1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまいます。

my本棚の前で立ち読みしてしまいます。

575

コメントした本 ページ 2

新宿ナイチンゲール

第12回小説現代長編新人賞奨励賞受賞作。看護師の仕事の大変さ。介護の大変さ。綺麗事では済まされない現実を描いている。愛とか情とか正義とかの、胡散臭い建前を思いっきり張り倒していている。身勝手な患者や家族に対しての「ひまり」のセリフは拍手喝さいだけれど、諦めもまた現実というところか。 「ひまり」は弱い。「宗一」は馬鹿だ。看護師だからといって、お金の為に働くと言って何が悪い。 二人はドロドロに汚れているが、普通に生きてる人間だってドロドロだ、綺麗なフリをしているだけで。

約1か月前

逢魔が時に会いましょう

布目准教授と真矢コンビの掛け合いは楽しい。 胸キュンしたいけど、あまりにも布目准教授は、鈍すぎる。妖の事に関しては、知識が豊富なのに。。。 布目准教授の妖に対する認識が新しい。怪しいモノに対する学術的研究ってチョット楽しい。 シリーズにしてほしい。布目先生の妖のウンチクが聞きたい。

約1か月前

Dbd9413e d059 40e8 b24a d4cedc5e0fd91b1e7643 9ead 4435 8cd3 d4a66eba70d8D5350c94 d5ed 415e 9fe4 4cd16056f4e98c880e0d ce57 410f 87f5 91a1c444daf6733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacE98e8305 e18e 49d0 beec a11c1f26ce795abda0ca c90f 41ec aecd b16fc2ec121f 13
逃れの森の魔女

童話「ヘンゼルとグレーテル」の魔女のお話です。魔女は元から魔女じゃなかった。悪魔達に騙されたて魔女になってしまっても、決して悪魔の言葉に耳を貸さず戦う「醜い魔女」。ヘンゼルとグレーテルと暮らすのは辛かったけれど、楽しかった。悲しい結末だけれど、良かったと思う。

約1か月前

京都伏見のあやかし甘味帖 おねだり狐との町屋暮らし

気の強いお姉さんと和菓子オタク草食男子の京町屋暮らし。よくあるパターンですが、お狐様達の姿が「虎太郎」にも見える事かな。「れんげ」さんの謎もあるけど、きっと虎太郎さんにもあるんだろうなぁ。 甘味のお話が間に挟まって、ガイドブック風になるのが苦手かな。

約1か月前

月の炎

インパルスの板倉さんは、こんな切ない話を書くのですね。 少年の心が叫ぶ言葉に大人はどう答えればいいのか、分からない。

約1か月前

風神の手

一粒の砂の話が全てだろう。 優しい人達のミステリー、10年以上掛けてとけてくる謎。謎を想像しながら読んでいる自分の上を行く登場人物に驚かされた。 最初の風はどこから吹いてくるのか?私に触れる風は、どうして私の元に届いたのか?この風に触れるためにここにいる私は、人生の綾をたぐらなくてはいけない。普段は考えない。 「歩実」は、その綾の先端を偶然見つけた。すべては、風と共に。

約1か月前

6fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d78ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184
宇喜多の楽土

宇喜多秀家が八丈島に送られるまでの生涯を描いている。 父直家とは異なる道を選びはしたものの、願う所は同じだった。優しい男は、強い男であったのだと思いたい。 だからこそ「豪姫」は愛し続け、前田家は支援し続けたのだろう。ガツガツと戦うばかりが男ではなかろうて。

約1か月前

きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび

ドラッグクィーン「シャール」さんの夜食カフェ 第三弾。 優しくて美味しい料理が、貴方の心を包んでくれます。 シャールさんの昔の後輩のお話では、カッコイイシャールさんを見ることができて、感無量です。 何時も何時もそっと心に寄り添ってくれて、暖かくしてくれる。「傷付いても、愚かでも、嘘つきでもいいよと」いってくれてるようで。。。それだけで、一人でもう一度立ってみよう!って思えます。 食べ物って本当に大切だと実感します。

約1か月前

Eb0856a4 a9fa 40fb 91a3 05560aa48ea1Icon user placeholderC9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce7154039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b250b85626e bc23 4e2b ad3b 5dc873d552f2F64329d3 724a 460d a6ca beeb1c59dec8E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1 13
ゲームの王国 上

カンボジアの情勢と主要人物達の背景が描かれています。徐々に大きな渦に巻き込まれていっていますが。。。本当に人が簡単に死んでいきます。 多分この世界観が下巻につながるのかな? 下巻のあらすじ読んだだけで、なんと!!って思ってしまった。

約1か月前

26a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a05Icon user placeholder639debcd 0dab 4134 8500 ba86c4fece06F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01ac5e3454dc 2e37 4444 a81f 0b63f8a59032De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a 8
僕が殺した人と僕を殺した人

読み始めると題名とはそぐわない少年達の生活が描かれており、だからこそ、それぞれの少年の先を暗示しているようで悲しい思いで読み始めた。そして「僕」が登場しサックマンを探りながら読み続けなければならなくて、辛かった。台湾という土地で過ごした青春時代が鮮やかです。「私」と共に涙が出てきた。

約2か月前

41fb89ec ec7b 4c9d a66b 1124cf8a36d9Icon user placeholder405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d739b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dIcon user placeholder42caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e0428b805 0227 4490 be82 27528fd3d1b3 10
さよなら、田中さん

