Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

会社員す

69

コメントした本

清々と 1

Standで絶賛されてたので、思わず購入....絵はちょっと古めな気がするけど、ここまで強靭な予定調和の世界を「どうだ!」と出されると「ははー」と平伏すしかないす。いや凄いっす。 昔、読んでたかも... なんかー、僕らが読んでいた漫画と違って、最近のやつは表現力が文学に近づいてる気がする。読後感は、漫画を読んだというより、文章を読んだに近いので。

約1年前

Icon user placeholder98890aaf 2d07 4311 8d59 aca2df815a60Icon user placeholderDcb43454 c073 4d3e 92df f6dcb6905d05F23507d4 4c44 4905 bd44 14be90bf168491693279 a9ab 4a97 b9cc f1c191e4b52116b9146f 59ee 4358 8089 970600aebbfd 13
銀の匙 Silver Spoon 13

ゆるぎなく、という言葉が良かったす。

約1年前

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e581aa174 8276 4f0a a2ae 001b98052e859b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d0feb20a0 ede5 4318 806b b422a53e56b65ab316fd eeba 4a9c ba64 ab6e7caf14b5175ce3c6 f27e 4298 a6f1 6be2743d999a9e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b759453 11
私の少年 : 1

smartnewsで、こんなに美しいストーリーはない、とか絶賛されてたんで、とりあえず1巻だけ。 ...まあ、ふつう。二巻はいいや。なんというか...ぐっと来ない、共感できないというか。 昔の男子なら別マとかりぼんとか読んだ時期があって、ハマると抜けられない作品もあったので、それと比べてしまうのね。世界観が薄いというかなんというか。 つーか、美少年書くなら、主人公もひっくるめてもっと絵上手くなろう(説明文で美少年て書くな)。あー愚痴ばっかり、年はとりたくないす。

約1年前

B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e3bf82bef c2a8 496f b102 52e6fc0ef964Icon user placeholder14f9fca2 e4a3 4ebf a2e9 7a4cdbc78d1cB0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3baDc63dd8e 427b 4abb 98ca b52941f37789D2f1b61d d57e 4952 8565 26871a4d7fd7 8
「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法

ずいぶん古いテーマだなあ、こんなの統計処理では当たり前...と思ったのだけど、よくよく考えてみると、厳密さに欠ける議論は多々あるわけで。分かりやすい内容で気づかせてくれたことに感謝。この手のテキストは途中から異常に難しくなり、放り出すことが多かったので、もとはとれたかな。やさしく説明する、というのはきちんと理解していないと説明できないし。やはり優秀なんでしょうね。

約1年前

C3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc1376440943 bfc8 44a0 8c4b f51706576ad0Eb6a38d1 3bea 4d84 89e4 6e5760017087E1fad329 cf07 4bf1 b548 ad1f14f9f405Icon user placeholder06173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82f66e13f48 e921 4b68 b385 2cd454af44aa 22
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

ようやく読み始め。ダイアモンドも、寄生虫のマノフもそうだけど、昨今はいわゆる人類史ブームというか。生命科学が進んで、生態、発生、系統などこれまでの垣根が取り払われ、進化学に結実するような感じ。おそらく経済学とも融合するんだろうな。そうやってヒトを見直したとき、人類ってなんなのさ?という古くからあるテーマの理解が進むのだろう。残念ながら、この手の書籍は翻訳ものばかり。タコツボ化が得意な日本人に、統合化は苦手なんだろうね。

約1年前

5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b8Df96caf0 cfb0 4808 9e0f 62937787d0d3D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cFfae7eac 1db9 478b a6f9 ecddd9dc33b8Icon user placeholderEbb96471 43e1 4f35 9c81 1840af3c34221683d5b1 7d4d 4689 a7cc c83ec99cde49 107
BLUE GIANT SUPREME(2)

いよいよ、ハンブルグ。時々泣きそうになった(泣かないけどね)。しかし、大のスマホは、どこのキャリア契約しているんだろうか?

