Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
3e860b6c 3b44 4fc9 a492 617a45db0895

suzu

フリーペーパー作ってます / 大学生

フリーペーパー作ってます / 大学生 / 群馬

8

コメントした本

逃亡くそたわけ

この本によって、行ったことのない九州の景色が眺めれた気がします。それくらい九州の特徴や個性が、主人公とその友人の逃亡の道中や会話のなかでぎゅっと詰め込まれていた作品でした。

7か月前

Tokyo graffti 2017年 02 月号

東京に住むエネルギッシュな幅広い世代の人たちを一気に見れるので、やっぱり東京っていいところやなぁ、憧れるなぁと思えちゃいます。また、これまでの12年間がつまった1冊なので読みごたえバツグン、完全保存版です!

8か月前

広告 2017年 02 月号

表紙デザインから特集内容までなにもかも奇抜!ちょっと昭和感があるところがツボでした(笑)『迷って走って人生に刺激を‼』まったくその通りだと思うし、そんな風に生きたいなって思えます。

9か月前

ブランコのむこうで

『なにかが起りそうな感じがしていた。』この文から始まるのはまさに夢の世界の話。人の夢に紛れ込んだ少年とその世界に住む人々との会話から"なぜ人は夢を見るのか"を考えさせられました。段落が細かく、読みやすかったです!

9か月前

Bbedf2f4 ec67 4762 ad69 ce7a7aa9780d0dc05543 aa24 475d bce5 9e3e58524f6336b256db ca37 441f 9e15 8a951ecdcd6a3dcbdc7b 6a3a 4f28 9e9d 57e1addaf204Ef4960af ebb4 49c8 a244 db7643ea62ac50f3a441 468d 4de6 bfc5 57aeeaef1b00Bc93b784 3376 44f7 9773 0ed7a4942850 8
さまざまな迷路

ショート・ショートとはこれだ!と思えるくらいの短編が集まっています。特に『街』がお気に入りで、最初はなんだこの世界観とよく分かんなかったんですけど、最後にはそういうことか!!というオチがくる星新一さんなりの未来の生活予想が面白すぎました。当たる日がきたら怖いかも。

8か月前

末裔

受け身で変化のない人生から変わるタイミングはあるのか、それは先祖の生きた場所を自分で辿ってみるところにあると主人公・富井省三は教えてくれた気がします。

8か月前

命売ります

初めの命に対する扱いの軽薄さからの、だんだんと沸き起こる死の恐怖と生への意欲が人間の矛盾さと貪欲さを爆発させてます。一読しただけでは理解しがたく、また読み返したい作品でした。

9か月前

A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32B23ccc5f e7f6 46e0 bce1 20390055438cEa17ea14 9ba2 44ae 9d91 018ccac374e59cb5d531 ec86 41de 8da4 8e41f4518809978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cdIcon user placeholderD86defdc 8e95 46a4 a305 1a4c7b232c2c 70
何者

現代は、自分はどういう人物なのか公表する範囲があまりにも大きい。だからこそ“何者”にでもなれるのですが、そのぶん不安や嫉妬や意地が混ざって、混ざりきらなくなって、今日も裏のアカウントで呟くのです。

10か月前

F35d5608 96eb 4410 b174 e0695806c1d3Abcbaea3 a181 4074 b32c 7fbe24b4f67c991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8Icon user placeholderIcon user placeholderAa6356d5 940f 4432 8ab8 208b758f3b04Ba9e4021 9b63 488b b699 b09ac343f900 166