中学二年生が書いたのかぁ!天才!って思ったりしたけれど。作家の背景は置いといて。。。 お金を出して買ってもいい本だ。 そう!面白かった! 沢山の名言が胸に刺さりました。 迷言も心に残りました。笑 「花実」は、生きていく上で大切なもの沢山持ってます。 大抵の大人が捨ててしまったモノをもっていて、 大抵の子供が持てないモノを持っている。

約1か月前

84d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a96908a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e4544210baf0b90 877b 45d0 a026 38e29c59536a052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda53e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a014253d4 6080 4951 9119 24735184a696E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4 10
老後の資金がありません

老後資金、子供、介護、生活 すべての問題がさらけ出されています。本当に胃が痛くなって「篤子」さんと一緒に不安になりました。子供の事、お金の事、夜眠れなくなる気持ちわかります。 重い話ですが「篤子」さんの心声が何とも現実的で笑えました。年金問題に関しては、共感する事が難しかったかな。 社会が示す老後資金は高額すぎて、いつまで生きるかわからない自分。。不安満載です。 結局老後資金は何の解決もしてないですが、「篤子」さんはなんだか幸せそうです。

約1か月前

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb8581baca2fc c3b4 4c3d b0aa 98c626f04fbb1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8Icon user placeholder3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1
ゲームの王国 下

第31回山本周五郎賞、第38回日本SF大賞受賞。 時代が50年ほど飛び、「脳波ゲーム」に突入してしまって、混乱。SF色が濃くなっても、上巻と似た色を感じたかったなぁ。「山本周五郎賞」だからと手に取ったけれど、やっぱりSF苦手だと再確認。

約1か月前

26a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a05Icon user placeholderF641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01acDe232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c47e08e49 e5c0 4a11 90c6 db62baeca62a
ぼくがきみを殺すまで

戦争の始まりは、知らないうちに始まる。少しの非難悪意を刷り込まれ利用される。 自分で考えろ!考えることを放棄してはいけないのだ。 牧歌的な少年の日々は、戦争とは身近にあるものだと思わせてくれる。 「ファルド」は希望だ。 「言葉」の授業は、心に刻みたい内容だった。 本棚に並べよう。

約1か月前

60b0ca8a 6580 49e7 abdd 7a830909f3d648909f13 5e9b 4772 8e48 1168c29c8e9120f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Dfd5ce13 2356 47d8 aac5 7ba58df4cac710439ba4 db1b 474e 9052 db9c243b9ebe0afb00f7 1356 4a27 abf8 877059e48481
烏百花 蛍の章 八咫烏外伝

八咫烏シリーズ外伝。6編。 素晴らしいキャラクター達が掘り下げられているのが、とても嬉しい。成長していく登場人物達の、純粋だった幼い頃の姿は懐かしく、微笑ましく、安らかであった。今の厳しく、悲しい現状に心痛める姿は読んでいても辛かったから。

約1か月前

4e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f1dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483aBb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527aA39570b6 c8fb 4875 9eed 16b5e1780907
池田屋乱刃

世の流れでわかったかのように、尊王攘夷をうたっている武士が多い中、純粋に武士であろうとした男達の死である。武士を捨て恥を承知で生き抜き、明治政府を立ち上げた桂とが対照的であった。何が正解なのか、その当時を生きていない者が判断する事は出来ない。ただ、そういう時代だったという事だろう。短編5編の連作である。池田屋のみを描き、幕末を描いている。

約1か月前

それまでの明日

文章が何故かスラスラ読めず、それをイライラしないで行を行きつ戻りつ噛みしめるように読んだのは文体のせいか?行きつ戻りつするのが、楽しかった。 沢崎シリーズだか、始めて読んだ。 本編では、14年の月日は同じように流れていた。沢崎は、変わっていないんだろうな。クールすぎる!事件は、何重にも重なって見えたり、関係ないようにも見えたりと展開していく。台詞には、裏や引っ掛けがあり、やり取りを耳をすませて聞いている気になった。

約1か月前

Icon user placeholder535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cbC10279d1 3a3b 4aa9 933a 672957d87b0d07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1bBda6c754 1047 429b 81db 012658b5a74fIcon user placeholder 10
瑕疵借り

「賃貸ミステリー短編集」 凄腕の専業の瑕疵借り屋「藤崎達也」。 謎を解くというより、瑕疵の事実を軽くする為。仕事ですから。。。しかし、それに救われる人達がいるのも事実。影の薄い藤崎さんは沈着冷静に、彼を訪れた人達の疑問を解決していきます。 チョット涙目になる地味な藤崎さんに興味が湧きました。今回は主人公の背景には触れていませんでした。何故彼は専門瑕疵借り屋になったんでしょう?この仕事に誇りを持っている風でもありませんし。次回がたのしみです。

約1か月前

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dIcon user placeholder
虚像のアラベスク

とても詳しくバレエの事を紹介していますが、探偵の活躍はあんまりなくて。。。もっと探偵さんに活躍する内容がよかったな。「グラン・パ・ド・ドゥ」はなんだかもう、コレはどう考えてもおかしいでしょうって展開で、笑って読んでいいのよね?

約1か月前

まく子

コレはアリなのか? そうなんだろうなぁと思いながら、そうだったんでびっくりしたけれど。。 読後感は「?」ではなくて、なんだか泣きたくなるような嬉しさを感じてしまった。 クレヨンで描いた挿絵が、読み手を本の中に引っ張り込む感じで好きだ。 この題名は、内容が全く想像がつかない。尚且つ、読んだ人には「話のキモである」ことがわかるという、何とも素晴らしい題名だ。

約2か月前

6321cd00 979a 497f b8a4 279b41ab0321D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c07bf14c6 a1dd 4a1e 8c76 6a6d095ef89eD04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef316b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccCc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d180238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990 52