9a042a3b c765 497d a396 72617cab0e55

じゃなせ

雑食(何でも読みます)

雑食(何でも読みます)

27

コメントした本

生きている兵隊

日中戦争(南京占領まで)を最前線で戦う兵士の目線で描いた本。発売当時、内容があまりに衝撃的なため、内務省から発禁処分を受けたり、一部分は伏字にされたりなどなど… その政府の対応を見るだけに、本書が真実の一側面を描いている可能性を感じ、読み応えを強めます。 生々しい描写や、兵隊の心情が戦争の虚しさや悲しさを読み手に届けてくれます。

17日前

八月十五日に吹く風

あと2ヶ月もすると、また終戦記念日を迎えるな、と思い本書に辿り着きました。自分自身も、なぜ米国による戦後統治は概ね平和裡に進められたのか?不思議に思っていました。 本書では、自分の疑問に全て答えてくれているわけではありませんでしだが、あの戦争の一部分(それにあまり日の当たる戦闘ではなかった)を、日米両国の視点で緊張感を持って描いており、まさに手に汗握る気持ちで読み進める事が出来ました。 筆者の別著「ミッキーマウスの憂鬱」とはまた大きくなり、最初は同じ作者だと気付きませんでした…

2か月前

9bfe61d1 2d47 4d3e aa1c 280a5d46a54cIcon user placeholder90460142 dee7 4b30 a9d1 55c9e2bf25faE14827be 9cc9 4ac4 a7d0 6b0876dbf6e6Icon user placeholder1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad45fad21be b22d 4f5f bbd7 9f454a912c73 13
「サル化」する人間社会

霊長類学という、普段馴染みのない学問を、筆者の経験を主体として分かりやすく説明されています。そして、サルやゴリラなど近しい動物たちの姿から、我々人類が今抱える問題をあぶり出している作品です。 人間社会から失われていく「家庭」や「集団」。これらが我々が人間たらしめているということは、自分にとって非常に新鮮な視点です。ゴリラの生態そのものを、分かりやすく、そして楽しく知れたことが収穫でした。 家庭や社会集団(学校や職場)に息苦しさを感じる人や、マネージャーなど、読者の立場次第で読み方が異なってくる一冊だと思います。

5か月前

4035cfac 6a6d 4ace 857c 102714ac6f9cBf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f261683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde497675e08e ca1c 4a82 b72c 3459bf81d1ae
はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内

「ちゃんと考えた?」と学校や職場で言われる事も多いと思います。「考えたのに!」と心の中で叫びたくなりますが、そもそも「考えること」とはなんでしょうか? 本書では、考えることを考える本です。答えがある訳ではありません、ですが、きっかけは与えてくれます。可愛らしいイラストも多く、主に女性や若者など、哲学に馴染みの無い人には取っつきやすい体裁かつ文体だと思います。 今の時代、答え(のようなもの)はスマホを操作すれば出てくるかもわかりませんが、いま一度、考えることの意義や奥深さを本書を通して考えてみてはいかがでしょうか。

8か月前

66feff89 7503 4093 b855 5506bddb1868B4f0ccae 34de 47a8 a150 5c46e2c37306A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bC03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b16f7c012 6d0d 49c1 9a43 571fdf6ec7c39ac56bdb 9ca0 4fc4 874a 87fc5d74a0a5 16
幸福論

梅雨のジメジメした空気で、ストレスも溜まってきます。そんな時、好きな読書で気持ちを晴らせればと思い、手に取った一冊です。 元格闘家・須藤元気さんによる四国お遍路の旅を綴った一冊になります。1000km以上にもわたる旅を面白く、そして読みやすく書いております。ただその端々に、人生を考える上でのキーワードや切り口も散りばめられており、個人的には、色々な気持ちが心を流れ、悩み事の捉え方も少し以前と変化しました。 2時間もかからず読み切れてしまいます。本書の旅の時期が夏ということもあり、梅雨の先に待つ夏の匂いを感じました。なんとか梅雨を乗り切れそうです。

