1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまいます。

my本棚の前で立ち読みしてしまいます。

878

コメントした本

アーモンド

どちらの子が化け物なのだろう。 何が化け物を作るのだろう。 ユンジェとゴニ。 愛は人を作る。人格とは、一体なんなのだろう。

9日前

9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1dF0b75bb5 b2a5 4a87 abaa 882a018db8a89b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d
契約結婚はじめました。 4 ~椿屋敷の偽夫婦~

やっと、進んだ。 二人の気持ちがやっと。 もう少しだなぁ。お兄さん最高だ! 素敵な話なので、飽きさせないでほしい!!

約1か月前

80d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e
いつかの岸辺に跳ねていく

不思議な少女が、未来に向けて成長する話と言っていいだろうか。 何を話してもネタバレになりそうだ。 優しい優しい話である。

約1か月前

八本目の槍

石田三成を七本槍が語る。 新しい石田三成が誕生する。

約1か月前

椿宿の辺りに

今を生きているのに、不自然でなく不思議なことが受け入れられる。痛みとは、何なのだろう。 梨木ワールドにどっぷり浸かった。

約1か月前

4d32d8bd 8834 49c7 baa2 ade3fb8458fb5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fd21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff
あなたの不幸は蜜の味

題名をアンソロジーとして、 細谷正充が収録する作品を選んだ。 六人の選ばれた作家達の選ばれたイヤミス作品。 流石である。

約2か月前

Icon user placeholderE2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baec2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b
営繕かるかや怪異譚 その弐

営繕屋シリーズその2。 家に纏わる怪談噺。 尾端さんは、そろっと笑顔でやってくる。バシッと解決というより、これでなんとか良い方向にというスタンスだ。怪異に会った人の考え方が変化するのが、読後好ましい。

約2か月前

F7812d6f 0494 4852 adf9 71c6a8383226E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c56ef3346 c550 48a9 9928 ccf910b9825156a03690 63b8 4975 853f fac13092849b39eb4ad8 9a07 4e2d b789 71e2cda45bc822f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783E75c80b8 ecab 41ee baf7 6bc514492d94 11
双風神 羽州ぼろ鳶組

第9巻。今回は、大阪。 主役は星十郎。そして、癖のある大阪関西の鳶達。 大阪弁の詰りが迫力あって笑えます。「緋鼬」を封じ込める術は、結束。 ワクワクドキドキ。 大阪の鳶にたんかを切る源吾は、とてもカッコがいい。 この火消し達の結束感が大好きです。

約2か月前

48a16577 8d97 4cdf ae05 8bc639851982A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656721ff227 6404 486e a136 194741a375b4
金剛の塔

物語というよりも、五重の塔に関わる宮大工達の歴史を読んでいるようだった。 伝統と技を繋いでいくことの難しさと、繋いできた誇りを感じる。 ストラップが喋るのは、もっといいアイデアはなかったものかと思ってしまったが。 それぞれの時代の物語には、引き込まれた。

約2か月前

48a16577 8d97 4cdf ae05 8bc63985198208634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
夏の騎士

落ちこぼれ小学生三人組が活躍する、爽やかな物語。 子供の世界は案外厳しい。 勇気と友達は、剣になり仲間を守る。

約2か月前

2dffbd3f d9ae 41af 816b 9439b33f2d0dIcon user placeholderIcon user placeholder4a018b3c 0994 437e a2af 52d51648dc1dA7833ddc c607 4bdc 8bd0 b857ec5c8d7c26d35adb fc94 4788 834c 6a31b58fb0bc733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac 22
傑作はまだ

毎日は、小説のように起承転結ではない。 だけど、素敵なお話だ。 愉快でいい人達のお話。日常だって善意は溢れてる。

28日前

E3d8a6bd b33a 40ed 9024 336e14e0a59d43817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa8B65c3b44 b07f 4728 8a73 f235eba2f935E9060055 3283 4b39 addc aadb5890c11e5a18ee37 88c4 4116 b20f 1a2e9ceed0f722f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Ae4628c3 3cbd 45f3 bf49 a92e458a47f4 12
ガラスの城壁

