4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

漫画多めです。小説も読みます。 長文の感想をポストしていきます。笑 このアプリで傑作漫画・小説を発見していきたいです!

50

コメントした本

働きマン コミック 1-4巻セット

お仕事漫画って結構ある方だと思うのですが、働きマンはそういうのとは違って、お仕事紹介ではなく、仕事に傾ける熱だったり、逆に仕事で失うものだったり…舞台は週刊誌でありながら、さまざまな仕事に共通するものを題材にしているので、実際に働いている方々には身に染みる思いで読むって場面も多いのではないかなと感じました。 また、結婚か仕事か(または、恋愛か仕事か)など、女性特有の悩みもあって、そこを言語化してくれてるので(友人の結婚式のシーンとか)…不意に自分はどうなるのか?と思い直させてきます。 でも、暗くなりがちな部分を主人公が打ち破ってくれます(恋人関係のウジウジはアレですけど笑)。

4か月前

Ae81a140 fa95 4336 aba5 cde2413092985b1df3a7 23b0 4a67 8b97 ce946a13959aC4b24851 7e61 4215 9a15 be0483d4d4e4Icon user placeholder48909f13 5e9b 4772 8e48 1168c29c8e91A940d353 4ee9 4397 b0f4 6d15ab7315125f72718f e0f7 4273 8f67 eb5ecd35b91c 12
アイネクライネナハトムジーク

伊坂幸太郎さんの作品で拝読したものは、『火星〜』に続いて『アイネクライネナハトムジーク』が二作目です。 とにかく、物語の練りようが凄い! 短編集の形は取っているものの、各々が絡まりに絡まり合って、読み進めてくうちに伏線がどんどん回収されていきます。また、各々の短編のオチに圧倒されました。それでいて、登場人物たちの心境や変化が丁寧に書かれてあるので、スラスラと読めてしまいます。 終盤は、あちらこちらと絡まった関係性の糸を手繰るのが大変でしたが笑、とにかく面白いエンターテイメント性のある作品でした。

4か月前

Icon user placeholder8f80e5cc f258 4902 a28b 6b47f676166b66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c1fe10ade aa0d 4b9e 90af 16ad0206af2a6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a55add06fa 3a81 4e51 a9cf 262f9b413794Icon user placeholder 137
ショコラ・エブリデイ―ミミミとラララの冒険譚

岡崎京子さんにしては珍しい(?)、ファンタジー色の強いお話です。 主人公の双子、ミミミとラララが家出という冒険に出かけるところから話は始まります。 そして、謎の屋敷に辿り着き…。 オバケや不思議なテレビ、怪しい屋敷、喋るネコ…出てくるものはファンタジーなものばかりですが、語っている内容はやっぱり「少女」であって、どれだけファンタジーになろうと「岡崎京子」は変わらないなぁと思いました。

5か月前

きみは赤ちゃん

笑いあり、涙あり、つらさあり、痛みあり…。 もう何でもありました。 川上未映子さんの語り口調のおかげか、読んでてこっちまで辛くなる!なんて思いつめたりはしなかったけれど、この体験は壮絶だな…母親って偉大だなあと感じさせてくれる本でした。 川上未映子さんの「妊娠→出産→子供の一歳記念」までが語られているのですが、どうしたってうまくいかない様子が読んでいても伝わって、自分の体から他人(赤ちゃん)を産むのって本当すごいことだなぁと思います。 特に、旦那であるあべちゃんにはイライラしてしまうことの連続みたいでしたが、そのイライラすらも少し客観的な立場で分析出来ているのが、さすが作家さんだと驚きました。そういう意味では、「あ、私のこの感情ってこういう理由なんだ!」と同じ状況にある方はほっと安心するかもしれないし、あるいは「あ、あの時のってこういうことだったんだ!」とストンと腑に落ちるって方もいるかもしれないです。 エッセイってだけでなく、この本を読んで「私だけじゃなかった」と孤独から救われるお母さんは実は多いんじゃないかなぁと感じました。 男性・女性とか、妊娠・出産の経験の有無に関わらず、いろんな人に読んでほしいなぁと思う内容です。きっと、「自分はこんな風に大切にされて生まれてきたのかな」とか「あ、これわかる〜」とか、何かしら自分の中で「妊娠・出産・育児」に対する考えや感じ方が変わるんじゃないかなと思います。