約1年前

Icon user placeholder10acfce6 8955 4ef2 be7a 24e4bb9c163353eaab08 d147 4494 8b61 0ca858c72b911f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585B989a57d 3ed1 457b b76a 3f1cc1b8f4662bd0bda4 b5c1 4657 a139 0727faa512d1F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9 9
拉致と決断

韓国つながりというか、怖いものみたさで、購入。まだ目次だけ。 先ほど読了。先が見えない状況でここまで自己管理できて客観的に物事を見ることができる、ということに驚いた。僕なんかまず無理。

約1年前

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

リアリティーなし。途中で放棄。続きは気が向いたら。

約1年前

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行

私にとっての「スルメ本」である。これまで文庫を二冊、ハードカバーを一冊、そして今日、デジタル本を購入。今日は訳あって出張なんだけど、JR車中でガタゴト揺れながら読む、というのが一番相応しいような気がする。 はい、読了。何度読んでも良い。村上春樹の旅行記のなかで一番好き。

約1年前

458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5Be3807a6 ec38 42ae b99b 14e7294097deD12499a3 7577 4a9e 9ed0 5c28fedebfaf28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31
セックスと超高齢社会 「老後の性」と向き合う

還暦まであとすこし。やっぱりそうなるんかなー、とかビビりながら読んだ。

1年前

恋は雨上がりのように 1

とりあえず8巻まで一気読み。良くできてる。おそらく登場人物のキャラが最初からきちんと決まってるのでぶれないのでしょうね。1巻から3巻までは緊張感もあり、すごーく良かった。それ以降はやや間延び感あり。手応えあったので少し水増ししたのかしら。作家インタビューでも書いてあったが「JKに真顔で告白されても落ちない、そんな自制心のあるオトコは珍しい」はい、その通り。まあ妄想しまくってキュンキュンするのは読み手の自由だしね。でもそうさせる作品は、なかなかないす。 なんかーヒットする漫画って根底に自己救済があるんだよね。俺は何者?私は誰?苦労して試行錯誤して成長してく、みたいな。日本人てそれ好きだよね。僕も大好き。

約1年前

Icon user placeholder98f6f760 9688 4dd4 b5f0 160de944ec6d364c4739 6f8a 4cf1 bbf2 e876cbe1b47b861d9847 5519 41a1 8821 670f7b8980c334ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb6022322742 0fb9 47b8 99c1 98207a0d04d1E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2 23
青の数学

まあ、それなりに。しかし、これは数学でなくてもokだよね。学生相撲でも、学生アマチュア無線でも、学生グライダーでも、とりあえず大会はありそうで、アングラ帝王もいそうだ(笑)。博士の愛した...でも感じたけど数学の面白さはこれらの本からは伝わってこない。フェルマー本とはそこが違う、かな。

約1年前

24a8bcb7 2020 4a2b 8cbb c346bd1b26a372c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a60da6ef31 b2f9 48a8 80fb 9032dbc67f48B537aa76 fc82 436c 94fd 2a26495086a7009a1c2e f050 4fb0 8523 47a8c53ba7b9C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88Ee15f6f8 5f83 4e71 903c 428adb723bfb 14
水鏡推理2 インパクトファクター

つるつると読了。面白いなーと思ったら「ミッキーマウスの憂鬱」の著書だった。最後は大団円で大げさに終わるとこなんて似てる。シリーズ本だけど、ビブリアにくらべると少し食い足りないというか。カバーをもう少し魅力的な女子にして欲しいな、これではオジサンは萌えない(笑)。

約1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderB8dc54fb 1533 4bbf 89c7 aa00a4e3db57E32ffd1f 83f0 4591 bdfc 75c1e5480fe7Df76215c 0d5c 423b be24 8c8270ec443529e03e5d 6a8c 49f6 b909 765b2449787038b402f6 b97b 4604 bb72 36e782b286ca 8
アヒルと鴨のコインロッカー