布石が散りばめられた中、何が虚像で何が真実なのか。読者は模索しながら読み続ける。ガラスの心を持った少年の心の痛みと向き合いながら。

約1か月前

C5449e28 bb73 41c5 ab49 07983b52a8fcBda6c754 1047 429b 81db 012658b5a74f328ed07f fd1e 4a0b b315 5abba972a31aEb4efb3a 7016 434c b55c 9e8b88e76264
傲慢と善良

何が正しい「傲慢」なのか、確かに傲慢だけれど。 プラスな言葉であるはずの「善良」の持つ意味。 この本の登場人物で一番嫌いな人と一番好きな人を選んでください。 そういう、質問があったらあなたは誰を選びますか? 誰の「傲慢」を許す事が出来て、 誰の「善良」を疎ましくおもいますか? 多分誰もが、いくつかの何かを思い出し、心が痛くなる作品です。

約1か月前

Icon user placeholder64e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a9ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d8a884bb6 91b2 49b9 b72e 8da40efa89ad200b526f 0c51 4923 9a31 572a92a046623c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c2cb5b581 20be 4158 85d4 1f1a29ad5c58 29
線は、僕を描く

水墨画の天才現る。 そうなのだけど、違う。 水墨画についての説明は薄い。 そうなのだ、主人公と同じように内に篭ったような感覚に陥る。 ボンヤリと、世間を退ける世界は薄い。 主人公の鬱とした感情に、イラつく人もいるかもしれないが、思いが理解できる。 久しぶりに、自分が知らない痛みを感じる事が出来た。

約1か月前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c5ed9d885 1800 4df1 bd38 72be7f43f53b42a79741 e586 420f a17a db0551af35f59dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed354675bd 2507 4ded 8766 8f5376fb0bba0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd175610023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c 9
忌まわ昔

今昔物語は案外悲惨だ。でも、今は昔だからこんな物だったのかと、流しながら読む。 全十編。 まず、今昔物語の一編一部分が語られてから、現代の話に入っていく。 なんと、現代で起これば怖い事なのであろうか。

約2か月前

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Icon user placeholder87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d
カゲロボ

何の取り柄もないような自分を見つめてくれていたカゲロボ。 知らず知らず深い傷を負って生きていた自分。 何のためにいるのかわからないカゲロボに、何故か安心感と許しを感じてしまった。

約2か月前

9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffa733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacBf74771d fe87 4162 b1ad 3da191288c8d88d17d70 a258 40e6 997d 1b31306c254fD5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453Icon user placeholder57d9fb16 4562 4be2 808a 4eff17e74227 9
チックタック~約束の時計台~

心が温かくなるお話です。 キャラクターも個性があって好きです。 表情がとても豊かです。

約2か月前

A44a7fef 4fd6 423a 82c1 7d295b229f55687209d1 a652 4449 946e 049464bfe9395e8ad747 0dcc 4283 86d7 44328891f5b789bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7c427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b
鬼人幻燈抄

SNSから産まれた作品らしかった。 ライトノベルとも違う不思議な感じだ。 テーマは重い。 登場人物に、少し思い込みが過ぎる気がするが、最後まで読んでみなくてはわからないと思う。

約2か月前

Icon user placeholderA209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc656Ed56f445 daa3 45bb 8236 00ec7f9edddaCe97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc8637a9027 784d 4e10 9636 55968ebfff4b38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a2126bf068d 8584 433b 8c89 a2d9bcdeb986 9
鬼を待つ

弥勒シリーズ第7弾。 清之助のどうしても切れない過去と因縁。 厄介な同心信次郎の推理が切れる。 この2人の関係が渋すぎる。 にしても、信次郎の謎が一つも解けていない。 信次郎の人を人とも思わないあの性格は、一体何処で培われたものなんだろう。 凄腕の清之助の心の揺らぎも心惹かれるが、そろそろ信次郎の心が揺れるところが見たい。 心があればだけれど。あ、でも揺れて欲しくないかな。

約2か月前

機捜235

定年間近の相棒、縞長さんが事件を解決に導いていく。 刑事として人間として、事件との向き合い方を教えてくれる素晴らしい人物だ。事件が9編 高丸と縞長のコンビがこれからも楽しみだ。

2か月前