Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
C8446d58 c4a1 4580 b3d3 91bd25e8e0e2

現代小説、エッセイ、詩歌を中心にもそもそ…

現代小説、エッセイ、詩歌を中心にもそもそと。 ちらほらと歴史本や実用書なども読みます。 好きなものを好きなだけ。フリーアイコンをお借りしてます。

100

コメントした本

願いながら、祈りながら

久しぶりの読書に選んだ作品。 表紙の女生徒のやわらかさからとても心が惹かれた。 全校生徒が5人しかいない中学分校に赴任してきたやる気のない若い男性教師からはじまり5人の生徒に視点が移り変わってゆく連作短編小説。彼らもまた季節を巡って変わってゆく。

約2か月前

青春ふたり乗り

あの頃のときめき、胸きゅんを集めたエッセイ集。 忘れた(かった)青春の日々が少しずつ色付いて蘇る。

5か月前

逢魔

唯川さんの古典×官能の八つの小説が収録された短編集。 古典や怪談の世界で綴られる生々しくも艶やかな小噺だった。 怪談とは言え恐怖心をそれ程覚えるものではないので、ホラーが苦手だという方にも読み易いと思う。

5か月前

A118227d 0b04 4771 a2a4 742d6d23842c002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b7168602867 ed0d 490a b637 6965e63e104bDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5
恋色テーマパークの7日間

パステルカラーな表紙とこれまたパステルな感じのタイトルに惹かれて購入。 ファンタジーに彩られたそれぞれのカップルが一つ成長する物語です。

10か月前

花の日本語

「美人の日本語」と一緒に購入。 花の和名、異名、語源、起源、題材に使われた歌など様々な情報がぎゅっと詰まった素敵な本でした。 花にまつわるエピソードなんかもちらほら添えられていて、教養を得るだけでなく創作意欲も掻き立てられます。花が好きな方は是非。

10か月前

おおきな木

幼稚園の卒園式で頂いた絵本です。 今のところ一番印象深い絵本かもしれないです。少年に寄り添う木のやさしさがたまらなく心に沁みて来ます。でもどこかほの悲しいやるせなさがあったり……。 個人的にほんだきんいちろう訳の方が好みです。

10か月前

C6babf18 4a1d 4470 91fe 0ebd639a94d0A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9D9a85c76 22fc 49f4 9aa5 1c5eb0f06396D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef3184655218 1bda 4234 a92d b901d6ca2cab2cfb4cb0 4aa9 4224 8d5b 59bd1c2602f24937cc5c 10b9 4531 890c 83e7a6b357eb 22
ハニー ビター ハニー

読了。好きな作家さんだが表紙のうつくしさにも惹かれる。 ヌガーのようなあまったるさを感じたと思ったらとてつもない苦味を隠し持っていたかのような、どの話も男女の切なさと苦悩とが描かれた短編集で読み易いのに読み応えのあるすてきな作品だった。

5か月前

Icon user placeholder6816b90a 4a74 4f4a b333 bf56b03408ee0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Icon user placeholder40fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf652890Icon user placeholderE4221da0 872a 47ba b2cd 4218ac819b52 14
婚外恋愛に似たもの

様々なカーストの女性たちがとあるアイドルグループのファンという共通点によって出会い、互いに影響を残し、受けていく。 さっくりと読める。ただただ面白い。おすすめ。

5か月前

いつか別れる。でもそれは今日ではない

今年で20歳になるので今読まなくてはと思った。 ずっとフォローしているFさんのエッセイと聞いて即購入。私はこのひとの文章のファンだ。 読んでいくと砂に染み込む水のようにすっと脳に文章が溶け込み、しかし選び抜かれた言葉のうつくしさにいい意味で思わず息が詰まり、何度か本を閉じた。反芻して、また貪るように読んだ。何度も読み返したくなる一冊だった。 同年代、そうでなくとも是非とも読んで欲しいと思う。

6か月前

Icon user placeholder0dc18c37 ba94 4a83 b5e8 898fcb98986eF35d5608 96eb 4410 b174 e0695806c1d36b4cb31e 14d4 453e 9c24 a8675fc7bc0aIcon user placeholder07895c62 8b09 41e2 bf35 ea148408d336Icon user placeholder 99
彼女のこんだて帖

私が所持している小説の中でもお気に入りの一冊。 角田光代さんの描く、人と人との繋がりや、あたたかいごはんがたまらなくやさしい。前向きになれるお話が詰まっています。 嬉しいレシピ付き。

10か月前

3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aa0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a002e2ba7cf aea0 408d aa3e 8b4cf00788411a58a418 9404 4011 85da d661916a181fE153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e014738aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e0 18
だから、そばにいて

素敵な言葉に出逢いたくて買ったまま本棚に放置していた本の一冊。 読み進めてみたらあまりにも言葉が綺麗過ぎて何故だか息苦しくなってしまい、途中で閉じてしまった。自分の中で許せない自分が未だに在るからだと思う。取り敢えず少しずつ読んで、いつか清々しい気分でまた読み返せたらいいと思う。この本に救われたひとたちのように、私もまた私を許せるようになったら掬ってもらいたい。

10か月前

D0c95b3b 700c 4df9 acdf 7d78911db4ba40fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf652890694426e4 cee1 48af 8077 0ee47806db6e7656e65c a88a 42cf 870e af2a604a25ab
卒業するわたしたち

高校の卒業式の日に学校に持っていって読んだ。 様々な年齢、シチュエーションで紡がれる「卒業」の短編集。加藤千恵さんと言えばお約束の短歌もセットでより作品を味わうことが出来る一冊です。

10か月前