Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
4ac434fc fa99 46cf bce3 071e73212a9e

柿川清修

Blog

Blog ↓ http://mugetutei.blog.fc2.com Twitter↓ 柿川清修@say_syuu

18

コメントした本

さむけ

有名作家9人によるホラーアンソロジー。 内容は幻想的なものから猟奇的なもの、サスペンス等々……読み応えある短編集でした。 本当は怪談を期待していたのですが、裏切られつつも楽しめて良かったです。笑

2日前

Babe3353 2646 4d08 951e bd10673d79a3D25f159d 29c5 42ef 8421 d7b2825f32ec742a2c1e ece1 498b b574 e13fd2851ad7
影裏

色々な解釈が楽しめる作品です!こんなに釣りが描かれるのは珍しいと思ったのですが、テーマと釣りは別物ですね。

3か月前

Icon user placeholderF88eefad 0ce8 432b a8ab f28f102a9a5c2e879b8e 9c34 4e40 beae 7f7b9120a15c00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f92096b36c63 1597 423c 8ee0 6c7e0309275b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca 22
掟上今日子の遺言書

厄介君がまた登場して嬉しい!前作は語り部がぶれてる印象あったし、やっぱ彼が語ってくれると安心する。

4か月前

1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2F1c738f4 a243 4dce b45f 305f254b16f9E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b2e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a87d09f28f 27f2 48b9 ae8d ebdd50b90869
掟上今日子の推薦文

忘却探偵シリーズをだいぶ積んでいたのでまとめ読み中!面白い!

4か月前

0389fd94 457d 45fb 9b5b c974568b150fD917b15f bc51 48b2 b131 8442fa9d6a70400f8c41 6723 4065 9187 55b3f3d826afCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97785f789a04 8222 44bc 9511 709d5bd5fcee1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2Ba7e8786 8c1f 450b 9218 b7f36e68a83a 15
蜜蜂と遠雷

本著は言葉の魔法が音の魔法に変わる大傑作です。想いと音がめちゃめちゃ響きました!

5か月前

771add18 8b04 4534 8892 086bacd871f9Icon user placeholderD0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785b5b95716f 620f 4cd5 9824 e4394702c8fe991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea80ad8fb81 059a 40f6 8443 8239cc1cdd66Icon user placeholder 293
怒り(下)

下巻で一気に物語が走り出して、ほぼ一気読みで読了です。 信じたいからこそ疑ってしまう……そんな気持ちが突き動かしていく群像劇。 切なくて大好きな作品です。

6か月前

1a58a418 9404 4011 85da d661916a181f3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a8Icon user placeholderIcon user placeholder9871ba3a 3f57 43cd 8a67 21df7d513310Icon user placeholderDb0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b1 45
結物語

主人公が23歳の警察官になっていました。懐かしのキャラクター達が登場したり語られたり、新しいキャラクターもたくさん出てファンには楽しい一冊です。

6か月前

30726cf7 a83d 42af b74d 9e7c5c79febd1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2
盲目的な恋と友情

タイトルの通り激しい恋と深すぎる友情のお話。 どちらも呪いのように感じました。 冒頭のシーンに着地すると思いきや……(おっと、これ以上はネタバレか……笑)

7か月前

087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d0dd6c185 29d8 459c adec a76609cf19cbAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82fF38b0ab2 225b 497b 929b b01c0ba4658cA66b276b 0489 43a4 8383 a1bafbb458619911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200 46
残穢

読めば読むほど怖くなるのに、頁を捲る手が止められませんでした。 過去へと遡ることで連鎖していく穢れの恐怖…… 解説にもありますが、同著者の『鬼談百景』で語られなかった百話目と思って読むのもお薦めです。

10か月前

93dec1e9 00e7 4b8b b7d2 15855ecd99deDb0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b10afc5c62 11c6 40c9 9ca9 cbcb848a43c036a42025 db7b 4ef9 bc58 f48d8104feae554b96f1 9ed1 474b 9112 2c20afdbee0723b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d59365d881a7 fa14 4e34 b06b 2dfb907942bc 43
バッタを倒しにアフリカへ

就職難真っ只中のポスト・ドクターが、単身モーリタニアへ行って「神の罰」に挑む科学冒険ノンフィクション。 文章は軽快ですが、内容は正に現代の冒険そのもの。 前野先生を応援したくなります。

15日前

Ec9d141a dc97 41df 812e 9427c9e8c25f66d7367e 08a6 46a5 aa53 5cfab70593f6Icon user placeholderA16c3265 00ea 44e1 bba2 1bf64b42edd4E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e8a9d07e8 262e 4104 a224 e74b72dcc96fIcon user placeholder 46
掟上今日子の退職願

意味深なタイトルですが、普通に短編が四つ入ってました。

3か月前

5f789a04 8222 44bc 9511 709d5bd5fcee1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2F1c738f4 a243 4dce b45f 305f254b16f9E8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b2e0862f7 6444 4109 b126 3125b8fb49a82f029d74 4f6b 488c aa53 01757c1e3f30
掟上今日子の挑戦状

色々な刑事が出てきた。金のかかる探偵だー。

4か月前

0389fd94 457d 45fb 9b5b c974568b150fCdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe97785f789a04 8222 44bc 9511 709d5bd5fcee1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2F1c738f4 a243 4dce b45f 305f254b16f9Dec40757 3667 4e2d 81a2 2d68d47ddcd43be66c4b 0b17 4a76 9b75 92a29de5c0ec 10
教団X

価値ある一冊です。面白さと不快さを同時に感じることができるのは、この本が暴くことと伝えることの両方に成功しているからだと思いました。

4か月前

771add18 8b04 4534 8892 086bacd871f91c6e3735 0668 4271 8b63 e47cca564934Icon user placeholder36fb03d4 8381 4eda a519 168a1eb64afa670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb858Icon user placeholderIcon user placeholder 95
劇場

東京百景でも特に印象的だった「池尻大橋の小さな部屋」が、フィクションの力を携えて改めて語られた作品です。 相変わらず切り抜いた一瞬にユーモアがあって、又吉作品は大抵一気読みしてしまいます。 切なくて面白い本でした。

6か月前

F35d5608 96eb 4410 b174 e0695806c1d3Icon user placeholder991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8Icon user placeholderCf3d1617 30fb 4131 bdc9 e2950de3f2fd6d5b3de5 5f24 4021 94ce 22c4e6d78889De7addf8 ea13 4734 a4fa b9779c75da00 80
怒り(上)

事件の真相はまだまだ遠いけど、登場人物達の背景がぎっしり詰まった上巻は非常に面白かったです。これから読む下巻が楽しみ!

6か月前

3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a81a58a418 9404 4011 85da d661916a181fIcon user placeholder9871ba3a 3f57 43cd 8a67 21df7d513310Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b1Icon user placeholder496e01b1 3f27 48ce 8fd0 1098a96de46d 48
撫物語

撫公は登場する度に意外な物語を展開するキャラクターだなぁと思います。ブルマ。

7か月前

30726cf7 a83d 42af b74d 9e7c5c79febd1d08dfeb f612 44bb 8bcf 6633e24108a2
ハピネス

プチセレブ層を皮肉りつつ、絵に書いたような幸福と隣り合わせの不幸を暴き出す怖い小説。 主婦という立場やママ友グループなんて環境は男の自分には縁遠いからこそ、読んで良かったなぁと思います。

8か月前

47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f583761e22b46a 7f4d 46b3 9f63 5b0b82c3e9ba