F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

風見鶏

好きなものを好きなように。メモ代わり

好きなものを好きなように。メモ代わり。 ミステリーとホラーがとくにすきです。

198

コメントした本

転生したらスライムだった件(1)

3巻まで読了。 面白かったです。最近流行りの異世界転生もの。疲れた時にぼうっと読めていいかんじです。名前をつけるとモンスターが進化するという仕組みが面白くていいかんじです。 スライムかわいいです。スライムのままのほうがいいのになーと思わなくもないですが話を進める上でぽよぽよぷにぷにの物体では難しいこともあるのだろう……。 一番驚いたのが表紙の女性。カ彼女がヒロインでいい感じになるのかとおもいきや……。

1年前

24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a3B5a842d2 0468 4649 8810 4e515711ea4610653d97 d23b 4dd4 976f 7eddc9e7ecb7Aa97bbbc 1054 4c11 a4bd f0cdf695a5414b3687b5 6d88 448f bd6a 5b00a4f69c9cE227759b f526 49f5 a40d 18d677ea8926Icon user placeholder 10
マチネとソワレ 1

大須賀めぐみの最新刊。 大須賀めぐみ作品はどれもめちゃくちゃ大好きで楽しみにしてたんですがやはりこれも面白かったです。 役者ものという噂を耳にしたときに役者?と思いましたが全く期待を裏切らず、突き抜けたバイオレンスたっぷりの狂気とテンションが高い役者ものでした。大須賀めぐみ節炸裂でした。 これは最後どういうふうに着地するのかが楽しみで仕方無いです。 ヴァニラフィクションを読んでいた方へのサービス(?)もちょっと有り。 あれはセルフパロディなのかどうなのか。 「つまらない、ありきたりな作り話」というタイトルに相応しく実は作り話だったのか……?と色々邪推したくなります。 17.03.15

1年前

093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c14856b0d7c3 a68a 4d43 bd8e 37afdd67e913Afe9a1ca e3e7 40ad 9bb1 d03c1a656a79
とんがり帽子のアトリエ(1)

白浜さんの新作やっと買えました。 期待していた通り面白かったです。相変わらず絵がとびきり美しい。 個人的には前作のエニデヴィのほうが好みでしたが正統派ファンタジーってやっぱりいいなあと思わせてくれる世界にどきどきしました。 不思議な世界、凝った魔法の仕組み、何やら不穏な大人たち、と、盛りだくさんでした。 これから弟子の子同士で仲良くなっていってほしいです。 17.03.15

1年前

Ad2b6c8f 7108 4631 870d f9efca90cf0710653d97 d23b 4dd4 976f 7eddc9e7ecb78b9c0706 c185 4eb3 b458 04dab8c13a408b27780a 27de 436a 9e42 be3cf20774a6Icon user placeholder1f716bc8 27c3 45b7 a472 bb481d9202c23bf82bef c2a8 496f b102 52e6fc0ef964 42
ロルドの恐怖劇場

古典クラシックホラーの趣がある大変に面白い本でした。 ホラーといえど幽霊や化物が出てくるようなものではなく、人間の狂気や死が悲劇的な結末をもたらしたり、恐ろしい事態を招いたりするものばかり。こういったホラー大好きです。 素晴らしかったです。他の短編も読んでみたいなと思いました。 17.02.10

1年前

二階の王

ぼぎわんに載っていた賞の選評でクトゥルフ神話ものと書かれていたので気になって読んでみました。 引きこもりの兄をもつ妹を中心とした、閉塞感が溢れる世界のパニックホラーといった趣の話でした。 この閉塞感が半端ない。 妹もそうだし、もう一方の主人公でもあるへんなものと戦っている集団も、戦っているからといってカタルシスを感じれるわけでもなく世間から爪弾きにされただひたすら息苦しさを味わっているという底知れない絶望感と悲壮感と閉塞感がありました。 世界がものすごく狭いところで完結していて、それがどうしようもできなくて八方塞がりって感じがひしひしと伝わってきて胸を締め付けられます。 話自体は確かにクトゥルフだーと思いましたし普通に面白かったのですが、期待していたほどのインパクトはありませんでした。ただ鬱々としているような印象。最後盛り上ることは盛り上がるんですが個人的にはもうちょいなんか気持ちよい感じがあってもよかったなあと。ちょっと肩透かしくらって残念。 人物造形もなんかちょっと個性をつけているわりには薄く全く好きになれなかったです。 ただオチはすごくびっくりしました。 ああだから「二階の王」なんだな……ってなりました。 16.12.30

