3bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de

ユージ

1990年に生まれてから、ずっと迷子のよ…

1990年に生まれてから、ずっと迷子のように生きて来て、最近、ふと気がついたこと。新学期の休日、課題を終えた後の昼下がり。実家に帰省中、暇を持て余した夏休みの夕方。涼しくなったせいか、つい遅くなった帰宅時の空いた電車内。一人寂しく過ごしたクリスマス…。いつも側にいてくれたのは、たくさんの作家さんが書いてきた本でした。自分の読める本の量には限りがありますが、それを自分の価値観だけに絞って読書していくのは寂しいことかもしれないなとこの年になって思いました。みなさんの好きな作家は誰ですか?

37

コメントした本

61iplbo6d9l

 僕は奇跡的にこの本と出会うことが出来た。  出会えて良かった。本当に良かった。  思考も想像も全てが外部入力に影響されて初めて発生するものだと信じて疑わずに生きてきた僕は、社会に出てからは何も想像しない人間は無価値、無意味だと教えられて生きてきた。  でも、そうでもないみたいだぞ?とこの本に言われたような気がして、心が救われた。  やっぱ、そうなんだよ!僕は心の向くままに生きるべきなんだよ! 

5日前

Bd43cb53 8f86 4862 b9ef 3969b0ed981eE153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e014778d11b03 4372 4070 b3a0 f36ef6ff662b825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df01E2ad8d42 f945 432e 99a6 712c12fdba2f83fc246b a0c3 4e99 aad3 3b4be506060bD71abcef 2ec4 4475 9220 016e07293365 16
511sdvvd0pl

 青から読み進めてたけど、赤の方を読み終えてから青のラストの章を読んだ方がいいと言う話を聞いて、ギリギリストップした。  本当に青を先に読まなくて良かったと思う。笑  冷静と情熱のあいだとは上手く言ったもので、恋愛ってこんな感じやなーと思った。  共感できるか否かは別として、同世代の恋してる人に読んで欲しい小説、暫定、ナンバーワンかな。  そういう感情の揺れてる感じをめっちゃ感じる小説でした!

12日前

Deb76fc3 4c9a 4fff 9a6f 6d755dd87fa6Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae0016f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aaDf732bf4 cc37 4705 a1d6 6c3b331a332cB6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77d9a74db58 a897 4960 8262 7e7ee89bef8f 21
514hnrnfgsl

再読。 この作家さんの作品をもっと読んでみたいと思うことが多々あるけど、名店で飲む一杯のカクテルのように、あまりに出来すぎていてなかなか手が伸びない。僕にとって原田マハという作家さんはたくさんいるそんな風に感じる作家さんの一人です。 あの時、君と過ごしたその一瞬一瞬の繰り返しが、最後に見たその滴が僕の全てになった。 本気の恋をした人だけが得ることのできる陶酔。 時間に対する価値観は人それぞれだと思うけど、苦しくて、悩ましくて、それでいて幸せを感じることの出来る恋をしている時間こそ、時給換算することの出来ない最高に価値のある時間だと思う。 その情熱に溢れた時間を、生きたままカンヴァスに描くことで、永遠にすることが出来たルソーという芸術家の生きざまとその中で産み落とされた作品群は、時間の価値を見直すことを求められている今を生きる僕たちの心の中に、現代社会への?マークを浮かび上がらせることだろう。 恋と芸術と謎、そして、夢。 停滞した現代社会に一石を投じる破壊者が持つべきエッセンスが封じ込められた一冊でした。

約1か月前

Afdf2081 397e 4dbf 9df5 94a1677ae00134d30eff 38a9 46ad bf35 3ab7420b184046baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55Bf3a6a27 ed72 46e7 9110 2e469f537c0379bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564Ab6b9349 0cc5 4618 a4b1 b17a62e764bdFa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c002 27
51miqc3lnul

本屋になりたい。本屋になりたい。本屋になりたい!そう思っている時に手に取った一冊。うん。本屋になろう。現職を辞して、本屋になろうとしている僕は、もしかしたら、間違った選択をしようとしているのかもしれない。でも…本が好きで、食っていけるかどうかは別として、地元に本屋がないんだから、本屋になりたいと思ったってええやないか!調度良い感じの坂道があるんや!あそこに本屋を構えたいって思ったってええやないか!とりあえず、今週末、ちょっと遠いけど、神保町を徘徊しに行こうと決意させた一冊でした。