評価が高かったので読んでみた....ざんねーん。これほどテンポが遅く、遅々として進まない小説は珍しい。会話は村上春樹みたいだし、夏休みの作文ぽくなるし、いつまでたっても2つの世界がシンクロしない。 この作家は僕に向いてないんだろう。

約1年前

24d7722a d09b 4caa 987c d8850f1ffd00Icon user placeholderC6b45a2e 33ea 4545 89ad 965500c3d563F5a1d64f b949 49a2 97d6 2c704537cff05404ea8a 8354 4707 8594 1536cb5c2aac297a1221 eed7 4be4 a5ca 490d8531caa1F1102485 2d7b 4edc b4e8 e8b7f69c48d9 198
(1-2)あん

若いときからずっと、相手の気持ちを推し量ることが苦手。しかたないので最近は推し量ることを放棄。これもそうなんだけど感情移入ができないので面白かったとは言えない。異常なのかな、困ったな。まあしかたない。

約1年前

07f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eF11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4eIcon user placeholderIcon user placeholderBb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e65542d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9d 17
Mr.トルネード 藤田哲也 世界の空を救った男

ノンフィクション大好きです。とりわけサイエンスもの。ついにきた、トルネード・藤田。伝記はなかったんだねー。ワクワクしながら読み始め。イントロ、いいねー。 さきほど読了。面白かった。いやまさか北九州市の出身で空港の対岸とは。全く気にも止めず行き過ぎてしまったよ。今度記念館に行ってみよう。

約1年前

Dc01db02 2a02 4303 9158 b5cf10b4d0ea4e3ae819 a6c6 4978 9759 fcf4035717d6Ec2335c1 7333 45bf bfa3 b42766e068c9B5fa97a7 b82c 49bf a785 0400ec7ff6d9E2a701c7 3ca7 4485 bd4b 4b8c94d749e3E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59eE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 10
あんぽん 孫正義伝

何となく気になっていたので読み始め。この著書はエグいところが好きみたい。たしか東電OL殺人もそうだったし、前の大阪市長の出自を書いてフライングしたこともあった。まあ、そのぐらい書かないとライターとして生き残れないんだろうな。 読み終わり。この人の著作は二作目だけど、まずまず読みごたえがあった。なんつーか、男性週刊誌向きな内容だと思うけど。

約1年前

C7c6a9b2 e4aa 447c 9b5b dd3f93497685142bcb0c 85db 42ee b120 28cb868483b8705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5A6f35b9e ff78 4349 af5b 80496a9e88aa8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db13443f91 9042 4208 8b90 d46d93df8e2d
セラピスト

絶対音感、青いバラとか、著作数は少ないけれど、実に読みごたえのあるものを出してくるので好きです。村上春樹→河合隼雄→セラピスト...ちゃんと繋がってるんだな。このアプリを利用してよく分かりました。 ...半分まであと少し。こんな特殊な分野をよくもここまて分かりやすい「物語」として紡ぎ出せるのか、信じがたいぐらいの技量で圧倒されます。 ...ようやく読了。長かったけど実に読みごたえありました。ノンフィクション作家って、自分が主人公になっているのと裏方に徹するのがあって、孫さんのほうは前者、こちらは後者な気がする。 深層意識に下りていくなかで、村上春樹は物語をつくり、セラピストは言語化を避けようとする。その違いがあるのに、なぜ村上と河合はウマがあったのか、不思議。誤読してるかもね。まあ、いいや。著書と村上春樹の対談があればいいな(ないと思うけど)。

1年前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affIcon user placeholder2451cde8 e4af 4b38 bea1 44f8992cdbb85cd558ef 0244 4de3 a51a 6bca5de4fd167cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa55793a552 0e68 4f55 8a2d fe98850bb3219911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200 13
白衣のカノジョ 6

ネットで見つけてからずっと読んでました。まあ、オトコ目線だし、絵もギリギリな感じですが、ストーリーには不思議な一貫性と世界観があって、漫画には珍しく何度も読み直してしまう魅力があります。長かったけどついに最終巻、幸せなエンディングでよかったですね。作者にはお疲れさまと言いたい。

1年前