Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
8e44c6d7 cd40 44dc ac36 d9175da03796

しゅーまいまい

アメリカの大学に通う

アメリカの大学に通う。哲学、歴史に興味あり。ただ興味をしぼりたくないので色々と手を出したい。

8

コメントした本

読書について 他二篇

ドイツ語の本を和訳して書いた本なので、全体的に理解することが難しい表現が多かった。さらにショウペンハウエル自体、ドイツ人の作家に対して言いたいことを書いてることが多いように感じた。しかし、所々自分のためになるような箇所があった。まず、読書は思考を他人に委ねるということ。これは色々な本を読んでいると感じることである。読書をしている際に自分で思考することを放棄し、なるほどなで満足してしまうことが多い。次に、反復は研究の母なり。本というものは一度だけ読むのではなく何度も読むことによってより理解することが出来るというもの。

7か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder6840a890 6b9f 4f3d 95e7 dfbccff0746101f59846 4828 4cd6 ab46 86a79a326714Dbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f66a669f9 e2ca 42fe b60d be81d959d2fcD70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c 27
I met a boy.父の日に、バンビ公園で。

本のソムリエである清水克衛さんのおすすめであった本。ブラック企業に勤め毎日が辛い主人公であったが、ある日、小学生の頃の自分に出会う。小学生の自分は将来に希望を抱き、きらきらした目を持つ純粋な少年だった。主人公は小学生のときの将来に対する期待と今の自分とのギャップに気付き苦悩する。僕も子供の頃の自分と今をよく比べたり考えたりするが、子供の僕に会ったときに胸を張って、こんな自分になったぞと自慢出来るような自分になりたいと思う。

7か月前