5か月前

F8274e9f c2c4 47f7 9202 6d61dcb9d2e8686d104f 07c4 42e8 ad86 b7b3121c7e559b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d7aae84de d26f 4899 9171 6d0dd79e044191992f75 1d03 44ad b6bc a710a7baf9dbIcon user placeholder0c923594 ad15 46aa a584 bae0d27eeceb 39
BLUE GIANT SUPREME 5

だんだんとバンドがまとまりつつある巻です。 4巻までは、堅物のブルーノとプライドの高いハンナ、本性を表さないラファ…上手くやっていけるのか不安でしたが、お互いがお互いの「譲れない」部分を理解し始めるにつれて、プレースタイルにも変化が出てきました。 あちらが悪い…の応酬だったのが、こう合わせればいい…に変化してきて、バンドとして一から合わせていくのに集中していったお陰です。 次からは本格的にバンドがスタートする模様…。 ますます面白くなってきて、本当この漫画はどこまで面白くなるんだろう…と底知れないポテンシャルの高さに驚きです。

5か月前

28152936 0cef 4431 8f58 9f531d6d7601Icon user placeholderA569141e 0111 4df0 919d a522e18d1c3f
勝手にふるえてろ

昔に読んだような気もしたけど…改めて読みました。 妄想が暴走気味にあっちこっちにいってしまう主人公に対して、「飛躍しすぎでしょ!」ってツッコミたくなるけど、「いや…でも当事者になると、そう感じるんだよね〜…」と共感してしまいます。 最初は周りに対して不満を心の中で言ってくだけだったのに、だんだんと不満が溜まってきて、ついに行動にも口にも出しちゃう主人公が、どうしようもなく人間らしくって憎めないです。基本、面倒臭いって分類される性格だと思うんですけどね。 「仲良くしようか」は完全に初読だったのですが、これは何回か読み込んで、誰かと「あーでもない、こーでもない」と色々と語り合いたいな〜って思う内容でした。 話の筋もなく、綿矢りささんの思うままに、心のままに書いた私小説に近いものなのかな?どうなのかな?と思いながら読んだのですが、もしそうであるなら、彼女がどんな心持ちでこの小説を書いたのか、また出てくる事柄はどういう意図を持っているのか…など、難しくはあるけど面白い内容だなと思いました。

6か月前

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037D7131e7e 5927 4ce8 9f13 cf2359f258ee66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c5e7669df 5d90 486f a034 cffab7c742e29e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b75945342d19b64 15d7 43d8 9e63 49edecfd6673 118
世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

「いまここ」に集中すること…出来てないなぁと実感しながら読みました。 最高の休息法は、難しくはないし、道具もいりません。ただ、継続するのは自分のやる気次第だなぁと思います。取り敢えず、続けられるように頑張ります。笑 内容のレクチャーは物語形式で進められ、苦手な人は苦手だろうなぁと思いますが、私にとっては物語にしてもらった方が読みやすいな!という感想です。論文内容等の紹介もありますが、そういったものはあくまでマインドフルネス自体に興味がある人向けで、最高の休息法を知りたいだけの人はそこらへんを読み飛ばして、どうやってするのかを読んでくだけで十分だと思います。実際私もそうしました。 まだ継続して、最高の休息法を試せてないので、何ともオススメしにくいのですが、いい本で画期的なアイディアであるのは間違いないです! 興味がある人は是非読まれてください!