約1か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Picture4b2f26d5 64ab 4ce0 9cb7 ed6080b47a2c35405249 a27f 4fe7 bc68 96ec2fd5e94247a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cfC23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7bD08aad16 7164 44b9 b623 a979101cee00 9
51hoypyy%2bvl

僕が一番好きな作家の一番好きな作品は、この作品集の表題にもなっている『天衣無縫』です。 何かの漫画が表紙にされています。 本と猫が相性の悪い雨に濡れている感じがカッコいいですね。 作品の何が良いって、主人公の彼氏がほどほどに駄目な男で、そのほどほど感が僕のツボだったみたいです。 駄目な男が最後の方に、偉くならねばいかんのか、と言うのですが、この感情からくるストレスをじわりと慰めてくれます。そして、この男の魅力に気がつきます。 まぁ、今どきこんな男に惚れる女なんて居やしないんやろうけどなぁー。笑 他の作品も人間臭さ満開です。『船場の娘』という作品も入っていますがほどほどにドラマチックで好きです。是非、ご一読を! この感じが好きになったら、「西のオダサク」の他作品、有名な『夫婦善哉』、ラストが爽快な『競馬』なんてのもあるんで是非読んでみてください!

約2か月前

D463f1c6 c171 4bd7 a8d0 49b4137c58c1Ffd5fefc 5b3f 40e0 989f 3095febea7801bd307bb 13b0 4763 a895 00d7b1e5ca885b8d8c88 9077 4815 a1cc 3381b5e0c1feF28870cd 4153 4992 aa52 7fa62b92f9f4
51s4ftz3x4l

自分のことではないのにドキッとしてしまった。人の心はわからない。だからこそ面白い。小説はやめられないですね。

7日前

51vxma%2b0vvl

僕は紙の本について、とりとめのないことを考えている。 この本には同じことを考えている人の声が書いている。 しかも、現場で紙の本を買いにくる僕達読者を相手にしている人達の声だ。 読んでいると、本のこれからが、日本のこれからの形になっていくのではないか、そんな気がしてくるような一冊。 僕達が選ぶ本が店が僕達の未来に残る本と店なんだ。 便利でスピーディーな世の中を選んできた僕達は、何だか歪で、何だか中身が空っぽで、表面だけはキラキラしている世の中を作ろうとしているのではないだろうか? 59人分、ゆっくり、時間をかけて、読みたいと思う。

26日前

6c85bf1c 3d04 4ea3 9f3b cb6c0d54ed497837d0d2 4f51 4354 ae4c 60c046b1cb5b954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e5b7bf3d2 16d1 44e0 9012 c31318f9357cE68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b1
41sfdgs0kdl

大阪➡東京➡大阪と新幹線で移動してる間に読めた。それだけ読みやすいし、そのぶんおもしろかった。最後は驚かせられた。東京で見た葉桜はキレイでした。

約1か月前

10770c70 16d0 4737 b9e4 bd917d3bfb0b84703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e31E3694df3 1876 489a ac2f 241db0ffe47bEcbb725c 698c 4995 9709 570c4885e616B4573d22 bfce 450a 84a5 8e743b449df76cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d974540fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf652890 104
51nir%2bwajzl

このシリーズのヒロインにゾッコンだという人は多いのではないだろうか?少なくとも僕はゾッコンだ。 農学部卒の僕は学生時代にそんな女性には出会えなかったけど、そんな彼女とボーイミーツガール出来た主人公がただただ羨ましい。 作物の研究に没頭する日々から抜け出したことで、無気力になっていた大学卒業前の春休み、持続可能な食料生産を実現するために僕に出来ることはなんだろう?と入学当初に考えていた理想について再び考えさせてくれた『遠回りする雛』。 社会人になって現実を嫌と言うほど突きつけられ、自分の理想が崩壊した後の世界を脱力感に襲われながら、何だかんだ俺には夢も希望も無いなーと思いながら過ごしていた時に読んだ『今さら翼と言われても』。 読了して純粋に賢くなりたい強くなりたいと思わせてくれたこのシリーズは僕がつい忘れそうになる何かを思い出させてくれる素敵な小説達だと思っています。是非、ご一読を!

約2か月前

E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e01471525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad478682c2f 9ffb 465b 9f8b f571de1da41cBb6260b0 aeac 40ea 8bfb 40feab30df2c7a63e44a 49ab 42ba 96e1 635fb231e71cD6175a51 e5bc 4084 ac2a ee7be59ca16dC91025e2 7f24 483e a11b 883b3a24c784 39