7cbdbe2d ca18 4304 8f78 b8e300f16dbc

やまに こうた

てつがく。 ふぃろそふぃあ。

てつがく。 ふぃろそふぃあ。

32

コメントした本

51u 1iamavl

平尾先生の面白さが光る本。 内容はとても読みやすく、中学生が読んでも理解できるような内容である。 しかし、中身はとても高度であり、今までこれほど「哲学の仕方」を丁寧に教えてくれる入門書はなかったであろう。 哲学とは何か?また哲学するとはどういうことか?ということを学びたい方にはおすすめ。

3か月前

415c96pty2l

漢文に関心をもったので読んでみた本。日本文化が漢文によって殆ど構成されたといってもいいということが説明されていて、とても興味深かった。最後の「おわりに」の文章は非常に感動した。

4か月前

480dae05 9cb2 4c84 bf31 8804de0a08ad4beefcde cc0f 4952 9db4 d3128d1f07301ed9e861 4bfe 4bc9 b29c 1f795fa3643e
51suitztabl

哲学の入門書と表記されているが、意外にも内容は難解であるように感じた。しかし説明が丁寧になされており、パラドックスを説明する際にも、身近な例へと敷衍してくれるので親しみやすかった。簡単な哲学入門書を読んで、次は何かと迷っている人にはおすすめ。

4か月前

41aabqy kjl

『勉強の哲学』完読。 どうして今まで自分が浮くのか、ノレないのか、その謎が解けた。 自分の思考がまさに具現化されている感じがして、共感というより、本に共鳴できた。 学問をする全ての人に読んでほしい本。

3か月前

Bd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb2978de57a e126 48d8 bc1a 2bb77b5765cd71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e950b02c911 36ec 4e00 8722 3c2f5a4f0637E0847e01 2d22 4357 9d04 e6c28170c4c81dfafc14 609a 4979 b77b 8e9bc6b9a83c84b7f078 1707 4d7a 873b 96898bbba57b 46
51ux3qyzsil

600頁に及ぶ大著である。しかし、筆者の辛口な物言いが非常に癖になるとともに親近感が湧くため、読みやすい本である。この本一冊で大まかな漢文力はつくであろう。大学受験を控えている高校生にはおすすめ。

4か月前

51h5z%2bwwenl

自分にサイコパスの性質があるようだったので、試しに読んでみたが、その本質がわかりやすく説明されておりとても興味深かった。

5か月前

4420c39a 009b 48de bf32 904eefff6a0eCa601073 b592 4f74 aba3 ea4fcc879f6aD5204e52 6593 451b aea5 5146926253bfC9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbb22b6ed82 cf53 436f 84fa b63ac1619f849b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b8 9