Ec489134 ffa2 4123 b8df fa9f0c7a4459

Yuki Doi

2017年は小説は30冊を目標に

2017年は小説は30冊を目標に。 漫画は幅広く読んでいてこれ実写化してくれたらいいなぁというのを中心に紹介できたらなと。勿論好きなものも。 好きな作家は三浦しをん、恩田陸、万城目学、有川浩、和田竜。

13

コメントした本

BLUE GIANT 10

様々な思いがある中、ステージへ。 ステージで演奏をするシーンでは自然と鳥肌が立ってしまいました。 こんなゾクゾクするなんて。 読み終えた方は色んな思いがあるでしょうが、私はありがとうと言いたい。 そして新たなステージへ大は突き進む。

約3年前

572402e0 ed1e 441f 98b8 07d1e736f1faF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd12db68bf 6cdc 47a2 9426 f26ac99e32f2F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf984383179 92d2 43e0 9b89 fe92d74a67cb712a6dde 0281 4cff 8610 2b01636254b3 14
夜行

読み終えた時に『あぁ、やられた…』と素直に思ってしまいました。何がどうなっているのか、どれが本当で、どれが嘘なのか、本当が嘘で、嘘が本当なのか…そして混乱するうちにいつの間にか読んでいる『私』自身も不思議な森見ワールドに迷い込んでいるものだから、そういう意味でも恐ろしくゾッとする一冊。『あぁ、だから集大成なのか…』と思ってしまいました。

約3年前

B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1Cfc25a64 595b 4142 adeb 36e6a066085064e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a878ca455 eced 41c4 be27 dae634229bca92cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c14d0235f6 d13c 4c9c bead 1a6b3560e4310b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd19 184
雪花の虎 3

東京タラレバ娘の作者である東村アキコさんがもしも上杉謙信が女だったらという設定で歴史漫画を描いてます。歴史が苦手な人でもわかりやすく描いてあったり、また強ち女だったのではないか?という説も馬鹿にできなかったり…続編が毎度きになる漫画です。

約3年前

悟浄出立

万城目学さんの作品が好きでいつも物語にあそびがあって想像力を掻き立てさせてくれる。その原点というか、あそびを利かせた短編作が想像かもしれないがそうだったかもと思わせ想像して読むことが出来、面白かったです。中国古典の世界ですがあまり馴染みのない方でも最後の解説から読んであらすじなどを頭に入れて読むといいです。

約3年前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aDa7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f1000a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb8c2e3305 ae04 4bae b596 15d812009c0b 14
ツナグ

現世にいる人が亡くなってしまった人に一生に一度だけ再会できるというのをいくつかの主人公を通して紹介する中で、『待ち人の心得』というのがとても印象的。突然消えてしまった恋人に会いたいというのが男性が消えてしまった彼女に再会することになったのだが、どこかで生きていればという思いもありつつも再会するということはそれは自ずと亡くなってしまったということ意味し、それと亡くなってしまった原因を知った時にとても救いようない気持ちになってしまいました。

約3年前

4c00eefb 1a6f 4d4b a49f 2d2d9bbaeb4f3d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d857291f7 8f52 4552 9340 f5b22e39ef6aIcon user placeholderE508b48b a7f7 4fa0 ba56 6da45af8bd223b6e593d 600d 4193 87ee a49f092dd79fDac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a9 186