706273e3 4e9d 4b49 8cff cceed61feb4a

すいおう

海外在住。

海外在住。

2

コメントした本

イモータル

様々な哲学を小説に織り込んで紹介しているのかと思ったが、そういう訳ではなかった。 『智慧の書』を巡る物語だった。思ってたより物語だった。 ヒンドゥー教とショーペンハウアーについて知りたくなる。

2年前

Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659A04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b84C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3bCeee7ead 53b4 4e8b 94bf b91e95ea3dd6Icon user placeholder45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46af 33
闇の左手

異世界文化や社会が様々な面から描写され、細かく構築された世界観を味わうことができる。男でも女でもない性の社会。陰と陽は対立するものではなく、ひとつのものの両面という思想。 自分達が生きている世界がいかに性の違いによって成り立っているかということをあらためて思う。

2年前

Cc209e2c f167 4db1 9ba7 f0f4da61e4c7000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed2283825e242 399e 471e a274 40045529ccaf137afbb3 82c6 4043 8153 60142d4591a340deeedb c1a3 44e2 8f16 b81c4d19201fAc667a42 bd40 4b04 a08e cab0eb1c4536 10