E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

月に6冊以上、年間75冊読破が今年の目標…

月に6冊以上、年間75冊読破が今年の目標 少しずつでも、積読を解消したい

227

コメントした本

少女探偵の肖像

2018/5/14読了 途中まではなかなか話が進まなくて入り込みにくかったけど、後半からは事件のことで主人公のシシーが素人ながらに首を突っ込んで、引っ掻き回すのでスピード感が上がって読みやすくなった。推理ものとして期待して読むと面白くないかも。 子供の頃からナンシードルーシリーズが大好きなので、ストラテマイヤー工房とキャロリン・キーンの関係とか、そういう薀蓄系の部分が面白かったなー。

8日前

佐藤優の集中講義 民族問題

2018/3/28読了 民族紛争や分離独立運動など海外の動きが気になっていたので読みたかった一冊だった。ゲルナーの「民族とナショナリズム」を岩波で読んでもさっぱり理解出来なかったと思うので、ウクライナの具体的な事例を挙げて解説してくれていると、あれはそういうことだったのかと理解しやすい。沖縄の問題も取り上げられていて、日本も他人事ではないのだなとようやく認識し始めました。

約2か月前

レアリアIII: 運命の石

2018/3/11読了 後編だけど、ページ数的にも内容的にも、五年前のグランゼリア戦を描いている「碧落」の方が割合としては重い印象。 オレンディアにとっての絶対的な一番がユーディアスとアリュージャでの三人でいることで、両方同じくらい大切にしてたのは分かるんだけど、何かそうなるとミルゼがなー。アリル派なので大人組はミルゼが好きなんだよな。道化師の代替わりも何かよくわかんないし。早く続きが読みたい。

2か月前

ペンギンの音楽会

2018/3/7読了 絵から伝わってくるものがとても多くて、絵本という形式でこの本が出されたことに意味を感じる。ペンギンとクラシックって似合うなー。

3か月前

ちどり亭にようこそ3 ~今朝もどこかでサンドイッチを~

2018/2/25読了 美津彦が毎回、最高なのは何なんだろうな?番外編まで含めて美味しすぎてズルいと思う。そして、永谷氏大好きな花柚さんが可愛すぎて癒される。家族について色々考えさせられる3巻目だった。

3か月前

下鴨アンティーク アリスと紫式部

2018/2/17読了 祖母の遺した着物にまつわる不思議を紐解いていくミステリー仕立ての連作短編集。鹿乃と慧ちゃんのまだ形にならない淡い関係性も続きを楽しみにさせてくれる一因になってる。

3か月前

B91ba929 de95 4ce5 b8c6 9f409a93391fF8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52bBc8c885b e34f 4422 900d bcf040996b5b2857d547 d609 40e0 87cd 1e0b7c80b390Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbA1dca19c 619d 4113 a93a 4f0a5ce56abe
高校図書館デイズ: 生徒と司書の本をめぐる語らい

2018/5/6読了 札幌南高校の図書館司書の先生がまとめた、図書局員として活動していた高校生達の本との関わりを巡る話。ビブリオバトルに出た子や、帰国子女の子、純文学を好む子もいればSFが好きな子もいる。相対的に文化的素養の高い子が多いのは、進学校だからなんだろうな。丸山眞男と小林秀雄の評論を比較している子の話が昔自分もほぼ同じことをしたので懐かしく思えた。どちらも現国の教科書で読んだけど丸山眞男嫌いだったなー。断定的な高圧的な書きっぷりが癇に触って仕方なかったんだけど、今読み返したら違う感想を持つかも知れない。

16日前

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cB67f9947 1751 4b41 a19c eea827b47609E860fe77 0edc 43a3 bd14 077ec9fdf645F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9A432e0fd 517b 4039 a0a9 b1b5d5edcfd1B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d23124Icon user placeholder 25
シネマ食堂

2018/4/22読了 食事のシーンが印象に残っている映画は何本もあるけれど、そのうちのかなりの確率で飯島さんがフードコーディネーターをやっている気がする。この本を見ながら、またあの映画が観たいなと思ったり、まだ観たことのない映画のタイトルに、次はこれを観ようと思ったり。楽しみが増えていく幸せな本。

約1か月前

E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419093bed27aa 14e5 4ef0 a9f2 e20ef264c7920ff73a45 e921 40b1 bf48 d454f369ed174a877dfc 11d7 4bfd 8e93 7618d4bcfe8f135b803d 7ca3 4402 8442 5d742e74d211
知らなかった、ぼくらの戦争

2018/3/16読了 「戦後」という言葉は、何の疑問もなく太平洋戦争の終戦からだと思っていた。この本の序盤で、第二次世界大戦後も世界のあちこちで戦争を続けたアメリカとの比較をされていて、日本の「戦後」は英語のそれとはニュアンスが違い特殊なのだということを初めて知った。

2か月前

レアリアIII: 運命の石

2018/3/10読了 どんどん面白くなってきたー!! アリルがかっこよくてもかっこ悪くても一途で好きだな。

2か月前

あまからカルテット

2018/2/19読了 出てくる食べ物がどれもこれもあまりに美味しそうで食べたくなります。特にお稲荷さん!! 友達のために、残された小さなヒントから謎の人物を探し出す行動力と人脈と諸々の才能に溢れたそれぞれに魅力溢れるタイプの違う女達。女友達って絶対の味方でいる時は本当に頼もしい存在です。

3か月前

94e67008 1e6b 4971 8bfa fe092db3c9f2921ace39 5704 46db bb90 a5e7d4ea4a4cIcon user placeholder52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600fIcon user placeholder0a59e98b 99ca 4c4d 9593 34578963c960A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f 33
ロボット・イン・ザ・ハウス

2018/2/15読了 前作より読みやすくなっているかも。前作がベンとタングのロードムービーだとしたら、今作はベン一家とタングとジャスミンのホームドラマ。お兄ちゃんになったタングがはりきったり空回りしたりする様が可愛くて愛おしいです。

3か月前

Db6aea15 fb3c 40f3 a43f 953741d438631525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0