1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまいます。

my本棚の前で立ち読みしてしまいます。

512

コメントした本 ページ 2

浮雲心霊奇譚 菩薩の理

試衛館の面々も登場して、かなりキャラクターがユニークになってきた。霊的な感じは薄くて、探偵っぽいかな。流石八雲のご先祖様(?笑)人使いが荒いのなんのって! やんごとなき血筋の浮雲の正体が早く知りたい。

約2か月前

0ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7C450c646 9a6a 4fb4 91f8 934be24a34d5
海うそ

秋野がたどり着いた真実に私はたどり着いたんだろうか。 寝床で読み終えた。その夜の夢は、ずっと秋野の論文を読んでいて。目が覚めてから、もう一度「五十年後」を読み直した。 何度も「五十年後」を読んだ。 表紙を開くと、サスペンスでもないのに、遅島の地図が描かれている。位置関係が重要なのかと、確認しながら読んではみたものの、作者の意図はわからなかった。 今なら、この島の地図を見て心が疼く。

約2か月前

B2cf85c2 97f9 467b bdfb b68b7df8fecf6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24192a855da 7081 483a 8638 13e3e81bc1ae38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a213e1806ac f9ab 4746 a69e f9e7479911fa 10
春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

不思議な小鳩君と小山内さん。一癖も二癖もありそうです。日常に起こる小さな謎を小鳩君が、嫌々解いていきます。ラブも無く。死体もない。ミステリーです。

約2か月前

C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4A5a5021f fb40 49ad 85a7 3b38a06fe9ceA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fIcon user placeholderIcon user placeholder50a11201 221b 46fd a0fc eca4daa2e4011830ca64 12a8 4512 a754 9a6a4f295fae 18
約束

「絶対泣ける」なんて、陳腐な言葉でくくって欲しくない作品。 人生は時に悲しくて、理不尽な事がある。その大きな波に飲み込まれた人達が、泥沼の中で光を見つけ、もがいても一歩を踏み出していこうとする短編集。いろんな意味の「約束」が、人間の強さと、不思議を生んで行きます。作者のあとがきが心に染みました。

約2か月前

ウェルカム・ホーム!

心温まるお話が二編。最近は「お帰り」と言ってばかりで「ただいま」って言ってもらってないなと気がついた。大切な言葉なんだと再認識。文体は軽いタッチなのに、ズンと腹にきくる。嫌いじゃない。作者が亡くなってることが非常に残念。

約2か月前

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因

問いや質問にも「わかったつもり」になってしまう。根本的にあかんな、と思ってしまった。 「わかったつもり」には、いろんなパターンがあるらしい。テストでは、是非必要なことだと思う。 小説は、最後まで読めば齟齬に気づくと思うのだが。どうだろう?

2か月前

7170d921 f67d 4cde a69e a1139f55f9feBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholderA3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06Icon user placeholderDaf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319Bff9dd77 b333 4ffd b5b2 f2403fb28c32 9
風神雷神 風の章

扇屋に養子に入った、ボンヤリした子供が、いつしか、絵の才能を存分に発揮し世間に認められるようになる。俵屋宗達の話である。苦節何年という言葉はこの天才には無い。衣食住に事欠くことは無く、絵に没頭して生きる。養父はその才能を認め、受け入れる。なんと、羨ましい話しだろう。芸術に対する葛藤はあれど、それを色濃く記してはいない。天才俵屋宗達この時代に有り。という感じです。雷の章読まないと!展開が気になる。

2か月前

Icon user placeholderB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee
ゴースト

「世にも不思議な。。」と言う方が近い感じがします。ゴーストと人間の境界線が緩い。

2か月前

E9fb4a96 face 4612 bd8a c6bfdc207400F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113977e334a 08b4 436d 833a f2bf6b1fec70002a4835 43ab 4507 8fa5 b4369c1dd9a65543d474 6380 4c2f b69a f8053097677776bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96dE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4 15
おもかげ

寝たきりの意識不明の方達が、こうやって自由に(といっては、語弊があるが)意識を飛ばしているとすれば。私達は、心せねばならない。これは、奇跡の話だ。竹脇だけが知っている。誰も知らない奇跡。戦後の人生を隠して生きた男の、復活の話とでもいったらいいだろうか。

2か月前

08c4b35f c5fb 4a62 b6ea 45951ec25ea743fd2084 1ad4 48cd b623 9b1eddd04475
旅屋おかえり

定番なんだけど、なぜか泣けるのはなんでだろう。 「おかえり」『おかえり』のせいだ。日本独特の習慣かな?こういうシュチュエーションに特別の言葉が存在するのは。「旅屋」なんて職業、いまだに信じられないけれど。彼女にならお願いしてもいいと思える。私も旅をしよう!

