Ecbb725c 698c 4995 9709 570c4885e616

まいむ

宮部みゆきさんが大好き。

宮部みゆきさんが大好き。

13

コメントした本

51eykmrmxil

一気読み必須の徹夜本です。 立場が変わるだけで善と悪は姿を変えて、善だと信じていたものが偽りであることもある。この本ではホテルが舞台でしたが、今の世間を投影しているようでした。 誰もが仮面を被り生きている。その仮面の下が何者であるかは分からない、わかる必要も無い、それがホテルマンの正義であるなら、警察はその仮面を破ることが正義である。主人公たちのそれぞれの矜持がぶつかり合って、終盤に近づくにつれて相容れない両者が無意識に寄り添うような行動を取る。それは果たして仮面だったのでしょうか。 月並みですが、主人公たちの今後をもっと知りたいと思うほど、物語にのめり込んでしまう1冊でした!

約2か月前

0b28d5ca 1fbf 4de9 a5e1 a2dcda9273d827dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5E94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9fBbedf2f4 ec67 4762 ad69 ce7a7aa9780dAfdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae0013fd5ed25 07c5 426e ad39 b7ea9b6da2a3458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2 64
41sfdgs0kdl

知らず知らずのうちに持っている固定概念を見事に打ち砕かれました! 人の一生は短いといいますが、思ったよりもずっと長い。悠然と佇む桜の木に喩えられたラストシーンがとても心に響きます。数十年後にもう一度読み返して、葉桜を仰ぎたいと思う1冊でした。

2か月前

A6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aa0e27f352 c5d2 4655 aad6 a96c6196362082e83cc2 a0c2 4d7c 8b03 83737ca25f2e65d881a7 fa14 4e34 b06b 2dfb907942bc9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200C785e76e 42fb 4ef7 a33f 91d7f5f15e80705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5 114
61k1twhstkl

この本の主人公とその友人に、同じ女だからこそ共感できる部分も、嫌悪してしまう面もあります。でもそれは、本人からしたらさして気にもとめない些細なことで、他人からするととても重大なことであったりもする。「友情」を描いた2部からは、一気に物語の色がかわりました!女って怖い!!

2か月前

A66b276b 0489 43a4 8383 a1bafbb458619911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db2001bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c58c8005ce c3bc 4d7f 8b23 4ff3bc9a1e96D25f159d 29c5 42ef 8421 d7b2825f32ecE94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9f 43
41bcders2dl

すべてを語らない文章と、ただ真実として存在する数学とか絶妙に合わさっていると思う。数学って美しいね。

8か月前

0102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd345432a937 b878 42da 859e 0219425d8c6c71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e959bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bBc8c885b e34f 4422 900d bcf040996b5b73c24176 cc32 4ee8 93c5 e4706a8d9999 134