87327942 8e51 4a3a 924b 22ccc2399af2

sunny

書くことに意味を持たせる、忘れなかったこ…

書くことに意味を持たせる、忘れなかったことは力になる。

58

コメントした本

クワイエットルームにようこそ

自殺未遂を起こし、閉鎖病棟に措置入院となってしまったライターの話 ユーモアだけが救いのなさを慰める 青春を命からがらに脱し、厄介な荷物を背負わなけれならなかった、その後につきまとう白々しさのような読後感

8か月前

9d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb185036d9322 352e 466b a569 2fc52ab8f77dDb067422 32df 448b 944e 3ea35eb3ade7D4d51a36 dfb8 4632 811a 623121ba3292D85d075a 8dab 404d af19 a127dafa8fc13fc27f11 5354 421a ab74 2e2dff6172f0A3d36cec b86d 463d bf25 c4861f2b4921 10
海と毒薬

作品全体を包み込むような倦怠や閉塞といった感覚が、当時の社会全体の雰囲気を物語る。 救いようのない程の渇きが、人から理性や良識を奪い合わせるのかもしれない。

8か月前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f0C1328c50 7403 4c06 af9f dccee519f9e4Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3114b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c0602c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fBd7f804d 269c 4fdb 8949 ea8a16c87175640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 46