約1年前

天国からはじまる物語

若くして交通事故で亡くなったエリザベス。混沌とした記憶の中から目を覚ますと、そこは「ドコカ」と呼ばれる場所へ向かう船の上。理不尽な死と向き合えない彼女を中心に、「幸せな人生」を探していくストーリー。 普段読む事のないジャンルでしたが、10代の青臭い考え方や行動が魅力的な作品でした。生きているうちの後悔が、死んだ後に活かされる世界というのも面白いですね!クライマックスも幸せであり、悲しくもあり… 笑顔で泣きたい人には良い一冊だと思います、とても心が暖まる本に出会えた事を感謝します。

1年前

71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9577404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba474648708bc3 1e98 477b 8adc 2bafeb3441ad
冬のはなびら

短編小説集ですが、ざっくりと共通しているのは「生きる」ということなのではないでしょうか。 仕事に生き、定年を迎えた日の男の話や、自分の生きる道を探し求め続けた男の話、独り身となった女性の話… 書き連ねると何の変哲も無いお話に見えますが、自然と自分自身を、それぞれの話の主人公に重ね合わせてしまっていました。私にとって、良い小説の条件が「自分と重なること」でしたので、とても良い本に巡り会えました。 穏やかな気持ちで、自分自身の生き方を見つめ直してみたいと思われている方にはオススメ出来る本なのではないかと思います。 ただし、自信を持って我が道を進んでいらっしゃる方にとっては、あまり響かない本だと思いますので、共鳴するかしないかで、今のあなたの心持ちの一端が知れるかもわかりません。

1年前

火花

花火大会で賑わう会場に消え入るような漫才をしている徳永と、その花火に負けじと燃える漫才を披露する神谷。そんな2人が師弟となり、お互いに同じようで違う道を歩んでいく、少し切なくもコミカルな小説です。 お笑いタレントで有名な又吉さんの作品ですが、テレビでは決して見ることの出来ない又吉さんの内側を覗き見ることが出来る作品だと感じました。終始、「ピース又吉」が書いていることが頭から離れませんでしたが、文庫本の末尾に寄せられた「芥川龍之介への手紙」に、「小説家 又吉直樹」を見ることが出来ました。 漫才を愛する方や、普段読書をされない方は笑いながら楽しく読めるでしょうし、夢を追っている方には、もしかしたら予期せぬ出会いが得られるような作品になるかもわかりません。

1年前

Icon user placeholderDed49b89 13cd 456b 931b 840221d4967967f4eb15 3ec1 4cd3 bb3d ba4df6e1b9aa988aa498 890d 4fc2 8ee0 e23b4475d0c91b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d83461f976 7283 4644 a020 6250675cff382c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267 65
夜行

鞍馬の火祭で姿を消した女性…10年後、彼女の旧知が再び火祭を見るために集まる。彼らは10年の間で経験した不気味な出来事を語り合い始め、やがてそれらの出来事は1つの事実に辿り着くことになる… 森見氏の作品らしく、幻想的な表現と引き込まれる世界観。そして読者を唸らせる展開に、ページをめくる手が止まりませんでした。 今いる現実からちょっとだけ逃げ出したい方は、一度森見氏が描く世界に迷い込んでみてはいかがでしょうか?あなたがいる世界が変わるかもわかりません。

1年前

Icon user placeholderE918e2ac 2786 4d01 a6f9 351e96a7380d187a945f 0f3d 47ab a8b1 0dbb17191506C82ef0d1 397a 4035 bf94 76e77d8afd09Ada2923b d590 4ba5 b44b a8caf1f8497aIcon user placeholderIcon user placeholder 152
そして生活はつづく

2016年、更にその才能を世間に披瀝した星野源の、唄や演技からは見透かせない人間らしさが垣間見える一作です。短く、読みやすい本なので、1日30分1週間読めば読み切れます。 暗い過去を明るく照らし、自らの内側をユーモラスに見つめる姿勢が、皆んなから愛される役者、歌手としての星野源さんの源なんだろうなぁ、と感じさせられました。

1年前

0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb7635f779f5 3bad 4681 9bf0 d698641b78f4D24c4658 8632 42ef b096 4c3a98fd38f3Bac28f43 c94f 4c65 9dbb 70a50ffdad20Ef964df1 e8b3 4280 9c0d 88d5577e43ffF0214d3d 02b4 424e 90aa 3ec43305683a0d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c4 149
黄砂の籠城(上)

本書が(多少は脚色があるものの)真実に基づいている、ということに違和感を感じてしまうのは、自らの無知故なのか、それとも教育の結果なのか、いずれにせよ、今の日本人に残っているもの、失ってしまったものが、わずかながら見えた気がしました。

