5804483d eac3 4915 84ba f8be3f50e9ab

ひかり・かがやき

大学院生

大学院生

62

コメントした本

バチカン奇跡調査官 千年王国のしらべ

途中までの風呂敷を広げすぎていてどうするんやこれと思っていたらミステリーの禁じ手を使ってきました。1冊目以上の禁じ手でした。これはあかん

1年前

D7162833 27b6 4ef1 bd45 4ae3785998103d3d8eb2 a6d2 43f3 add6 1d9819f184b1
O・ヘンリ短編集 (1)

サキよりも温かみがあって心がほっこりした。

1年前

4dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9F6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa8305Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c05329c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abcB357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b7026539926e6a9ac 97ca 4a1b 972d 8dd5b57e901406746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6 10
バチカン奇跡調査官 サタンの裁き

やっとロベルト氏が役に立ってくれて嬉しいのですが、彼が英語を覚えるのはいつなんでしょうか。 前巻での力技よりはちょっとマシになりましたが、やはり強引かな?と思う展開で、ライトノベルの域を出ていません。 こう書いておいてですが、やっぱり題材が個人的にヒットなので読み続けてしまいますし、おもしろいです。

1年前

Akiaivjyeuyp25rambwaD7162833 27b6 4ef1 bd45 4ae3785998103d3d8eb2 a6d2 43f3 add6 1d9819f184b1
鋼鉄都市

今やAIが病理診断をし、将棋をする時代になってきたわけだが、この物語ではこうした未来を予想したような話が展開している。アシモフ先生の先見の明には感嘆するばかりである。すでにイギリスの産業革命で起こったことではあるが、「機械が人間の職を奪う」と意識されるようになる未来は近いと思われる。それに対して人あるいは社会はどう折り合いをつけて生きていくのか?考えなくてはならないだろう。

約2年前

E78802d3 a552 469c 8f34 2ba46d708a0a024669f5 1bb4 4b26 9372 f8094cf5f21eB0fb326e aa55 4ad1 a342 aeb0088fc3ba7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dIcon user placeholderIcon user placeholder8b2491b7 4a67 455f 8180 4def531a3461 9
夜の底は柔らかな幻〈上〉

上巻〜下巻の途中まで風呂敷を広げられたあとのラストの意味不明さでつらい気持ちになった。

約2年前

0cac4344 3ed7 4d0f aad4 1506def6e5ed1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
サキ短編集

ドライな語り口でシニカルな笑いを誘う話が多かった

1年前

22a5fbb8 cfa8 4dc2 966a e54156f76e4a0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8171b7f9a 6308 4c59 859e bd499a18c7dd266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da90922353682 dcf4 4e46 9e55 c3bb96f07310E8e7e2ba e49e 43bc aa83 236425f94fc5 10
バチカン奇跡調査官 闇の黄金

3冊目にして、だいぶ2人がそれぞれうまく動くようになってきたように感じます。今回は特に以前ほどの強引さも感じず(ぶっこんできたな、とは思いましたが)いい感じにまとまっていました。

1年前

D7162833 27b6 4ef1 bd45 4ae3785998103d3d8eb2 a6d2 43f3 add6 1d9819f184b1
バチカン奇跡調査官 黒の学院

天才2人という設定を活かしきれてないのと、夢オチレベルとまでは言わないけれどもかなり力技でオチを持っていく以外はいい感じでした 題材がよいので続きに期待です

1年前

5c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdD7162833 27b6 4ef1 bd45 4ae3785998103d3d8eb2 a6d2 43f3 add6 1d9819f184b1
あなたの人生の物語

SFの、科学技術の発展に付随する倫理的な問題を作品を通して指摘する手法は、読者の視野を広げ考える機会を提供してくれる。私がSFを読むときに得られるのはそうした四角張った理解と、単に想像を膨らましてワクワクする楽しみなのだが、この2つを同時に満たす上質な作品はなかなかなく、したがって本作はとても貴重な一冊だと思う。

約2年前

F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da60439be70d8 2b89 477f 8865 27a8eda80b1a000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d84486bb5d 8e5d 4271 bc93 5ee74cdc95f08315c981 4b09 428d ac31 28a36dec8861Dc1fbd20 af0d 4bf2 a240 bfce758a3fceIcon user placeholder 52