02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b8

YyY

20代入ってから本(文字のみのもの)を読…

20代入ってから本(文字のみのもの)を読むようになりました。 思ったことを書いていきます。気にとまったら是非リアクションを。

53

コメントした本

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

モヤモヤが少し晴れた 何か打ち込める好きなこと、やりたいことを探していたが、beingに重きを置く人間だったんだと。 現に理想の人間像はある程度明確にある あとはそれを実現しつつ、好きなことを見つけられればいいな。

約2か月前

A13f4d02 beee 43eb 8af8 9dd07ef31aa7Icon user placeholderAf663ff4 7637 486d 92ce ba17b8715718Ffacc502 bdae 4e96 9c8f 275df983ccb39edb0d17 e28f 4a2c a2c6 de6a205dc8c95a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d2Icon user placeholder 16
寂しい生活

便利な物に囲まれて「工夫する」ことを忘れかけていた。 お金や物で解決していた。 今の世の中、「工夫する」ことを「不便」と呼んでいるのではないか? つまり自分の目で見て、頭で考えて、手足でやってみることを「不便」と呼んでいるのではないか? だとしたら、「不便」とは「生きる」ってこと。 だとすれば、「便利」とは「死んでる」ってことなのかもしれない。 ↑こんなことが書いてあり、とても共感できたし、危機感を覚えた。 たしかに最近、自分で考えることを煩わしく思い始めた節もあったし… p153 「可能性を広げることが豊かさなのだと信じて生きてきた。 しかしそれは本当に豊かさだったのだろうか? 可能性を広げると言いながら、欲を暴走させて不満を背負いこんできただけではなかったのだろうか?」 モヤモヤの正体かもしれない。

1年前

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304aFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de014253d4 6080 4951 9119 24735184a6960428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c327f52b3 2d33 445b ab87 5c671b9eafab9bc34478 5361 482d b5bc 3e857a5f25d1 12
人のセックスを笑うな

あんな流れで関係ができていくの憧れるなー 映画から小説の流れ 好きな描写が散りばめられてる 映画のえんちゃんより小説のえんちゃんの方が好き

1年前

E8e7efb3 e061 4dcb b68d d92b19e44a1f8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deCf43965f 56fd 4377 b11f 6cb382c8b14a6e61bd15 5708 45e2 8584 8b78821f1a933b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890feC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c0 24
スクラップ・アンド・ビルド

おじいちゃん子である自分にとっては辛い気持ちになる。 体が不自由になっていく人間の吐くネガティヴな言葉は、問題を抱えたことのない人間にとってはただイライラするもの。それはわかる。 ただ、そういう言葉を吐く人間の気持ちもわかる。 ーーーーーーーここまでは1/3までの感想 バッドエンドのような気持ちの悪さで読み終えるのだと思っていたが違った。 とても好きな終わり方だった。 ちょっと泣けた。 最後の「先人が、それを教えてくれた」に泣けた。

約2年前

12a525a9 2a7a 48c3 8710 ee37426c9da0Icon user placeholder79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a742c97623 93d2 412b a760 a8081164f44d677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6894d171a b1a3 4e1f a614 e852f6a9356dAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141 99
かくかくしかじか 4

先生がどこか自分のじいちゃんに似ていて泣けた。 20代前半でまず一回読めてよかった。 面白くもジーンとくる漫画。 2017/4 買って読み返した 電車で涙出てた。

約2年前

9c8c8cfe 3a93 40ed ba26 46e1ada38306E057ef74 0fd2 4316 8d8c d190bcf25c9eE505536c 2a3d 4a1d b718 98a7201cd928E37a027b 2bdb 42cb b137 7cc3c6d4c6ef
祐介

11章 呼び名の変遷が面白い。 上田君→上田→歯茎→上田君 各章が短くて読み易かった。 表現は1つ1つ長くて読み辛かった。 読み終わってクリープハイプのPVみたくなった。

約2年前

7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fIcon user placeholderD24c4658 8632 42ef b096 4c3a98fd38f39ef0f8d8 3872 4c5d b540 2c2574b22d587b0a4b4f 15bb 459d 81b7 1f8ea60901d2C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea29e66700e 2e7e 41db aeeb c94aa48d43a9 17
1日外出録ハンチョウ(1)

オムレツライスを見て目を見開く。 好きなシーン。 でも、チャーハンが食べたくなった。 被せ気味の「へたっぴ」が面白い。 仕事中の力の抜き方が下手と指摘。 大槻という人と知り合ったら、ハンチョウとあだ名をつけたくなった。

1年前

ちょっと今から仕事やめてくる

今日を前日より良い日にしよう、と思わせてくれる表現がちょくちょく出てくる。 読み返すことはないと思うけど、そう思わせてくれる。 本を読む描写 「読み進めてもなかなか理解できないけど、なんとなく著者の言いたいことがわかったような気がした」 これぐらいでもいいのかもしれない。 大学辞める時といい、この本でも出てくるのといい、臨床心理士にどっか縁がある、気がする

1年前

344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c29672455D4a84528 6a5b 4bd3 acd1 14c67ac5265cIcon user placeholderIcon user placeholderEa5e4d68 95e4 4b33 8fa2 394fd1150e1eDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e47834be7 01aa 4244 94dc 3d85d68e283c 143
あのひとは蜘蛛を潰せない

主人公と頭痛持ち女との繋がり方が理想の友達の出来方の一つだと思ったこと

1年前

Icon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11369037ff0 d7eb 4202 a278 40e07b25472c
トランクひとつのモノで暮らす

まず「トランクひとつ」って名前にワクワクした。 自分の価値観を明確にし、それに沿った物や行動をチョイスできるようになるヒントが書いてある。良い勉強になった。 ただ、内容がどちらかというと女性向けになっている。

約2年前

B531c9bb 2ecf 4088 ae24 8931bb4201c5D158eb88 2a9a 4a7c 8cb9 df4266e160646f9c6920 2a79 42e6 aabb c0a5043a5a22Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e
おやすみプンプン

明るい漫画ではない。 むしろ暗くなる。 でもある境を越えたら次々と読みたくなる 不幸ではないけど、現状には決して満足していない。なんてモヤモヤを抱えている人は何か感じるものがあると思う。

約2年前

Icon user placeholderIcon user placeholder3133270e 30cc 4284 b017 9912ef43e14904b3ec22 7468 4a40 83b4 4ace156b43fb96720e30 7fbb 4be5 9f88 65102b0ab49e
スローモーションをもう一度 1

第5話『スケバン刑事』が特に好き。 髪切ったことについてのやりとり、照れてる感じ…憧れます。

約2年前

789cbacf 1869 44af b7d7 a7c6cf9821bb861d9847 5519 41a1 8821 670f7b8980c35bd7a0cf 60f8 4d98 870f e8e6f9bbc74aAd3ae76a 3b67 463f 9b48 b1a8fc937383