6か月前

D78012de ed7f 4a80 abd1 820751e41a9d7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77a2702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d5419e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464E44b7aef 20e4 462a af2c 581ccb06e8ebA3cd2346 cfe5 424d ac12 a95fb63ad12124f0c412 4bbe 401a 9dc8 305c4d1f3667 53
ジヴェルニーの食卓

印象派の画家4人を題材にした作品です。 「うつくしい墓」では晩年のマティスのもとで働いた女性を、「エトワール」ではドガと14歳の少女との関係性を、「タンギー爺さん」ではセザンヌと画材商のことを、「ジヴェルニーの食卓」では晩年のモネとその娘のことを題材にしています。 全て女性の目線から語られていて、全体的に優しい雰囲気の作品になっていました。しかし、題材は印象派の画家たちなので、内容は「波乱万丈」がピッタリなんじゃないかなと思えるものでした。 私は特に「ジヴェルニーの食卓」が好きで、モネが睡蓮の連作に悩む姿や、家族を大事にする姿勢、また太陽の下で伸び伸びと絵を描くこと…その全てが魅力的でした。多分、モネの絵がもともと好きだったというのも1つの要因ではあると思いますが。 美術史に疎い私には、どこまでが史実でどこからが想像かは曖昧なのですが、さすが本物のキュレーターさんですね…美術への愛が深いということは感じ取れました。印象派の画家たちの絵を、ここまで言葉巧みに表現できる作家さんはなかなかいらっしゃらないと思います。 楽園のカンヴァスとふせて、美術に気軽に触れられる作品になっていると思います。 美術史に興味がない方にも、是非読んでほしいです。

7か月前

4641b11e 4d6b 4862 935c 0dc1d40f80c4243c4d95 2c31 41f3 812d 2ee3122abdc51fec7c92 782f 45e7 9759 3d94af3e93efB202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095Icon user placeholder3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eD4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0 53
君の膵臓をたべたい

友達に勧められて買ったけれど、なかなか読まずにいたので読んでみました。 正直、文体とか会話部分とかは自分に合わなくて…セリフ中心で文章が進んでくのでラノベに似てるなぁとは思いました。でもそのおかげでスルスルと読んでいけるので、日頃本はあんまりって人でもとっつきやすい小説だと思います。 内容に関しては、ラストのために全てあるって言っても過言ではないと思います。ラスト差し掛かるまで終始「隅っこ族の男の子がクラスの人気者の女の子と仲良くなって変化する」っていうありきたり話です。もちろん途中に2人の価値観の違いが明示されてますが、男の子の方の気持ちの変化を明確にするのは大事かもしれないけれどくどいなぁと個人的には思いました。ラストは秀逸でした。今まで読んだことないし、結末から言ってしまえばバッドエンドなのに読了後モヤモヤしたりもなかったです。ひとえに桜良のあくまで明るく・日常を変えずにそのまま楽しくっていうスタンスのおかげだと思います。 「生きるとは何か?」まで堅苦しいものではなく、「楽しく生きようよー」くらいでとても読みやすかったです。

8か月前

8f80e5cc f258 4902 a28b 6b47f676166b97a585c2 2bdf 481e a598 feb3dc3da45815d87be5 7429 4862 b4af 898ad19af76dC1169997 c71e 4fe5 9f5c 736f3acc810b73acae21 c065 4aa5 88ed 7a424412709f3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9A19b720c 71ee 49cb bb04 ed01b457efc3 626
BLUE GIANT SUPREME 3

ついに、ベーシスト・ハンナとの2人組バンドが始動しました! と同時にポーランド人のピアニスト・ブルーノも加わりそうな感じで…。 日本でやってたバンド・jassが何だか懐かしくなってきますね。この漫画でピアニストといえば雪祈ですから…もう一度組むことは叶わないんだろうと知りながら、やっぱり少しさみしい気も。 物語は2人が組み始めて、音楽界の重鎮に聴いてもらうところまでを描いています。 言葉は少ないながらも練習を通して、お互いがお互いを理解しようとしているところが胸熱です。さらに堅物のピアニストが…3人ともが結構な頑固者なのですが、音楽に対しての姿勢や取り組み方のストイックさは同じなのだからきっと上手くいってくれるのでしょう! 次の4巻が楽しみです! (受験勉強が終わったので、3巻・4巻を同時に購入してるので今から読み始めます笑)

