冊です。

約1年前

8bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaEfd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51Dfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c03bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9Icon user placeholderIcon user placeholder 50
新世界より(上)

世界観に酔いしれる、という感覚を久しぶりに体感しました。ファンタジーとして架空の日本を舞台に描かれており、そこでは歴史の醜悪さは周到に隠蔽され、その影響で幼子のように純粋無垢に育った主人公たちの何気ない一言に、核兵器諸々含め現代社会への痛烈なアイロニーを感じました。 堅苦しい理屈を必要としない子どもの感性が、時に物事の真理を言い当てるのだと思います。

約1年前

8bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aa573299ca f199 4081 8005 182329ae072c9203852a 2dc8 47d1 8dde 09fd3605a723Efd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51Dfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c0Icon user placeholder 89
旅のラゴス

このお話は、全くの異世界なんかじゃなく、どこかで私たちの世界に繋がっているんだろう。滅びてしまった科学技術の発達した世界はきっと、地球の未来の可能性を示唆しているのだろうなと感じた。 さて、完璧なSFではあるのにどこか現実主義な登場人物たちと、ほどよく人間くさいラゴスの織り成す旅に、なんだか私までスカシウマに乗って世界を巡ってきたように感じる。重厚な世界観に囚われるこの感覚には、一種の麻薬作用があるのかもしれない。 「旅の目的はなんであってもよかったのかもしれない。たとえ死であってもだ。 人生と同じようにね。」

約1年前

7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66f3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaB46bc3c4 6279 4489 9c62 8eb16ad583bb9d11fff4 b681 4946 9658 e5a0bf4be8de73d14990 ac36 4b30 842b ce8f28944786Icon user placeholderCbc9f112 a296 4a3a 8e9a a66254f3d0c7 251
対岸の彼女

歳を重ねるごとに人と関わることを億劫に思う気持ち、とても良くわかります。過去に傷ついた経験が大なり小なりそれぞれあって、足枷になって、臆病になってしまう。そして、そんな世間の理想像とかけ離れた自分の姿に嫌悪感を抱いて、自分の殻に閉じこもってしまう。悪循環。そこから抜け出すためには、対岸の向こう側にいるような正反対のだれかに出会い、向き合い、繋がることが必要なのでは。 いや、例え意味の無いことだったとしても。 「また出会うために、前に進もう」

約1年前

7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66fF418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e03733d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902Icon user placeholder1c564295 04d4 4f4b 8c1a 9245897d05cb8ca49ed2 0305 45aa 80c9 2b68da2326fa70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f 30
地下鉄に乗って

地下鉄に乗って、あてどもなくどこかへ行きたくなる話。郷愁の念や寂寥感で満ち溢れた、木枯らし吹く秋のようにもの寂しい世界を、まるで真次と一緒に歩いてきたように感じた。そしてその隣に、アムールが肩を組んで笑いかけてくる様子が目に浮かぶ。 人も時代も時が経つにつれて変わっていくものだけれど、決して変わることのない真実もあって、それは見つかりにくい場所に隠れていて、時に泣きたくなるほど切ないものだと感じた。

約1年前

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a05c8ff82 31eb 488d a7ba f3b6f870f27cFaa14d78 c18c 4197 bea5 86ea82f89162D8114127 1e5c 4c7e 91bd b3259836a4d6D9a39f79 d755 4528 a394 95e0cc22f7fb13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c726c25d97 1156 42f8 955b 3db2d3d623d6 17
マスカレード・イブ

やっぱり主人公2人がとてもいい味を出している作品で、相変わらず引き込まれました。 同シリーズのホテルではあかされなかった過去や出会いが描かれていて、より彼らの矜持や信念が色を持って表現されたように感じた。 今作では暴かれなかった仮面が随所に散りばめられていたが、次作でこのシリーズの要ともいえるマスカレードがどのように活かされてくるかが楽しみです。

1年前

Dc21208d 0f4c 4c51 838b fd9dad4f5b4f99d0b463 c42f 4437 811a b42a6fc81c9231d60434 e18e 413e 8474 354e8ed72e05Df1abb6d 4f5d 4a5b 8d8e 4e27277166e95e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Df5b43b4 8197 4c44 80d9 eaf1fae88867Icon user placeholder 83
オーデュボンの祈り

