B610edd7 fd1f 4cab aa62 22c3324912a4

gray

本が好きな学生です

本が好きな学生です。 基本はなんでも読みますが、あまりホラーなどは読みません。 好きな作家は有川浩先生、湊かなえ先生、朝井リョウ先生です。 今年は年間40冊を目標にして行きたいです。

115

コメントした本

幸せを君に

携帯小説。 現実よりも少し、綺麗な学生恋愛の切なさが描かれていて、最後は泣いてしまった。 切ないラストに感動しました。

1年前

そして父になる

自分がもしそうだったら。そう考えるとゾッ、としてしまうお話。 けど、とても色々と考えさせられました。 子供は無邪気だけど案外考えている。そしてあっという間に成長してしまう。 そして成長する過程で必ず育てた人にどこかが似る。 似ていないように見えても、内面のどこかが似るのではないのでしょうか。 たとえ、それが生んだ親でなくても。 血を重んじるもよし、血を重んじないもよし。 色んな「家族の形」というものがある。 そう思いました。 とても、暖かい気持ちになれました。

1年前

Effb4c23 fb3f 47c8 9686 b73b6f1adf9714ac1dd3 5a85 4954 8ca6 b1982809aeccBf3cc9c3 bfba 4438 b90d e46137074ccf3880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a81b6796ee 2f0c 49db a4dd 9faff8a6aa9388630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cEe0afcc0 4d0a 4ebf 966d 9cd1e480d48a 11
南総里見八犬伝

滝沢馬琴先生が書いた有名な南総里見八犬伝。 現代訳語されていて、子供でも読めるようにされていました。角川つばさ文庫ですし…(実際読みやすかった)。 初めて南総里見八犬伝を読みましたが、何度読み返しても飽きない! 1人1人が魅力的で、勇気がある人物達。困難を乗り越える様はさながらあっぱれという感じでした。

1年前

七十歳死亡法案、可決

もしも、自分がいきなり「70歳にったら国のために死んでください」なんて言われても突然だし、死への恐怖で断固反対の姿勢を取るかもしれない でも、この法案に今の私は賛成。 家庭を持っていても、もっていなくても、結局は70歳で死ぬ運命。 やりたいことを精一杯やって死ねればそれが一番いいし、介護をしてもらうなんて屈辱…と、迷惑になる。だからどうせなら迷惑もかけず、国のため、次の若い世代のために死ねるこの法案は本望とも言える。 もちろん人情に訴えたら、非道かもしれない。 でも、少子高齢化社会として高齢化が進み国への負担が重くなる一方だというのなら、たとえ非道でも安楽死という道があるなら安心して死ねる だから賛成。 この本は現代社会において、問題視されていることについてしっかりと描かれていて、いつかこれがホントのこととなったら少し怖いと思った。

1年前

B36d6d06 dc3b 4e44 8ca4 73b8eb6c2c4bA3e1f311 7d81 4097 8d3c f9fbf1bc56f923c83934 71cd 4fd1 81fe e6722e4a55c0D4f38d57 ec48 430e a624 8304dbd0e13527975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41Bdc32ff1 da6a 4aa4 9205 c9b3eccd05c8922c15e0 ca3b 4523 a34b edecb041985d 10
君の膵臓をたべたい

まさかの佐倉がなくなってしまった。 泣けそうだったんだけどなぁ… 叫ぶところで冷静になってしまいました。 ものすごい、タイトルから想像もできない内容だった。 最初の方の伏線だった通り魔。 これには驚いた。 膵臓ガンではなく、通り魔。 予測してたことではなく、予測外の亡くなり方は佐倉に関わった人全て、とても大きな悲しみとなったんだろうなと思う。 途中の佐倉が主人公をおちょくっていて、誰だって怒るよと読んでいて言いたくなった。 星の王子さまくだり。 映画が楽しみ!