2か月前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fB5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af84940fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf652890Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a6c3db25f 4055 4758 bb9c cb21767478b3
信長を生んだ男

信長の弟「信行」。時代の影に埋もれている人物が、光を持って現れた感じである。 こうであれば、美しい話ではある。そうであれば、信長は何と悲しい男であろう。 其々の心情が織り込まれた言葉の一つ一つが、胸に迫る。

約2か月前

きっと誰かが祈ってる

子供にとって母親の愛は別格だということは分かる。 しかし、保育士の仕事というだけで、その愛情を軽く扱ってはいけない。短くとも、代役であろうと。。 島本さんは、自分の魂を預けて、預けられて、子供達の心の土台を築いているのだから。 自分が涙を流していることに気づきませんでした。多喜ちゃんは、きっと名前通りの人生を送れる。

約2か月前

奇跡の人 The Miracle Worker

日本版ヘレンケラーです。 諦めない事。信じる事。愛する事。 奇跡はそういう人に起こるのだと思います。

約2か月前

151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241018019b7 c2cb 4729 91bf a3c53d4f587aD61bc789 add2 4e2c aecf 69bc54ed4972Cd98eca8 f1a5 4e5f b54e fa54973b2585
怖いこわい京都、教えます

そーんな怖い話でもないし。怖いよーって感じでもないのだけど。異様な気がするって場所の番号が、京都の地図に記されている。100以上のNo.に埋め尽くされた京都洛中洛外。私の友達は、京都に行く時「粗塩」持って観光しています。何かに気が付いても、知らないフリが一番昼間だろうと、街中だろうと。何かが普通に起こり得る街が京都です。

約2か月前

観察の練習

ページの左側の写真を見て、違和感を感じ、回答は次のページの右側に書いてある。文字通り、観察する力を練習する。「ほー」とか「へー」とか言いながらページをめくって下さい。案外楽しかったです。

2か月前

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6Fa912383 d72e 48ea b0ad 6d9c5e5c80bd8a6c15ff 8a5f 458c 8cd1 10984e4544217d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfEde2370c 52b5 401f a02b f85ff334e436238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990Aeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8 41
ヒトごろし

本の分厚さに、手が腱鞘炎になりそうだった。 過去最高じゃないかな? 「ヒトごろし」という言葉が何十回もしつこいほど登場する。 土方歳三は、「人を殺すのはどんな理由があったとしても許されない事」と言っている。だから、「人を殺したい」と思う自分の事を人外と呼んだ。 これは、まともな正論ではないのか? 戦争は「人を殺す」事を褒められる。こちらの方が異常なのではないのか。 其々の正論をぶち上げ、敵とみなし殺す。それが「正義」だと拍手喝采される幕末。そして死にたがる侍。 作者の声が土方の怒号となって聞こえて来る。 みんな馬鹿野郎だと。 人の心はオセロの石だ。だから、悩んだり迷ったり不安になったり自分を責めたりする。 土方歳三は、「ヒトを殺したい」自分も「ヒトを殺す」自分も反省したりしない。碁石の黒!潔し。

2か月前

Cd24db8e e921 4c75 9519 dab3e0acc2435cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2
ミステリークロック

弁護士純子先生。こんなに滑稽だったか?榎本の推理を上回るべく頑張れ。と応援したくなりました。4つの密室ですが「ミステリークロック」はトリックの説明を聞いても。理解するのが難しかったです。図解までしてもらっているのに。情けない。。。

2か月前

D8bd5243 89b0 4412 993a 68dbafb2cd772c14773f 19ca 4779 b486 b3b7106c588c
神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

自己啓発本にありがちな押し付けがましさがあまりない。優しく愉快に紹介している。

2か月前

D4b88cf8 5d50 4fc1 ade0 d9e34f94b0ab5c738d69 3cec 4a4f ab36 b155dc79bc7bIcon user placeholder9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Picture 26
教場0: 刑事指導官・風間公親

教場シリーズ。風間は刑事指導官たったのか。頭脳明晰。冷徹な指導。事件の謎は部下に解かせる。

2か月前

淳子のてっぺん

女性軽視の世界で山の魅力に取り憑かれた女達が突き進む。女の集団って難しい。女は大きなリュックだけを背負って山を登っているのではない、いつも違う何かも一緒に背負っている。ご主人は、本当に素晴らしい人だ。自分に対しても奥様に対しても。こういう奇跡の組合せが新らしい大きな奇跡を生むのだろう。激しい生き方をしているのに田部井さんは、優しい。

2か月前

1a4c5338 9ae7 4aff 9faa ae2cb299b1c0E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e15ce16a4e 631a 4333 beac 3eacf7b7c51a6502914a 62b7 4fcf b2d0 51bd350ec756Icon user placeholderIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 10