1年前

5d1b37ea 7e65 4fa1 a7b0 d69ac4902b881638af4c e32f 4e25 a746 c60199761998
鬼の蔵 よろず建物因縁帳

建物に纏わる怪異を書くシリーズになるらしいものの第一弾。 猟奇殺人班シリーズとはうってかわってしっとりとした和物ホラーでした。 空気感は三津田先生の刀城シリーズをものすごーーくライトにしたかんじだと思います。民話ホラーみたいな。 冒頭の語りが結末に繋がるのがなんとも物悲しい雰囲気を醸し出していて面白かったです。 11.12.30

1年前

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Icon user placeholder14c0edd3 6e44 4de9 819d d695339835931525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad443cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03
新装版 虚無への供物(下)

前半に引き続き怒涛の展開が万華鏡のようにめぐるましく動き、これは一体どうやって着地するのだろうと思えばラストは案外綺麗に終わりました。 ちゃんと「犯人」がおりました。 反推理小説、アンチミステリーと呼ばれる今作ですが、最後の独白のあと、エピローグになる部分を読むとなるほどなあと思わなくもないです。 御見物集が存在し、凄惨なものを面白がるからこそ事件が起きるのだという纏めは、推理小説を否定してるなあと思わずにはいられないです。 登場人物が矢鱈、事故で死んだものの魂を悼み、ただの事故死などで誰々が死んでいいはずがない。死には理由が必要なのだと力説するあたりも推理小説の否定なのかなと思いました。 面白かったです。耽美な作品でした。 16.11.19

1年前

C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b19de2fed 9472 4fce 90e4 1ed9e7ed3b73B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8498f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573
新装版 虚無への供物(上)

三大奇書の類いを読んだことがないなと思い手に取ってみました。 まずは一番読みやすそうなこの本から。 殺人事件が起きて、探偵役に立候補したもの、または巻き込まれたものが推理合戦を繰り広げる今巻。 時代を感じさせる古めかしく何処か洒落た雰囲気がたっぷりで大変楽しく読めました。登場人物のキャラクターが濃いです。色々推理を披露しますが、結局はまだまだ結論は出ておらず。みんな楽しそうに自分の案を口にします。 連続殺人(?)にも関わらず人が死んで楽しんでるなあ、楽しそうだなあと思いました。 上巻最後の殺人のほうが無意味な死ではない的な台詞に、ん?と思いつつ、では犯人は?トリックは?と不思議が増すばかりです。 これでムレタが上巻最後で言った、いっそ殺人の方が意味がある死だみたいなことが伏線で、探偵役たちの推理は全部無意味で連続殺人事件はただの事故や病死だったみたいなオチだったらどうしようかなと思い始めました。どうなるのかな。 ここまでは普通のミステリーといった感じなので、何をもって奇書というのかは下巻かなと思うので楽しみです。 16.11.07

1年前

7979d5d9 3647 4f3f a310 1f74b9820568C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b19de2fed 9472 4fce 90e4 1ed9e7ed3b73B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8495838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf9828f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573
武家屋敷の殺人

詰め込みミステリーと聞いて読んでみました。わりと厚めの本のわりにするすると読めて面白かったです。 個人的には二転三転する仕掛け!展開!というよりは、ひとつの謎が解決された(?)と思ったら次から次へと新たな謎が浮上してきてそれが最終的に……。といった趣のお話でした。伏線も上手く繋がっていて、作中のさりげないシーンが後から、ああこんな意味があったのかと思ったりできて楽しかったです。 ただあまり探偵役の二人をはじめとする登場人物たちに魅力を感じなかったのがちょっと残念。展開などは面白いのですが、最後までキャラクターにはそんなに愛着が持てませんでした。 16.10.28