1年前

A13cfc2c 655b 48aa 9a13 29ccd51ddcfb92c8cc90 799b 4c98 bbe9 a4e8f15cf5594b3e6c21 0c28 4f50 9133 8a20a35c6d1dIcon user placeholderIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac2e2c6a29 0acf 4467 bef5 4f072ce826a3 560
よるのばけもの

中学生らしい無邪気さが残酷で怖かった。 一歩間違えれば『いじめられる側』となる。その恐怖に怯える井口さんの気持ちはよくわかった。 でも、罪悪感で本人の望まない仕返しをするのはちょっとなぁ… 中川さんと元口と、工藤は本当にどこにでもいる中学生。 ちょっといきがってるけど、弱い。 工藤さんは、主人公の安達が好きだけど(そう感じた)『ずれた側』となったら手の平を返す。 今どきの中学生らしい描写が多く、共感しやすかった。 笠井に関しては、クラスの中心、逆らえばクラスのはぐれものとなる。 そんな感じがした。 安達がいじれば、時々不機嫌になる。 これは、気分屋なのだろう。 自分よりも弱いものに弄られるのは気に食わない。 上手いことクラスを操り、高みの見物系のヤツでこいつが一番気に食わなかった。

1年前

Icon user placeholderAbddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad562966eb491d 010c 4c24 85c4 ef8eb2d41b3e927b68d8 fdab 4c7f a050 3a130cd10f52Icon user placeholder1e0b404c 5d64 43ce b2e3 c786d82b320f2d9265af b4f0 432a 84ac 206827fb9e8a 130
ラスト・ゲーム

生命というものはあっけない。 昨日なら伝えられたことも、今日は伝えられない。 そんなことが起こりうる。 いつ起こりうるかわからないから、大切な人へ言うべきことはきちんと言いたい、そう思いました。 いろんな人が優しく、心が温まるお話でした。

1年前

少女

なんというか…重い。 話自体は、死をテーマとしたものと感じました。 最後の方は意外なつながりがあり、理解力の乏しい私は何度も読み返さなければなりませんでしたが、理解した時は驚きました。 最後はだいぶスッキリしましたが、「爽やか」という感じはありませんでした。いい意味で。…さすが湊かなえ先生。

1年前

Icon user placeholderA4180189 89b9 491c abf7 d03e985ee44aB0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baE0ad993d 295b 4d2b b936 cc56c26edbe20d7a3d40 9d2f 4a8b acd9 4ed531fb446b6f010d11 5165 461f aef4 862b15e17f70E4221da0 872a 47ba b2cd 4218ac819b52 29
サヨナラ自転車

命とは、改めて考えさせられました。 あっけなく無くなってしまう。だからこそ日常がどれだけ大切か。 絵に惹かれて読みましたが、内容がわかりにくいところも少しありました… 全体的には泣ける、そんな話でした。

1年前

剣と紅 戦国の女領主・井伊直虎

大河ドラマの予習として読みました。 井伊直弼はっていましたが、直虎は知らず新鮮な気持ちで読みました。 直政が少し切ないかもしれない… 女の強い一生、読み終わったあとはなんとも言えぬ気持ちになりました。 好きだった幼なじみと一緒になれず、しのには敵意むき出しにされて…でも最後はすごく良かったと思います。

1年前

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d24ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909
また、同じ夢を見ていた

南さん、アバズレさん、おばあちゃん。 どれも、多分主人公の女の子が大きくなった姿なんだろうと思いました。 どれも切なかった… 友達がいない、というのは納得した。自分が小学生の時にこんな子がいたら多分、というか絶対に距離を置くだろう。下手に大人びていて近寄り難い。 でも読後感は爽やか。

1年前

3f0cc1e5 ef21 4c22 bb5c 3a3821214ce94b3e6c21 0c28 4f50 9133 8a20a35c6d1d4807babb cbb7 4407 8f93 6ad7eac443f336fa6db7 dc39 4df8 a22e d47a80ce9067Cacea712 d20c 45a6 bdf5 f540981ea717A8c6027e 56a5 4284 9c4d e27d39066727Abddc058 3fe3 42d6 b423 43c838ad5629 243