D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

ため息といき

本と映画と旅がすきです

本と映画と旅がすきです

274

コメントした本 ページ 2

勉強の哲学 来たるべきバカのために

「勉強とは、喪失することです」

約1年前

Bd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdB3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e38b84919 0ca4 4048 aed3 351cb7be2a3aAd3ae76a 3b67 463f 9b48 b1a8fc9373839ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3Ce5d0fed f1ea 48c1 a15e a13bf80aa8c9Icon user placeholder 59
就職力

「ブレのない人=未熟者」「自分がある人=自分に執着しない人」という図式にハッとした。そのためには、学問が最大の武器になると著者は説く。

約1年前

3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f4372ad6046 a74e 4e5b bce9 05b981edff36
パイロットフィッシュ

書き出しの1ページで虜になった。中盤、ありがちな展開になっていくのかなと少し思ったけれど、そんなことはなかった。なにか新しいことに挑戦しようとするとき、そっと背中を押してくれるような本でした。 「人は、一度巡り合った人と二度と別れることはできない。なぜなら人間には記憶という能力があり、そして否が応にも記憶とともに現在を生きているからである」

約1年前

Fbd1b861 8a57 4be5 9ba2 61d5370d6f115e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f4184bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae7668fb9b0 11c1 4db3 8bd3 46808025df383e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2b4a802ab9 065a 4d7a 8df6 ad0a4ece460fEace58e6 3505 4547 b60b 0ac3f8815879 13
ハーモニー

描かれるのは、極端な健康・幸福・調和の思想に支配された社会。どうしてもこれが単なるフィクションの中だけの世界であるとは思えない。

約1年前

3f92ee72 51cb 4ff7 a22b 723f4b9c2b4a1206b89e 3ffe 4f11 9473 6d7fc3fcda766d7076e1 16d9 4119 abb8 3c550ce7d9b826a96fa6 ce1b 42f3 a369 7685ddc74a05Icon user placeholder1f716bc8 27c3 45b7 a472 bb481d9202c2A1af5733 b112 4110 911e 6e9b984db051 50
孤独か、それに等しいもの

久しぶりに大崎善生を読んだ、「恋をして結婚をして子供を作り、人間がそうやって何かに向かって登攀していく生き物なのだとしたら、いったいどこがその頂点となるのだろう」 「だらだらとこの坂道を下っていこう」の二行目。『パイロットフィッシュ』の書き出し数行のぐさっと来る感じを思い出す、どの作品もこうなのだろうか

約1年前

Fbd1b861 8a57 4be5 9ba2 61d5370d6f11B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb84962433824 447f 4f3d a77e 0bd820e33f8b
現代文キーワード読解―頻出テーマ×必修語160×入試問題

受験生のときぶりに再読。当時はなんとなくそんなものかと思いながら読んでいたけれど、改めて読んで大学4年間で学んだことを俯瞰して眺めるための見取り図的に使えるなと。参考書でありながら、さまざまな分野の入門書でもある 本書を貫く大きなテーマは、都市論であれ身体論であれ現代は近代を相対化する方向に向かっていて、じゃあそこから先をどう考えるかということ。個人的には断片的なフラットさを突き詰めた先に何があるのか?そもそも近代批判ばっかりでいいのか?という思いもある

約1年前

すごい手抜き - 今よりゆるくはたらいて、今より評価される30の仕事術 -

・習慣化で安定させる ・すぐ手をつけてみる ・人の分まで背負い込まない ・異様な作業に没頭しない ・鈍感になって幸せにはたらく ・限りある時間内ではたらく ・時間に余裕をなくしてみる ・なんでもかんでも明かさない ・大事にする人を逆にしてみる ・他人目線に立ってみる ・ゆるく仕事に挑んでみる

約1年前

Fe400ef2 da70 43f7 bcf9 524e23af68c4Icon user placeholder6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc79e49237 2c0c 4e1a abb5 f56e82e2db8474912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab4Aeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a86840a890 6b9f 4f3d 95e7 dfbccff07461 10
砂漠

久々に伊坂幸太郎。なぜ今までこれを読まずにいたのか、最高によかった。最終章の「人間にとって最大の贅沢とは、」の言葉がずっしりと響く。その気になれば砂漠に雪を降らせることだってできる。

約1年前

Icon user placeholder0b2c8078 e178 4bc4 80a0 55f6c27bea144aabb353 5f86 4bb5 88be 5e2efec8cf7b24acb2d1 0188 4174 ad15 ee96ee01c1bb8561f051 fdae 4607 be7d c749747a1db3F31e36dc 4ce3 4735 975c cd4212413c6404d39ccc 2f5b 49fa b63d 8ac2c41bd982 139
舟を編む

一晩で一気に読んでしまった。ゆっくりと身体に染み渡る、極上の読み心地。既に文庫化しているけれど、ハードカバーで読むのがおすすめ。 「言葉と本気で向き合うようになって、私は少し変わった気がする。岸辺はそう思った。言葉の持つ力。傷つけるためではなく、だれかを守り、だれかに伝え、だれかとつながりあうための言葉に自覚的になってから、自分の心を探り、周囲のひとの気持ちや考えを注意深く汲み取ろうとするようになった」 「記憶とは言葉なのだそうです。香りや味や音をきっかけに、古い記憶が呼び起こされることがありますが、それはすなわち、曖昧なまま眠っていたものを言語化するということです」

約1年前

888177fc dbcf 476b b614 f65a06c7e8c87a773f20 16b4 4863 823f 2f9b203983b6800da2c0 c62b 44a9 bb60 f9e41919390d5772d796 3338 4161 8824 95bd0c393c93763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b702653992b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75 85
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

2016年の1冊目。年が明けてから毎晩少しずつ読み進めていたのだけれど、中盤から頁をめくる手が止まらなくなってしまって一気に読み終えてしまった。 『ノルウェイの森』『風の歌を聴け』に続いて村上春樹3冊目。高校の時に読んだ『ノルウェイの森』がどうしても受け付けられなくてしばらく遠ざかっていたのだけれど、他2冊はすんなりと読めた。 肺に新鮮な空気の塊が入ってくるようなことばの流れ、特にフィンランドのところがとてもよかった。

約1年前

54456152 c672 4ae3 8c32 f61e2e701177D64b3a18 41aa 4374 8b45 2936e72532742c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fE32ffd1f 83f0 4591 bdfc 75c1e5480fe7640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affIcon user placeholderC86daa0f 5ca1 4297 a406 ca3ed905d46c 114
職業としての小説家

一ヶ月ほどかけて読んだ。日常的な事柄や状況に興味深い細部を発見すること、無意識的な感覚から出発しフィジカルに手を動かすこと、健全な野心とそれを支える身体を保ち続けること。当たり前のことだけれど、身体に浸透する言葉が溢れている。

約1年前

Fb356ba6 9a6c 41fb 8343 c02b8dc864f5095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f5bedf201 55fb 47e0 93dd ec6d122fa06789e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe43825c10f7b f123 457f 9aee a8caa05542d90731509b 1626 4bd2 a788 59dbc54a3cba 44