1年前

バビロン1 ―女―

前半は特別に面白いということもなく、不穏な空気を纏いながらもわりとゆっくり進んでいく展開にふーん……と読んでいたのですが 後半、特に終盤、神域の本当の目的が明かされるところから面白さが加速していって衝撃のラスト……助走が長いジェットコースターみたいでした。 面白かったです。続き気になる……。 16.08.31

1年前

1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd6640ae2b6dd e217 4880 8508 2f16c668ccf7
はたらく細胞(1)

4巻まで読了。 からだのなかで起きている細胞たちの働きをわかりやすく面白く教えてくれる漫画。 勉強になりそう。 わたしには合わなかったけど普通に面白かったです。

1年前

03487e9b da2f 430f 8706 963a87c3209f3bf82bef c2a8 496f b102 52e6fc0ef9649807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef446da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed66603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1Icon user placeholderA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e 30
寄宿学校のジュリエット(1)

3巻まで読了。 正統派ラブコメで面白かったです。普通に現代の話かと思ったらファンタジー世界だった。 女の子みんな凄くかわいいです。野郎どももいいキャラいっぱい。不快感がそんなになくさらっとたのしく読めました。 (もうくっついてるんですけど)主人公とヒロインが早くくっつかないかなあ二人の恋に幸あれと思わずにはいられないです。 17.03.15

1年前

B269b024 95e3 439f a195 51e50f65d85fD2411a41 53e0 4487 9154 fc0c9d0906f8
どこの家にも怖いものはいる

今回もいい感じの得体の知れないホラーでした。 作家シリーズの番外編みたいな雰囲気なんでしょうか? なんとなく似ているような雰囲気のでも違う話が数話入っています。 なんとなーくキーワードは同じでも話自体はまったく違いそしてなんとなく不気味です。その雰囲気がとてもよいです。 最後一応怪異の原因みたいなものは突き止めますが、きれいさっぱり解決したり怪異を捕まえたりはしません。そこらへんの余韻も好きなところ。 17.03.06

1年前

27e3a8c1 4a20 4fc6 a277 7af54db675e831b5486a c4f7 48eb aa2d 05a1fe4b73671fda9304 1a57 4067 a562 0a228064933e8da81b75 2cd3 4cb1 860e 24413144f9177077ea9a 34fc 4c13 8c90 c84723e31bdd7c4c3b00 0d22 4482 af27 e6bd5954bc75
鬼談百景

ホラー短編集。 化物が出てくる感じではなく、日常のちょっとした隙間に入り込む不可解なものの話ばかりでした。 しかしそれが物凄くこわい。一つ一つの話は短いのですがとにかくぞっとします。 名前がついた怪奇現象よりも、「よくわからないもの」がいちばん恐ろしいなと思いました。 特に嫌だったのがぶらんこの話と排水溝に髪の毛を流す話。 深夜に布団のなかで読んでいたのですが普段気にならない物音が物凄く気になって仕方なかったです。 17.01.28

1年前

Icon user placeholder39daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71eC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a25804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9ab
ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

おもしろかったー。 前後編の前編なので続きが気になるところで終わります。薄いけれど濃かった。 冒頭はいつにもましてほのぼので、ここからどんな猟奇殺人になるんだろうとぼんやりしましたが全然いつも通りに畳み掛けるような猟奇殺人こんにちはでした。 フィクションとはいえ、猫と子供が犠牲になる事件は心が痛みます。 個人的に昆虫法医学者のあれこれが鳥肌もので大変よろしかったです。彼岸に佇む人は怖い。 ヒロイン的には大切な大好きな彼の人が彼岸側にいって仕舞わないように願うばかりなのがなんとも言えないなあと思います。ヒロインと彼の人が、いつかきちんと気持ちを分かち合える日は来るのだろうか。 終盤に出てきた意味深な少年も気になります。前作でヒロインに逮捕された殺人犯も脱獄し……混沌としてきたなあと思いました。後半も楽しみです。 16.12.30

1年前

840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a7155b4b7c22 d274 4b47 a0c1 cf88966cf001Icon user placeholder25d51b5d 25b9 4674 becc d07d9a62d8147e5c6331 f63f 4d94 8486 af349f027236412a8f57 8134 49d9 91f9 eb3185779812 10
殺戮にいたる病

