Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

会社員す

43

コメントした本

512vv4m481l

川上未映子との対談本から、読んでみようかなと。つらつらと読める。この本は彼にとってかなり重要な位置を占めると本人が言ってたのだけど、そうなんだ。なお騎手の指導者(外国人)の手記は、英語→日本語(村上)翻訳となっていて、翻訳文が村上ワールド全開というところがちょっと笑える。本当に翻訳好きなんですねー。

2日前

6fd0c424 47d4 47bf 9b28 ccdedbaaec289b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d61d1dac0 ba8d 4a22 8769 e7fda6a1a1c94f409ea8 41b2 4abb bc99 386d309b8f5e
61n1wmhurel

どこかの書評に抱腹絶倒の面白さ、とか書いてあったから延髄反射でポチったけど。 そうでもない。 でも、アイデアの抱負さは素晴らしい。 途中で止まってます。なんでかというと、ゴール(目的)がないからかな。 ウルド本は、バッタ防除、生態解明という明確な目的があるので、読んでて達成感があるのだけれど、この本はそれがない感じ。

13日前

E2a701c7 3ca7 4485 bd4b 4b8c94d749e33a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43014253d4 6080 4951 9119 24735184a69610770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b2efa5cfd 016d 4914 a7a7 01c7de48a38c9d0a2bfb cee4 4a56 8ee0 8d30ae78cfa2
51v1wsrqywl

カバー萌えだから(笑)

26日前

Ef6e85dc 7be1 48e6 8225 c32a0a38c934A0908a69 9bf9 4b98 b669 eb0a586916fdFda6775d 1ca8 4a10 bd2b 7dd122e519d671f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa45226cbeb401 43bf 48fd 8398 7544f51084d0248d0eaf dc10 43d8 8345 1d2fd45a33c3A4a00c23 4740 4b7b b247 7658a77e7ab1 30
51fndly7col

対談のテンポ良し。ほとんどナナメ読みですっ飛ばして読了。村上春樹の対談でも出てきた(引き出し)についても少し。作家のみなさん、苦労されてるんですね。

27日前

78c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed92b278d9 69e7 4bf5 8439 9ea7057e2c861c38f34a 5510 4d2c 8bc6 3213e20d989503155205 14e6 4355 9018 b8348b1aebf3F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124
31sbybl7gfl

これまで読んだ恋愛小説の中で、一番ぐっときた。この人の文体が合うんだろうな。ま、人それぞれだ。

約1か月前

88eef93e a686 436e a004 0e3648fcbe223e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bD385e165 5308 45e5 96a4 79a412ed2fbaAd68758b bf6f 436f 80b7 a99c2872a043
31nn%2bdervsl

こんな会話する中学生おらん。大学生ならなんとか。悪くはないけど。 ---- さきほど読了。最後は少し泣けた。なかなか良いです。

約1か月前

Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c01c780a73 0a19 4807 924f 082a6037127f458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c268ccd10b c5d4 43a4 a518 816c05b071dfA0cdfa53 e259 4f1c 96c0 2fe3163259e15efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fB57f11c6 acb1 407b a113 99c31b7fb7ea 11
51aul8nxhrl

面白い、途中まで。 ----- どうやらこの本は、恐竜を語ることで、その子孫とされる鳥類の進化的形質を説明するのが目的のようだ。「鳥類学者、恐竜を語(りつつ鳥類の進化を論ず)る」というのが正解かな。まだ読了してないのでなんともいえないけれど。

約1か月前

51shr2x%2bx7l

良かった。役者が出揃ったところで最後は予想つくけどね。いつもの塩田ワールド全開で、前半はボケとツッコミの上方漫才で、後半に向かうにつれシリアスに。このやり方が本当に効果上げてるのかは??だけど。おそらく音楽の専門家ではないので、それに関する記述は最小限に抑えたのも好感がもてた。

