Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4

Fu-Mi

人生意気に感ず だから気の向くままに

人生意気に感ず だから気の向くままに

38

コメントした本

日本雑記

中公クラシックスのなかでは相当読みやすい一冊。 安吾を辿って行き着いたもので、いかなるもんかと身構えていたが、個人的にすごく気に入った。

約2か月前

演奏しない軽音部と4枚のCD

サクッと読了 軽めだけどそこそこ面白かった

2か月前

1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5fCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe977823b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Ad9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee128bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31
中原中也詩集

すごく苦しそうだけど、素敵な詩。 名辞以前の何たるか、ビシビシと伝わってくる。

5か月前

E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400Icon user placeholderIcon user placeholder2c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86E0ad993d 295b 4d2b b936 cc56c26edbe2Bbdebe8c d07c 4d28 abdd e826dff3047eE1476b8f 9ba6 4432 9d43 c6c46f11b1bf 11
こころ

再読了。 色々放り出して終わっているけれど、名作には違いない。

7か月前

96b36c63 1597 423c 8ee0 6c7e0309275b3892591c 0775 431c 9aef 06fd4b8301ccC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991A74cabe8 fc19 4afa aa44 e14f1ca54519Icon user placeholder94171de8 5438 49c1 8abb 2d6ff611737aIcon user placeholder 40
夜行

ホラー系として括られてしまうのかもしれないけれど、本質はそこじゃないんだと思う。 では何かと問われると、掴ませてくれなかったとしか言いようがない。 それは多分明るくて、そしてドロドロに黒いものだろうから、夜行側、或いは逆側の片面からでは捉えられないのではないか。 僕はヒヤリとしたけれど、ヒヤリとすることしか僕にはできなかった。

7か月前

Ee5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac679342eca cdf7 4763 bb48 67386cbbd583151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241A66a9a37 bb1a 48b9 ba9f 9e2b9decd014Deacc136 9e16 4020 aabe 38676499e2b076bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96dC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991 106
岩波茂雄文集 第3巻 1942-1946年

つい先日、岩波文庫が創立90周年を迎えたとか。 神田に古本屋を起こした男の綴る、おおらかで思慮深く、時として激しい、そんな言葉の数々。 時々、チラリと漱石の影が見られたりするのだが、それもまた面白い。

7か月前

赤と黒

まあまあ衝撃的 沽券に関わりかねないので、自信をもってオススメは出来ないかな、と

8か月前

Cd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee2382835fa5fe 09fa 49fb 8cab f52ee684e1e57fbd141b a4c6 46c9 905c 8d70bd0659029dc594a2 5123 4faf 973a e2c3338e17cf565d2efa 2b82 4030 be73 2daa4768a5f2
小暮写眞館I

イマイチ話に乗っていけない。 けれど次巻以降も読んでみようかと。面白くなればいいのだが。

8か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderC17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88A889990f 3313 414b a1b1 617c76c389229060eae1 17dc 41eb acd6 f4a40bb7e0281525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f4 15
忘れられた巨人

面白かった。 エンデになんとなく似てる気がしなくもない

約2か月前

586c3ed3 8519 48d9 a321 7e6922e2b27aD84c786f b758 4649 a52b 671a7bb3d29bIcon user placeholderF88b9f16 68d1 43a5 a3b6 0e19c4c813d33bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4951c17be fdcf 4ec3 88a5 a0df705497cb 63
愚者のスプーンは曲がる

設定もストーリーも面白いし、斬新。 軽めの文体だったが、もう少し粘り気のある感じでもいいなあ。

2か月前

3f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b71f5dcbb ee54 4b2a 8e89 07db9848f21dIcon user placeholderD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad72e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fcBc16ee55 7f79 4b29 b4ee a2fa06f9b2887455888e d3d0 45b3 b8b8 3cf7b34fe158 29
追想の探偵

月村さんの作品は数冊読みましたが、銃の登場しない作品も面白いなあと。 やや映像的な文章の構成も楽しい。

5か月前

78c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaedD71d9191 30eb 43d6 98fd 24f195c8d237
バスカヴィル家の犬

再読了 やはりよく出来てる。

6か月前

Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b13d0cbb03 5b5c 496a b535 1b5c8fb711904e5a9c14 a0b3 4228 976b 0f1e3e7bec63
帰ってきたヒトラー 上下合本版

そのラインまで踏み込んじゃうの? もうこれアウトじゃね? と、始終ヒヤヒヤしていた。 けれどもグイグイ読ませてくる感じがたまらない。

7か月前

有頂天家族 二代目の帰朝

ノンストップどたばた。 最高。

7か月前

789cbacf 1869 44af b7d7 a7c6cf9821bbD560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504b0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a009ea06c52 e786 4e33 b6f7 da08f1817850705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Fa900079 80b0 4ddc 8cb8 d501d21a7d060ba9c308 95c0 49cf 96cd 16a395c0bdd8 35
サキ短篇集

『オー・ヘンリーと並ぶ短篇の名手』と、サキはしばしばそのように紹介される。読んでみると合点がいく。 ユーモアで上手に包んであるけれども、根底に鎮座するのはニヒリズムに似た禍々しい何か。なるほどこれがブラックユーモア。 秀逸な短篇集ゆえ、一読の価値ありかと。

7か月前

タコはいかにしてタコになったか―わからないことだらけの生物学

家の本棚にて発見。 チョイと古いけれども、面白く読む分には特に支障はなかった。 タコが、なぜこんな形をとらざるをえなったかのか。それは、体を包む方法だけがうまく見あたらなかったからだろう。一種の、天才の欠陥だ。すぐれた部品、精巧な機能をつくりあげながら、外側は何も考えずに適当にくるんでしまった機械のようなものである。 何とお粗末な……

8か月前

有頂天家族

面白かった。 もし上手いこと生まれ変わるチャンスを手に入れたならば、次は京都で狸をしていたい。 そんな感じ。

8か月前

A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fIcon user placeholder330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Ce3ec283 9daa 48f6 b599 3235030bf6e2087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edIcon user placeholder 62