4eeffc2d 9a1c 4fee 9df5 c2f9ef8eb2ff

読んだ本を忘れないために

読んだ本を忘れないために

12

コメントした本

私とは何か――「個人」から「分人」へ

我々はin-divisualな個人ではなくdivisualな分人であるという考えを基に、分人とは何か、分人であるとは何なのかを説明した本。 基本的になんでも肯定するポジティブな思考だしまあ皆んな知っといてもいいんじゃないかと思った。 分かりやすいし読みやすい。 でも内容が少しふわふわしてるというか「みんなこう思うよね?それはこう説明できるんだよ」っていう感覚的な話が多かった。 あと自分の小説引用しすぎ。 bunzinと書くとYoutuberになる。 最近テレビで見ないので少し寂しい。

12か月前

238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3119d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf9d4a420d db63 4375 9612 e15fb653bbf1F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665fD70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c 49
イノセント・デイズ

ミステリーが読みたくて買い。 小説版ダンサーインザダーク。 不幸な人って自分を卑下して自ら不幸になろうと行動するよなあという感想。 話は普通に面白い。

12か月前

Icon user placeholderEc590c29 e53f 46eb afb0 d6ac20a94e00A2e77bda dd4d 4013 82ee 151bd28d8a5cF98b2efc 84e3 4f27 9d0c 18e0105cfed859b3f1b9 6557 41b8 9680 348665aad61aEe5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac6A4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f 66
美術鑑定士・安斎洋人 「鳥獣戯画」空白の絵巻

人に勧められて読む。 鳥獣戯画の入門書のような表紙で鳥獣戯画の入門書のような内容。 ただそれだけではなく、そこに巧みなストーリーと心情描写が加わることでこの本は特別なものになっている。 白黒の鳥獣戯画から色彩が立ち上がって見えるように、読んでいると色々な感情が湧き上がる。 将来オークションで10億円の絵買ってみたい。無理だけど

12か月前

Bac6a214 dc6a 4970 8724 4ae03d9fd38e0198dad6 96dc 4cd2 9e5f 37a4049ea22764907546 d086 49bf 8c9e c53054715db5014253d4 6080 4951 9119 24735184a6964ab9dec1 1bd6 475e 9418 4b69101cad9e721ff227 6404 486e a136 194741a375b4A76bbdab e027 4f76 8943 5c88ade3e1d8 14
眼球堂の殺人 ~The Book~

なんかS&Mシリーズみたいだったけど森博嗣ほど天才を上手く書けてないというか、天才を天才っぽく感じなかった。言ってることが厨二っぽい 真賀田四季と比べて今作のラスボスはイマイチ俗っぽいというか小物感がする トリックは面白かった

11か月前

087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edBd9b1b17 01a5 422a a632 0c8fd23f1cb228bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31
きつねのはなし

本屋で。 京都には魔が棲む。 この人の書く夕方の空と湿気をまとった空気がとても好きだしやはり市中を鴨川が流れている京都は素敵な街だなあと思った。

12か月前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00F88eefad 0ce8 432b a8ab f28f102a9a5c0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edD560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504b 30
湖底のまつり

本屋で表紙買い。 最近の本だと思って読んでたら20年以上も昔の本だった。別の本屋でも平積みされてたから多分いま推されてる。 ダムの底に沈む村を舞台にした幻想的なミステリーで、途中官能小説になりながらも謎が気になってぐいぐい読める。 この手のトリック結構あるけど毎回騙されるんだよな〜

12か月前

8f57cf26 368c 4173 9191 93cfda77cc8bDe457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644cA52de0ce 4367 4c73 b52a c49c998ba72907481935 d34a 4f94 8c18 6247d9892169B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 9