約2か月前

9bfe61d1 2d47 4d3e aa1c 280a5d46a54cIcon user placeholderIcon user placeholderB8dc54fb 1533 4bbf 89c7 aa00a4e3db571e2646a5 c4ff 41d4 ad3b 7a28eda24c1d6ce17271 e83d 44c4 ae56 c7e82c207e36D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f 8
命売ります

「すべてを無意味からはじめて、その上で、意味づけの自由に生きる」。 この言葉、ビジネスパーソンともなると、なかなか出来なくなってしまうなぁと思います。 この作品の主人公の生き方を表す言葉として本文中に出ています。 無意味そうな何かも意味があり、その意味に味付けをするのは自分次第。 まるで学校の勉強のようですが、今の自分にこの言葉が残る事にも、何か意味があるのかな、と考えてしまいました。

5か月前

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832F7a34118 bf8f 4ec5 b203 771c604ed64dC81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a4c011148 94a2 48c5 8d69 c51e6eaf977a939e80ba 55fb 4a24 8b41 c3bc402eefbd4595c374 e72e 4c18 9b24 8f5314a5ee12D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0 86
やさしい行動経済学

今年のノーベル経済学賞でも取り沙汰されたので、流行に便乗しました。経済学は門外漢ですが、とても分かりやすく、また人の「心」から経済の端くれを読み解くこと自体、新鮮でした。 また個人的には日本型組織独特とも言われる「心理的契約」に関する章は、現在所属する組織が直面する課題とかなり密接に関連していたため、得るものも多くありました。 人によって関心、無関心はありますが、章ごとに完結しているため、興味の高いところのみつまみ食いするのもオススメです。ビジネスパーソンの方々が親和性高いです。

7か月前

097b2bc0 f764 439d 8eb1 309c33c757b8E101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afdF5bbdeaa 3951 4189 9225 eea4ab73955e6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
ペリリュー・沖縄戦記

アメリカ軍の一兵卒として、太平洋戦争屈指の激戦地ペリリュー、沖縄を戦い抜いた著者の戦記です。 数多くの日本兵の死体や、仲間の死を経るごとに人間性を徐々に失っていく著者やその仲間たち。「この日本兵にも夢や志があったのだろうか」と同情の念を抱いていた著者も、憎しみや敵意を露わに迫撃砲を打ち続け、1人でも多くのニップ(日本兵の蔑称)を殺すことだけに終始します。 1945年8月15日に戦争が終わった後、著者は「戦争は野蛮で、下劣で、恐るべき無駄である。戦闘はそれに耐えることを余儀なくされた人間に、ぬぐいがたい傷跡を残す」と語っています。 今年も8月15日を迎え、戦争の惨禍を少しでも汲み取るべく手に取りました。ありのままの戦場体験、それも勝者である米兵の視点で見たあの戦争の現場は新鮮であり、文の随所から滲む我々日本人に対する憎しみ、そして戦場はやはり残酷でした。昨今の不穏な世界情勢の中で、我々日本人がいかにあの戦争に向き合ってるかが、今の世界に向けて、我々だから出来ることなのではないでしょうか。

12か月前

経済は地理から学べ!

日本が今後歩むべき道は?そのような視点を「地理」という観点で与えてくれた一冊となりました。 その国々が、それぞれの土地の恩恵を最大限に活かしながら成長を続けていますが、その恩恵はどういうものなのか、またどのように活かされているのかというものを分かりやすく、図を添えながら詳述してくれています。 高校以来、見返すことのなかった地理を改めて振り返ると、自分の仕事、ひいては自分の人生が今後どのようになるのかを、薄っすらとではありますが、考える事が出来ました。 広い世界がそこにはあることを、本書を通して知り直してはいかがでしょうか?