9か月前

A0909de7 26e2 4d52 bc02 380338bf926f00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f9204f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5cIcon user placeholderIcon user placeholderF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd31b5486a c4f7 48eb aa2d 05a1fe4b7367 9
福岡はすごい

福岡県民なら楽しめる本だと思います。 作者は福岡生まれでも福岡出身でもない方で、その人が地元をこんなにもオススメしてくれるのかと嬉しくもありました。笑 具体的な数値の引用が多く、斜め読みに近い形で読んだのですが、福岡という街は一定の評価を得ているのだなと思う反面、あっちこっちと福岡の良い面だけを取り上げていたり、そこまで大きな事業でなくても成功例としてあげていたり…加えて、福岡に限らない例もあるように思え、正直「すごい」ということを伝えたいがためのこじつけも多くあったように感じます。 福岡の現状を知るという面では面白かったのですが、この一冊だけで「福岡は凄いんだ!アジアのシリコンバレーになれるんだ!」と論じるには飛躍しているようにも思えます…。 あくまで、「福岡の、知らない一面を知るための本」くらいの位置付けで読んでもらいたいです。 もちろん、様々な方面に関しての調べがなされていて、読み物として面白いのは確かです。

4か月前

42d19b64 15d7 43d8 9e63 49edecfd6673F252617d 2a44 4c6a 9d72 afebeac5e664F1cfa87b 9de3 4b01 af57 1f86cba70f85187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc5D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f98691e5c5d77 136c 4e6c 84c2 dce2a97dde55D418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40 8
黒執事(27)

だんだんと物語が核の部分に触れてきていて、さらにさらに面白くなってます! 私が読んできた「シエル」は一体どんな人物なのか…正直、「シエル」は実は核の部分に全く関与していない人物だと思っていたので、実は身代わりをしていたなんてのは相当な驚きでした。 しかし、これからは本当の「シエル」との物語に変わるということで…。本当、話が尽きずに今以上に面白く展開しています。 次巻が今から楽しみで仕方ないです!

4か月前

Icon user placeholder063b1631 ea21 40b4 af96 a7ad390ccf1bIcon user placeholderA2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e
ふるさと銀河線 軌道春秋

暖かく、切ない短編集でした。 電車や鉄道メインではなく、あくまで登場人物たちの日常メインで、その端々に電車や鉄道が出てくる…といった感じです。 全体的に設定が切ないものが多かったのですが、だからか、人間味の溢れるシーンが多くて、温かい気持ちにもなれる不思議な本でした。

5か月前

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b255cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd16
退屈が大好き

いい意味で、だらりだらりと続いてく話の中にも、岡崎京子さんの棘というか何というか…が垣間見えて、日常の小話のようであろうと岡崎京子さんは岡崎京子さんだなぁと思いました。 数ページの短編でも、しっかりキャラ付けされてて、どの登場人物にも一瞬で愛着が湧きます。 ただ、少し物足りない感じもあります…。 短編集なので仕方がないのかもしれないのですが、やっぱり岡崎京子さんの真骨頂ってヘルタースケルターやリバーズ・エッジ、pinkのような一冊まるまるの作品だと思います。それくらいのページ数を使わないと、やっぱり物語に深みが増してこないというか…若者同士の人間関係に感情が絡まり合ってこないので、現代の若者を風刺するだけで、全年代の若者に通じる、浅はかさや無常さを風刺する境地にまで至らないと思います。 もちろん、どんな形であろうと、若者を描かせたら右に出るものはいない!と思えるのですが、それでも私は岡崎京子さんのもう少しダークな作品を読みたいなぁと思いました。

