681218a9 ecf3 48b8 921b 1f66eefff9a9

ももチョップ

( ̄(工) ̄)

( ̄(工) ̄)

23

コメントした本

過ぎ去りし王国の城

みんなほんとに助けたいと思ってる。塔の中のお姫様。自分が有無を言わさぬスーパーヒーローだったらいいんだけれども。ファンタジックに健気な冒険譚につつみつつ現実的な沈んだ気持ちになる問題に向き合ってる作品だなーとおもう。

約1年前

D612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bIcon user placeholderBda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d368f2aca2 63c4 4455 8527 08e19c10bedeD46f6615 a04d 44c0 9ee1 e22aa60894efFff93dc7 343b 4d97 903d 5848a1b68e94 31
暗黒童話

モチーフは目新しいわけではないものの、想像が追いつかない展開で一気に読めた。まさに暗黒童話とゆう雰囲気の挿話をあいまあいまにはさみこんでる部分はもちろんだけど、恵まれたお姫様が試練を乗り越え強くなる的な主題なのかなとか、小さい謎を残したままのキャラクターの背景やその後を想像させるところとかも童話なのかーと思ったり。

約1年前

2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52Icon user placeholderIcon user placeholderE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabFc3532c5 f6b2 4f73 a6ae fb26c8fc4d10Bf64f3c0 6027 4f72 bb4a 68ee5c650bb7 25
白蛇抄

濃厚な渦巻きに巻き込まれたくてうずうずしてたのにただ淡々とコトが進んで終わったかんじ もっと湿度とねっとり感を求めます

約2年前

物語のおわり

とあるアイテムをリレー式に送りながらいくつもの物語を語る。ひとりひとり特別な物語の主役を張れるような派手な人間ではないのにちゃんと主人公としてバトンタッチ。設定も相変わらず楽しませてくれるけど、湊かなえさんの世界の人間は、そこらへんにゴロゴロいる弱くて情けないふつうの人がジタバタしているから好き。

約1年前

376d857b 263a 4712 987d e1db28f8adbaD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbcCb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b34f0746a 6f52 4dff 8c03 f66cf8dff33e007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d2646851326a c00d 4609 9a4a 0134bb54f44b 60
儚い羊たちの祝宴

ぺろっとめくると芝居がかったレトロな文体に引き込まれ買って帰っていっきに読んだ。 説明が多すぎないほったらかし感も適度な湿度で濃厚すぎないとこも好き。人物や情景の描写もまわりくどくなくて脳内で映像化しやしすいのかとにかくあっとゆうまに読了。

約2年前

A9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696Icon user placeholderBe2fdad0 d2ab 4d02 a2a5 a633d3e2891e9d8ae673 fe7d 40b5 b9c2 7ed006dbe98b71abaace c584 498d 84e5 e132c188cdec1fc36915 d6e1 4dad b7b3 6ed05186a467E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab 82