どんでん返し系の傑作だと耳にしたので手に取ってみました。 最初の最初でもう犯人の名前が分かっているにも関わらず、最後思いもよらぬところで驚かされました。 我々が頭のなかで描いていた犯人像と作中で語られる犯人像も然程齟齬がなく、これはどんでん返しになるのか?と疑問だったのですが後半にいくにつれて段々頭のなかの想像と展開に齟齬が生まれ始め、最後の数行で「えっ?」となる作品でした。 二度読むと大変に上手く出来ていることがわかり、ああそういうことだったのか……と放心します。 面白かったです。 16.11.27

1年前

D05610bc 72d6 4401 b9e2 7173e490655439daa13d a72a 4906 a7e4 ad8313cdb71e2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856feb86de3dca fb76 48d9 9d56 8d0ef66f9d57B2671df0 f03e 4bdf 96a9 8e76ae8458f51e51f29c 3094 4fe9 8d7c 60d46b4c4c01Fc178239 1c1b 4b20 aea5 b12804f5458c 82
連続殺人鬼 カエル男

一気読みしました。 タイトルが洒落っぽく軽めなので見くびっていましたが、中身は普通の警察ものミステリーで面白かったです。 斜に構えた主人公のキャラクターもいい感じでした。散々な目にあっていますが割と好感が持てます。シリーズものにしても良いのでは……と思いました。 死体や格闘シーンのグロテスクさはわりとありますが、読後はさっぱりとしていて割合爽やかな雰囲気がしました。 完全無欠に事件が終わるエンドではなく、ちょっとあとを引く終わり方なのもミステリーらしくてよかったです。 16.11.08

1年前

Icon user placeholderBa6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c66369b3bfd 48f6 4f9b 906d dcb7e6a759d5Icon user placeholder6d6a7701 f781 4f5a a4d4 5d7a26318e74956d2271 8c26 4469 8d7d 162f6cb03d69E4445aa3 747a 43e0 9091 de7c9060024a 34
怪奇礼讃

怪奇な話を集めた短編集。 『塔』が一番すきでした。面白かったです。 「怖い話」といえばそうなのですが、この短編集に納められてたいる話はどれも幽霊や化物が跋扈するというものではなく、不可思議そのものの正体は掴めないけれどどことなく奇妙で気持ちが悪い世界といった趣の話ばかりでした。まさに怪奇の名が相応しいのではないかと思います。 16.11.07

1年前

バビロン 2 ―死―

前巻よりも面白さ増し増しでした。 前半の、登場人物が出揃って、これからかな?という感じと、後半の政治家の攻防。 そしてラスト十数ページの畳み掛けるような衝撃。 前半の政治家パートが堅苦しく現実的な展開だっただけに最後の曲世愛のターンは非現実的すきて寒気がするほどこの女が恐ろしかったです。 面白い…これからどうなるのかすごく気になります。主人公大丈夫だろうか……。 16.09.27

1年前

9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd66443cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca03Dec40757 3667 4e2d 81a2 2d68d47ddcd428bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef312aa168be e4d4 4a6d b855 9ff8a0c90ab7
ずうのめ人形

前作も面白かったですがこちらも面白かったです。前半が正統派ホラーなら、こちらはホラーミステリーといった雰囲気があります。 この作者さんは歪な家族を書くのが上手いなあと思いました。途中までの少女への憐憫が一気にひっくり返る構成が楽しかったです。 やはり人間が生み出す歪さと「えたいのしれないもの」が一番恐ろしいものだとしみじみと思います。 何にも原因があるはずがないのに、結果的に呪いを生み出しているという気持ち悪さが怖くて面白いです。最後のなんとも言えないじっとりした人間の厭な感じ、良かったです。 これだけでも読めますが、前作の登場人物も引き続き出ているので纏めて読むと更に面白いかもしれません。野崎さんと真琴ちゃん、好きです。シリーズにするつもりなのかしら。それはそれで楽しみですが、怪異にばかり首を突っ込んでいるけれど普通に幸せになってもほしい……。 16.08.30

1年前

1638af4c e32f 4e25 a746 c601997619984b866375 cfdc 45cc 9ffa 4dbd8ba9231922f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc80b0253f7 0e26 4489 a09c 7488d8e3eb77E4a32fd1 0789 4ae4 b77c 1a3a602f4cd2