5か月前

脂肪と言う名の服を着て 完全版

ストレスと自信のなさからくる「暴食」に悩む主人公(OL)…。 そのどんどん太っていく姿に、嫌気がさす人もいれば、逆に安心する人もいる。 極め付けは、最後の方に出てくる「心がデブ」って言葉だと思います。 見た目がいいだけで…と、美人の同僚に対して圧倒的劣等感を抱き、痩せたいと思いつつもなかなか痩せられず…。あることを転機に「痩せよう」と決心をする主人公ですが、次は「痩せる」ことへの執着から食べたものを全て吐き出す、いわば拒食症のようなものに陥ります。 太っていても痩せていても、自分に対する評価は変わらずで、やっぱり「心がデブ」だからという一言に尽きてしまう話です。 ラスト(私は1997年刊行版を読みました)には少々物足りなさを感じますが、見た目がその人の評価を左右する(特に女性においては)時代には刺さる内容だなぁと思いました。 ただ、欲を言うならもう少し狂っていく主人公を読んでみたかったです…。

5か月前

1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa3c4fa331 da14 44cd 9172 43d1d61647874692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe393982564d f8a1 4ef3 9e46 85fa855d45b0E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2E1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf2
なぜ、わが子を棄てるのか―「赤ちゃんポスト」10年の真実

最近、子どもに関する辛いニュースが多い中、私がふと思い出したのが「赤ちゃんポスト(正式には”こうのとりのゆりかご”)」でした。 里親・子ども・赤ちゃんポストにわが子を預けた親・病院関係者…さまざまな立場の人へのインタビューや赤ちゃんポストの報告書等を基にした内容です。 赤ちゃんポストはドイツ発祥のもので、現在の日本でも「普及しよう」という流れはあるものの、国が積極的ではないために法整備が進まず、結果理想とするラインには立てていないというのが現状です。ここで言う理想とは、赤ちゃんポストの利用の前に病院や行政での相談・カウンセリングを受けるということです。本来ならば、「育てられない」というのは避けるべきものであり、また赤ちゃんポストは結果として「子どもを棄てる」ということに繋がります。しかし、現状、行政や病院にどういう制度があって、育てられないという場合にはどういう手当や措置がなされるのか…それを把握していない母親が子どもを遺棄する・孤立出産する・赤ちゃんポストに預ける…といった事案が多く発生しています。 母親と赤ちゃん、両方の幸せを両立するにはどうしたらいいのか。子どもの人権を守るにはどうしたらいいのか。 赤ちゃんポストの匿名性が抱える課題や、子どもへの将来の精神的負担…などに着眼しながら、前記のようなことを考えていく本です。

6か月前

07f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eA1b69106 33a1 4929 9077 6a60d6074d86Bf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa18999a782 18c5 4fdc ba2b c315142ed106Icon user placeholderEecbe2f9 6b2a 4d8c 9471 e259483d7aba198b8391 530c 4793 b6f9 6116a2c6cf48 40
かわいい結婚

「かわいい結婚」という、皮肉のこもったタイトルが本当山内マリコさんの作品だなぁと思います。笑 「結婚」でうまくいかない女性たちの話で、それぞれに頑張っているのになかなかうまくいかない…そもそも「女性は専業主婦だろうと働きに出てようと、家のことをしなくちゃいけないわけ?!」とか「なんで女の幸せが結婚なの?!」とか、あるいは「女が面倒臭いのって、ちゃんと理由があるんだよ?」とか。 きっと「分かる〜」って共感したくなるシーンがたくさん散りばめられてると思います。 女性はもちろん、男性にも読んで欲しい作品で、ここに出てくる女性たちを「面倒臭い」だとか「しょうもない」だとか思っても、ああいった感情を世の中の女性が多少は持ってるものなのだと感じて欲しいな。 女性に対する皮肉も含まれてて、不満はいうけど、結局なすがままなところとか、同じような服同じようなメイクが街中にウジャウジャいるとか。 それがまたコミカルに描かれるので、もう笑えてしまいます。

7か月前

187bb560 6007 4def bd4d de632e937dc5Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eA9058729 9f69 4b7b a570 cdfc4563451eF4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f41Cc2bdcab e710 4c03 8ba2 2c0be372d180 9
火星に住むつもりかい?

