Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2

Na☆

電車に乗っている時が主な読書時間です。

電車に乗っている時が主な読書時間です。

184

コメントした本

ジャイロスコープ

「一人では無理がある」が素敵なお話でした。結果オーライ!

1年前

21432533 9b51 424a 8da3 02b49eff6cb83cd37064 1d83 49de 9667 9e8230054c79E524c3c4 c31b 442b b205 216ab7491779Cfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b70937e1d4d07 eea5 4449 adc7 e7d9215546197262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264 76
天空の蜂

「いってみれば国全体が原発という飛行機に乗っているようなものだ。搭乗券を買った覚えなんか、誰もないのにさ。」というセリフは、原発についてのとても分かりやすい例えだと思う。 ではどうするか?非常に考えさせられる本。おすすめです。

1年前

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee525e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Dc2f99c9 5693 4b4f 9075 dc8ca5b434a0677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd6733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacF47d0951 7455 4e86 b9c7 8bcd46ae10b35d15128d ef58 4c74 8c74 e383fa662ca3 56
ジェノサイド 下

世界のそれぞれの場所で起きていることの結びつきが最初は分からなくて、戸惑いすら覚えたが、それらが関係していることが徐々に分かってくると、面白くて引き込まれ、一気に読めた。

約2年前

Icon user placeholder840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0359f49d4 c3a3 4dbf 8349 d1a93fcfac749b3bded6 95a2 4ebd 8725 03d6144ab0e52feacd2a b058 49bd 9d12 9535ea249592Abe50a7a 80de 4710 9851 43d79de020fcIcon user placeholder 33
おれは非情勤

小学生向けの雑誌に連載された作品とのこと。なるほど、だから他の東野圭吾の作品よりも少し読みやすくひねりも少ないのですね。

2年前

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52E9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5eB81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f48817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991Icon user placeholder
容疑者Xの献身

あっと驚くラストに思わず涙。この純愛は、殺人という話でなければ号泣かも。

2年前

3e02af49 bbde 4dd1 8171 bc6325aff062E2cdcb71 e343 450e b245 6dbd8bb5d5e52174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9B6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27d116ba7b3 6dd7 4d80 a256 d36d29a292a6 171
マスカレード・ホテル

最初から最後まで最高に面白かった。ホテルのフロントクラークの仕事のクレーム対応の見事さ。

2年前

Febefc40 ef45 41b4 9426 4e23f3a881c3562ef21c 005c 455a 8bf4 e7c78c7e4dbc2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee5233c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737Db0dc0ee b217 42c6 9310 f92a1d2670b1Akiaivjyeuyp25rambwaCfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb 226
山崎豊子 白い巨塔 全5巻セット

詭弁を弄してでも裁判に勝つという嫌なやり口だが、かっこいい魅力的な財前のことは読んでいて嫌いになれず、なぜか財前を応援しながら読んでしまうという面白さ。面白くて一気に読みました。

2年前

楽園

大好きな本で何回も読んでいる本。地球規模のファンタジー。

2年前

Icon user placeholderBc32b855 5dd1 4915 a950 d2e63946d64e4cb42ad7 d553 48e0 adfd e602f4cccfa3523444ec 4de4 4a25 9227 16bbf1a99342
ジョン万次郎

自分の頭で考えて、新しい価値観を吸収し、たくましく明るく生きていく。こういう人は強くていいねぇ☆

2年前

赤い指

この作品のラストも東野圭吾らしい終わり方で、人に対する愛を持った接し方にやはり感動。「大事なことは理解できなくても尊重することだと俺は思う。」なんて素敵なセリフ!この姿勢は大切だと思う。

2年前

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee5203fd4326 7c50 4f97 bbe0 96f71f83b99dEfd7ed5e 4555 4fe6 ac1f 2c3b94ba4f51D78b18a1 ed32 4860 90e5 27e6f15e8d506ce9369d 6820 4dd9 8aca 6a2c7ed5388fE9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be 48
大人問題

面白かった!時々ツボにはまって大笑い。

1年前

06336804 0c03 46fe 9cbc 01f7d99feb679f64113e 97ce 4c93 a348 de5bf99ed31cF08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28
きりこについて

大阪弁で自分の感性に素直に自由に書かれた本で清々しかった。

1年前

Icon user placeholderEac908e6 1551 4ad2 88e5 bc8d447309a6Icon user placeholder464938e3 95b2 43db 9726 682a03942986538eee8c 0672 4b8f 85e7 c4c452d8850fC9416021 ddcd 4549 a615 2e95cc0f62acIcon user placeholder 118
ローマ人の物語〈8〉ユリウス・カエサル ルビコン以前(上)

「カエサルと女」「カエサルとお金」の二つの章は塩野七生さんならではの視点で興味深い。

2年前

社長の器

フィクションなのだが、最後の解説を読んで実在の人物にモデルがいたというのにゾッとした。

2年前

オルゴール

いじめにあい、自殺してしまう話。その環境から逃げることも選択肢として持ちたいが、逃げられないと考えてしまうものなのかな。環境を変えるのは相当勇気がいることかな。

2年前

at Home

短編集。どの物語も、物語のラストには始まりの時より少しだけ幸せになる物語。いい短編集でした。

2年前

Icon user placeholder2d0774c8 b7bf 4efa 97cc fb50581f0b19Be919737 6a37 4b8d 82fd 881383ff06e6A1e991ac 09c1 47ee 9820 784f161ca29262c515cd 20e7 42ea bbf2 7caa5fc137545e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be 21
氷点(下)

すごい話だった。話が最悪の結末を迎えるかと思いきや、最後に少し救いがあったのがよかった。人間の嫉妬や、言わない言えないことによる誤解、すれ違いってこわい。

2年前

E2ce9a7a a5b1 42a7 a678 755708c9baecD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aB8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f78682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41cA7ec97be 9a95 4aee 8a29 9486df6973f3
流星の絆

半日で一気に読了。ラストが東野圭吾らしい愛に感動する終わり方。うるっときました。

2年前

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee5203fd4326 7c50 4f97 bbe0 96f71f83b99dA3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2E1cee4b1 3328 454e 8fb0 fc36297c5bf0C7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4dC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7C6edbd66 6290 41ee 8878 bbb93acf1d55 62
アントキノイノチ

電車の中で読んでいて、何度もウルウルきて本を閉じた。殺意を覚える相手に対する心の変化。遺品整理会社という仕事を通して命の重さを考えること。「悪意」によって傷ついた人達がどのように立ち直っていくか。

2年前

2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b2d0774c8 b7bf 4efa 97cc fb50581f0b190849169a 2b3a 4312 b08b e049c31acb8783eff050 32dd 4764 8482 9d71ee053bc34dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9E9f19941 aa8b 4782 82b1 0df464084d5e47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f043 15
さまよう刃

娘が殺された父親が、犯人が未成年ということで少年法により罰が重いものにはならないことから自分で復讐を企てる話。分かるよなぁ、この気持ち。法律は完璧な物ではないことを知った上でどのように行動するか。東野圭吾の視点はいつでも優しさがある。

2年前

2174a424 19f9 474c 8f48 3f4028fcee52A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2B6426b38 e2bd 494a 9129 a110b99cf27d7d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851aD50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e9424675cd 957e 4c65 ac25 967eb33e8f0bD4f8f608 3ba1 4405 9313 f9d09e12867c 62