荻島に登場するみんなが個性的で、愛おしい。未来が見える案山子を筆頭にしてお調子者の日比野や轟の熊おじさん、嘘しか言わない園山に足が不自由な田中、人殺しのルールである桜、百合ちゃん、草薙、若葉、双子の姉妹。何かが欠けているこの島で、何かしらの役割を持った彼らの行動が予想出来なくて理解し難くて、一気に引き込まれました。常識の概念を曖昧にする力が、この物語には秘められていると思います。 桜が植えた種が、芽吹いてくれるといいな。

8か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c9dc57912 f26e 4b70 9dcc 41d09802a04e33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869023e13db21 0b9e 4fc7 b41e 05da2c3f46d0 175
物語のおわり

人の数だけ物語がある。とはよく言ったものですが、この本はまさにそれを体現しています。未完の短編小説ひとつをとっても、三者三様の解釈があり、それらは読み手の人生経験に基づいてがらりと表情を変えていました。各章ごとに主人公たちが『空の彼方』を要約して説明するくだりが含まれるのですが、それもまた作中の読み手でまったく異なって、こんなにも違って見えてしまうのかと興奮を覚えました。 自身を投影して、小説の結末を想像し、そして自分の悩みに何らかの終止符を打つ、なんて力強いお話なのでしょう。全体を通してそう感じました。出した答えが必ずしも正解とは限らない、それでも今の自分にとって最善であると信じて前を向く主人公たちの姿に、ちょっぴり湊かなえさんらしくない、未来への希望を感じさせる1冊だったと思いました。

9か月前

B45a3ddb 5900 4cf9 977e f5662606271656758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cEf3b8e78 fa0d 4ec8 be2d 71ff59390c61F92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec16496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b73bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9 52
ワイルド・ソウル〈下〉

大きな荒波を巻き起こした犯人たち、一人ひとりの抱える問題に真摯に向き合ったラストだった。すべてがハッピーエンドではないし、とても褒められた所業ではないが、彼らの正義が確かにそこにあった。巻き込まれた側の貴子さんの、次第に自らの信念の元で成長していく姿にも心が熱くなった。最後、日本政府による過去の過ちによって、暗闇の中でもがいてきた彼らの未来に光が差すように感じられる描写で、私までブラジルの陽気な大地に足を踏み入れた時のような晴れ晴れとした気持ちになれた。

11か月前

Fdd21047 a80d 4bf5 ab8d 014cae525a96Icon user placeholder0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34Ce91adb0 0ccb 47b6 b18f c31d78e5b00b3042f1e8 3301 4f0d a249 ccee542eedbe
落下する夕方

どこか不安定な登場人物たちを一歩離れた場所から俯瞰して、付かず離れず見守っている、そんなストーリーでした。15ヵ月かけて失恋する主人公は、華子という魅惑的な女性と時を過ごすのですが、誰からも執着される華子が、私には誰よりも孤独に思えます。彼女が唯一心を許したのは、決して許されない相手だったのでしょう。彼女が逃げていたのは、生きることからだったのでしょうか。 結局みんな、一人では生きていけない。相互に依存しあって、執着を愛だと錯覚する。気付かないふりをしながら、緩やかに堕ちていく。

約1年前

761cc491 2dfa 46e5 bfb1 d5fbcaec9228536e84d6 c9f3 4e6e 832a a91ecbf069a2Icon user placeholder4266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce58Icon user placeholder5f459b8d 75b0 42e4 9cac bc368d8d7a8e000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8 78
新世界より(中)

とにかく設定がお見事です。未来の人間社会だけでなく、付属設定のように考えていた八丁標の外の生態系に、そんな秘密があるなんて。バケネズミの動向からも目が離せません。 魅力的な登場人物、世界観、そして章末ごとに仄めかされる伏線、そのどれもがこの先どう予想を越えていくか、想像するだけでわくわくします!