帯の「ぼくのりりっくのぼうよみ解説」につられて読みました。 中盤までは平和警察がいかに残虐なものかという印象づけと、伏線を張りに張るので、話があっちこっちに行くようでなかなか読み進められませんでした(大きな要因として、平和警察の拷問シーンや価値観が残虐すぎて嫌悪感・不快感が募ったというのがありますが…)。 しかし、後半では伏線の回収や伊坂幸太郎がこの作品で何を言いたかったのかがわかるシーンが怒涛の勢いでやってきます。圧巻です、本当。 そして、ぼくりりの解説は小難しくなくラフなのにとても簡潔で分かりやすかったです。特に、加護エイジの部分なんて「確かにな」とハッとしました(読者の中で私だけが気づいてないとしたらとても恥ずかしいけれど)。 設定は「ありえない」。 けれど、そこに潜む人々の醜い感情や正義感、恐怖、諦め…そういった感情はあまりにも普遍的で、私の暮らす世界の延長線上にはこんな世界が広がってるのだろうかと思いながら読み進めました。 だからこそ、「世の中は良くはならない」という言葉は響きます。そして、その後に続く言葉はその人の価値観や性格を色濃く表す気がします。 「世の中は良くはならない。だから…」 そう考えると、タイプの違いはあるにしろ、登場人物達は全員少なからずそういったことを悟っていたんだろうと感じます。

8か月前

2f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5Af7a64cc ea13 4b02 a64d 5fbfcb91e621220a7e95 44c7 44fc 9032 000aa8722ef471f915f5 5fac 41c5 af63 e822bb3feb92F95747af 6f84 4551 9f69 70fc994d100329c5506e 1902 4910 a0bc 7590a36ae996Icon user placeholder 123
BLUE GIANT SUPREME(4)

ついにバンド結成! しかしピアニスト・ブルーノの堅物加減はどうにかならないものか…。でも、ハンナの冷静さ・ラファエルの軽さ・大のポジティブさ…そういうのを合わせていれば何とかブルーノもいい形に収まるのかなと。あとはワールドワイドなバンドになるためにお互いの理想を擦り合わせてよりよい演奏に繋げてくのみですね!多分。 そして、毎回楽しみにしてるボーナストラック!何だかワクワクする内容でした。 また、表紙のハンナ。 演奏してる時は結構負けん気の強そうな、歯を食いしばってる絵が多いのですが、表紙のハンナは朗らかな表情をしていていいなぁと思いました。

9か月前

E7514d2a f108 4d2f 9205 ceb381fc4f1d00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920
プリンセスメゾン 5

環境が変わったからといって自分の根っこの部分が変わることはない…そういう感じでしょうか? プリンセスメゾンはマンション購入が物語の主軸に見えて実は日々の暮らしを焦点にしてて、全て自分に当てはまっていくんですよね…読んでて温かい気持ちになります。 今回の話は 沼ちゃんの町歩き 不倫?してた秘書さんの家購入 要さんのお見合い マンション購入した年配女性 化粧品店で働く女性 についてでした。 沼ちゃんのマンション購入後の生活が描かれています…といっても、それは今までと変わらない生活。 それでも日々の何気ない瞬間に目をキラキラさせる沼ちゃんは健在です。 次の話はどんな話なのでしょう…いつもはひとつながりの起伏のあるマンガを読むのですが、話の展開よりもある一つ(これはマンション)のテーマを決めてそれを主軸に進んでいく漫画も素敵だなぁと思えます。

9か月前

154178c2 bd10 404f 8f64 c75f94109474060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d08A9c6aa5d 5549 4c56 b65c 56f1fe148dc8Bf298046 4536 4519 868c 4f944ce9e00a