約1か月前

41sy376j4hl

まあまあ。著書の仮説よりも、旅客機との衛星通信ログが出た途端、ネットを通じて世界各地のオタクらが解析しまくる...というのに関心した。

約2か月前

51ushh%2bxvel

蟲文庫の店主とダブってしまう。 ----- 昨夜、7巻を読了。大変面白かった。隙間時間があったら読んでる...なんて久しぶり。 ----- 電車の吊り広告や可愛いカバーイラストには決して騙されないぞ、と固く誓っていたのだけど....駄目でした。面白すぎ。あっという間に3巻、もう少し楽しめそう。

約2か月前

C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b9060eae1 17dc 41eb acd6 f4a40bb7e028
51nbcio0syl

相変わらずのウルドワールドが炸裂してます。「孤独な...」を書いたのが三十代前半。パワーで押しきっていくところは、(もちろん優秀だと思うけど)東研のパワーエコロジーと通じるところもあって、北大DNA 恐るべし。彼も正木進三の孫弟子のようだし。

2日前

03182814 7f8b 4b70 aa2e 88819b3c45552efa5cfd 016d 4914 a7a7 01c7de48a38c4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353
51 qbggcnxl

いいたいことは、わずか一行で済むのに、なんでグタグタとこんなに書くのかな。前半読んでちょっと辟易。これって日本語訳が駄目なんかなあ、飲み屋での与太話のようなテキストだ。後半読むか考えちう。

26日前

51vtmh2cbxl

要するに告発本で、相手がたまたまユニクロだっただけ。気になるのは、著者は洋服のお洒落ってどう考えてるのかしらん、ということだった。著者の普段着がみたい(笑)。服への愛情はまったく感じられず。だいぶ前、柳井さんがニュースステーションに出演したとき、それはそれは見事なスーツを着てた。「それってユニクロですか?」と久米さんに質問して欲しかったけど、それはなく。スーツがユニクロがどうかは別にして、服が好きでお洒落したいという姿勢は感じられた。そうでなくちゃ。

26日前

41jpql7jx7l

村上春樹は好きなんで。彼の執筆方法がよく分かります。彼は長編を書きたいのだが、やはり短編とかエッセイに良さがでると思う。仕方ないね。それと対談でよく分かるのだけど、それぞれの専門分野は聞きかじりの域を出ない。なので発言の全てが正しい訳じゃないというスタンスで読むのがよろしいかと。対談はフィクションじゃないので。まあ、どう受け止めるかは人それぞれなんでご自由に。 ___ とか書いたけど、いやはや小説って奥が深いんですね。そうやって書いてるんだとか、ああ、そう読むのね、とか。まあ、あんまりマニアックな読み方してもしかたないんだけど、作家も努力してるんだな、ということはわかった。長編は食わず嫌いでしたが、読んでみます。 _____ ようやく読了。後半エンジンかかってきて、川上未映子も司会の役割を逸脱したりして。でもまあ村上春樹って、変節しない頑固な努力家だったんですね。「物語はそう簡単にはくたばらない」という言葉に、これからも彼の作品を読み続けてもいいんだ、と救われた気がしました。最近は隠れキリシタンな気分だったんで。この本を読んで良かったとしみじみ。

27日前

F6a4cb47 f782 4267 a852 5047a594aa192739906e b673 4af1 be32 65b91d45841c8412b8f1 871e 4f2f bc22 7c0221344a1e79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564Be3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097de75657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0191992f75 1d03 44ad b6bc a710a7baf9db 8
61m70pqp5dl

文章量多く、本を読んでいるみたい。そうなのだ。これは文章が主、絵は従。オトナの絵本てな感じかな。

約1か月前

2f787e96 ae4a 4c15 a74d 312b05dcf9910ce6026c 3886 47ab 8f4a 21ab26e20c0d7d0e6020 6cf3 442b ae33 304d106a65d93a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43A8b2322f 4699 430e 8ad9 825f73982c0fBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693 9
41a25swyv6l

途中まで。星取表...は、避けられないのね。

約1か月前

51e2vjd obl

こういうの好き。1600年代だと結構記録も残っているし。

約1か月前

51hwgbk2zll

普通。時間の無駄という内容でもないし、読んで良かったというものでもない。赤羽は先日初めて会社サボって行きました。

約2か月前