約1年前

8bd418a8 d4e9 4159 9418 0a9a5950206e3db51df0 af67 4e44 8e91 44a0026119aaEfd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51Dfbd1143 4c06 47d5 b974 471791c7d8c0F76b7470 f449 4b91 aa64 c9ef4fc60f54Icon user placeholderC06c8117 e1ff 464a a0b3 a143c2552a59 50
マチネの終わりに

恋に生きることとは、歳を重ねるごとに至難の業になるのでしょう。過去は今の自分を形成して、全てを投げ出すには、あまりにも多くのものを背負いすぎてしまっている。でも、それが悪いことでは決してない。幸せのかたちは、ひとつではない。一番欲しかったものを諦めることで、多くの安寧とした幸福を得ることが出来ることもきっとある。 作中には「過去は変えられる」という表現が多用されているが、これは心象的な面を指している。変わらない事実と移ろいゆく心情と、どんな形になっても変わらない"愛"。というよりも、"愛"はどんなに形を変えても、自分を形成する過去のどこかで、静かに日の目を見るのを待っているのかもしれない。 大人の恋愛本と謳われた、納得の1冊でした。

約1年前

E39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bE5560b76 4db6 4a39 977e cfee57e969e025e181a6 c00b 4e37 9584 6ec45682f616F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0B4c39e33 cdef 49e9 9630 2ec692a56a65Icon user placeholderIcon user placeholder 259
忘れられた巨人

この本のタイトルが、こんな真相を秘めていたなんて。一貫して記憶という不確かなものを導線に、現代社会に通じる問題を絡めてあって、それでも、暗雲立ち込めるストーリーのなか夫婦の揺るぎない愛が優しく光を照らしてくれているような…哀愁漂う一冊でした。 読んでみて、結末も読者一人ひとりの記憶や価値観に委ねられているのだろうなと思います。 個人的にはアクセルのベアトリスへの「お姫様」呼びがとても好きでした!

約1年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholder47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043Cb6fee81 97ab 4c85 9b00 6906ef9481a04e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc312e7492 85a7 4c97 8b6e f2f2d7b9070eD1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c 70
さよならドビュッシー

なんて哀しい旋律なのだろう。 熱く滾るような躍動感溢れるストーリーで、登場人物たちがもつ音楽に対する想いが緻密に描かれていた。そのなかで一貫して流れる物悲しいノクターン。真相がとても切なくて、驚きよりも深い悲しみ、絶望よりも微かな希望をもって明かされたように感じる。 悪足掻き、してみたくなる1冊です。

約1年前

Icon user placeholder655eb3fd 0494 46e0 884c 75d41cc19429Cc69e19e 228d 4573 8b34 8afa3d3a97a633d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869028892e6a4 72d5 4429 bf3b f93905558cfeE68064e5 e4bb 4e45 a378 4132a9c51883F4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc3213 62
教団X

文学と化学の魅力を1冊に詰め込んだ作品。宗教的な概念に関心が薄くても、宇宙原理について無知であっても、ただただわくわくすることが出来ると思う。知識があるとなおよし!読了後、世界を見る自分が肉体からずれて感じるかもしれない、もしかしたらこの本自体が一種の洗脳なのかもしれない、そんな力を感じた。

1年前

4d32d8bd 8834 49c7 baa2 ade3fb8458fbIcon user placeholderBd8f3330 2419 4e46 98d1 93401f905de00107fc93 5315 4e72 9f9b 52cbc63bd2855920b1ba b31a 4eb7 88dc f3328626c08466514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832dIcon user placeholder 68
豆の上で眠る

湊かなえさんらしい、物語の謎が解明されても本当の意味で解決することはない結末。 人生は往々にしてそんなものだろうと吐き捨てるもよし、作者の最後の投げかけに対して自分なりの答えを模索するのもまた一興なお話でした。 個人的に苦手な湊さんの本を、思わず手に取ってしまうほど魅力的な帯の謳い文句に脱帽です!

1年前

920b0282 2ef3 4ce4 94aa f963c9b6650e46da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed631d60434 e18e 413e 8474 354e8ed72e05E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 102