約1年前

43d1a1cb 7eaa 4359 92af 3c5685e8879fIcon user placeholder2f6f6193 5715 40ce adef 84cb04bc5af660729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835Icon user placeholder74912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab4Icon user placeholder 21
彼の生きかた

ドモリを理由にいじめられ、動物との交流に生を求めた一平と、その幼友達の朋子。2人の人生が交わり、離れ、そしてまた交わる。交わるたびに、人間の汚さ、動物の無垢さを知り、落胆し、後悔し、だが、強くなる。その交錯を繰り返し、2人は自らの生き方を見つけていきます。 遠藤周作氏の作品としては、映画化もされ話題となった「沈黙」や「海と毒薬」などが有名です。ですが、私は、特に若い方にとっては本作こそ、これから歩む人生に一石を投じてくれるもののような気がします。一平の愚直さも去ることながら、朋子の現実的な女の視線、生き様。読む方によって、揺れ動かされる部分は異なるでしょうし、読後感もかなり違うのではないかと思います。 読書好きのご友人と読後感を共有し合う事で、更に本作で描かれる「彼の生きかた」が違って見えることと思います。春のうららかな陽気の下で読むお供に。

1年前

588f1a4e 1289 4838 9061 4a44051119ef6d261940 d173 40d2 8d77 8ef0516a1422
殺人出産

男女を問わず10人子供を産めば1人の人を殺せる未来のお話。その他にも3人カップルという異性間交遊が流行る世界を描いた「トリプル」、わずか3ページしかない(!)「余命」などの短編小説が含まれています。 世にも奇妙な物語の中のようなお話です。ただ、「殺人出産」のお話は、読み手の心のドス黒い部分をじわりと浮き彫りにするような…ストーリーと、そのストーリーを読んでいる自分の顔が少し笑っていたように感じられて、自分はもしかしてサイコパスなのだろうか…?と疑ってしまいました。 万人にはオススメ出来ませんが、SFやホラーが好きな方は簡単に読める作品かと思います。 寝る前に読むことはオススメしません、体のあちこちが痛くなるような感覚のせいで、眠れなくなってしまいます!

1年前

B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df7Icon user placeholder52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f36e8471c 504e 4fe4 91e3 ddd29c88981bE9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d8377c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8efB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849 12
調理場という戦場―「コート・ドール」斉須政雄の仕事論

フランス料理人斉須氏の経験から得られた仕事への考え方、ひいては人生の捉え方を明瞭に描いた作品です。 プライベートや仕事で思い悩んでいる私にとって、心が軽くなるような、背中を押してくれる言葉がいっぱい詰まった作品で、うなだれていた姿勢をグイッと引っ張りあげられたかのような気持ちです。 「自然体で生き抜く強さと、生きていく上での感謝」(本書より引用)。会社や学校で、どことなく違和感を覚えて苦しんでいる方の相談に乗ってくれるような本です、読んだ方が幸せな気持ちになれますように。

1年前

D256cec4 eee8 434e a8d5 bd388a139bc64f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5cDb368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba14ac1dd3 5a85 4954 8ca6 b1982809aeccB531c9bb 2ecf 4088 ae24 8931bb4201c5705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c58315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9c 19
パンドラの匣

日記形式で綴られる「正義と微笑」と書簡形式で綴られる「パンドラの匣」の二部構成です。 形式は異なるものの、両作品とも若者独特の青臭さや、むず痒くなるような純粋さが眩しく映ります。 自分自身の10代、20代の頃を思い返してみると、またそれでむず痒くなる、そんな楽しみ方が出来る一作になりました。

1年前

32c3f1ee d5ea 4e88 acd1 1801529ff4f02a40b4b2 0078 44a6 9123 1ebad6a3b33e2521cf1f fcc1 4c98 b312 7e77157cee39Bd8816a3 9c42 40a8 973c 50b2135518f05cae61a8 b4f4 4bfc 9274 7fcfbfc38dbcAf926266 a887 4a31 8cde 1873be88b8490840b7f7 9b16 42c1 bfea 2c7391c2cdc6 11
いま世界の哲学者が考えていること

自分の生き方、世界の流れ、そしてその流れを考察する偉大な学者達が一つに繋がることを感じられる良書でした。 本書は哲学の潮流をさらった後に、IT革命、資本主義、自然、宗教という私たちの生活に根深く関わるトピックスについて、様々な学者の見識に触れています。 筆者の主張も時折交えながら、たいとるにあるとおり「世界の哲学者が考えていること」を概観することが出来ます。哲学という取っつきにくい部分から、世界で今起きていることを覗き込むと、また面白い発見や新たな好奇心に繋がることを実感できました。

1年前

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25fF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113E91d09b3 2d05 4570 a069 ddc27730dbdfIcon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c 27