D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f9

イトウ

学生

学生

81

コメントした本 ページ 2

海辺のカフカ (下)

幻想的と言うか抽象的と言うかなんというか…。でも、みんなが一度は読むといい本だと思う。ホシノ青年が好き。

9か月前

Ba706546 71cd 4fb6 b8b9 81c79853f170Icon user placeholder3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e28ff2eac6 eddc 4b8a 8b10 2ad28cf183f7Icon user placeholder1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef2b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75 83
オー!ファーザー

父親のキャラが立っていて面白い。エンタメって感じ。

9か月前

11a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5f9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dIcon user placeholder33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869023461f976 7283 4644 a020 6250675cff38242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaaC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991 47
沈黙の春

「農薬が危険」なんてことは今の時代当然の認識だとおもうんだけど、昔はそうでもなかったのかな?そうすると100年後には「洗剤なんて危険なもの使ってた昔の人は何を考えていたんだろう」とか言われてしまうのだろうか?

9か月前

10bb20d9 05fe 4ebd a7ad ec7b5e5709437ea3b3ae 4375 4410 b0c0 0d5175f0e1934b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c0606a62b392 6f13 4a96 ae2b a9ac2f08df5dBf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b13261151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 19
沈める滝

血統の良いモテモテの男が俗世間と隔絶した場所にいく、というのは源氏物語みたいだと思った。三島由紀夫は綺麗だけどくどくない。

9か月前

風に舞いあがるビニールシート

「ジェネレーションX」の読後感がとても爽やか。表題作「風に舞いあがるビニールシート」は、恋愛とかではなく、もっと大きなくくりでの「愛」についての小説だな、と思った。

10か月前

382728d6 20e2 4a79 8c6a 3f2d3fa357a22d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d33113b1984e7 90a5 4314 9b49 a65600d890fe640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b 42
西洋哲学史: ルネサンスから現代まで

わけがわからなかった。やっぱりキリスト教への理解がある程度ないと哲学は難しいのかもしれない。いつかまたきちんと理解した上で読みたい。

10か月前

799da31c fdb2 4d40 899c 2e4dabea94efC3b90b43 f5ee 4878 bd37 ec86568af91298d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f6939604701 26a0 44a1 a64f e4f6ef2ee44273dbdac5 eec6 4ea1 93fc 4e4d1beff0d86f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd74692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe39 8
殺戮にいたる病

おお!?となるタイプの本。やたら生々しい描写には辟易したけど、グロテスクな表現に耐性がある人はぜひ読んでほしい。

10か月前

Fc178239 1c1b 4b20 aea5 b12804f5458cE0814ea8 0df2 4279 ad80 13fab4f65e1eIcon user placeholderIcon user placeholder882ab333 6547 4aad b736 272dc8512495Bed08483 f99a 40de 9dc0 ff0a96a68a4bF621116d 5e8d 4295 8dd6 c5cd12451802 77
チルドレン

伊坂幸太郎の本はキャラがつよい。

9か月前

8682cb46 02c0 422a a5ef 87a43e80d9e5Icon user placeholder2fd11672 5952 48d4 bd8a df426cf658f5382728d6 20e2 4a79 8c6a 3f2d3fa357a2F7d1269d 2a53 4977 9db4 6206e69087bf2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d33110e94ce6a 797c 437f b16a f426f37ac12b 117
海辺のカフカ (上)

村上春樹の本を全て読んだわけじゃないけど(1Q84とか有名どころも読んでない)、これがいちばん好きかもしれない。

9か月前

Ba706546 71cd 4fb6 b8b9 81c79853f170Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e28ff2eac6 eddc 4b8a 8b10 2ad28cf183f72b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75 116
仮面の告白

文が硬い。でも、それにしては読みやすい。

9か月前

588f1a4e 1289 4838 9061 4a44051119efFfb744ea 1210 443b b408 22c325be210eIcon user placeholder640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff002afacd 03e0 43cb b351 f3a04e318b717965fa74 799d 4aa0 bec0 5f7162f61676783444e6 84e8 4a08 94f2 1884cb6815b7 33
ウエハースの椅子

詩みたいな本だと思った。江國香織さんの本は好きだけど、つらくなる。

9か月前

Eee012af 17a1 4e72 aafb bf45bd195ec9B8aad435 d4c9 4448 98ae 27273aa9335e68d8fac3 b51a 400d a18a 09238ebdeedbF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholderA4671bc5 c21f 49a5 810b 862935e4d2ba588ed0dc 8213 48f1 a46d 92effcd9c34b 21
愛の縫い目はここ

「たった一つになりたいから、たった一つになるために、たった一つだけを愛してみる」(「無限の魂」)

10か月前

6ce246ea 6801 44c3 bc07 1153d7dd2568Icon user placeholderC555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769cF7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 18
すべて真夜中の恋人たち

メチャメチャしんどい。胸が痛い。

10か月前

Icon user placeholder1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c2c5dfb8e fbd8 4eee bb68 12fdbde93acf5e6a7c73 6b65 4d42 b07b a73eb7fc2f412c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f 153
陰の季節

「サスペンス」という感じではない。池井戸潤に近いんじゃないかなぁ。面白い。

10か月前

2597a767 d948 4a9f a8fb 6ae84fd53875Cc6111c5 ecf0 4f94 a10c 953555dbf1d1D0f52b3f 88d0 4b17 8e37 caccab53e24b9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c75be00b05 8d12 46cc 9903 a9b92af27380476099a1 f23a 4100 bbac e4588450ecf2 10
儚い羊たちの祝宴

叙述トリックは、麻薬みたいなものだと思う。最後のどんでん返しが気持ちいい。『カニバリズム論』を読んだばかりだから、「メデューズ号の筏」や、「アミルスタン羊」のワードでピンときた。わかっていてもドキドキするし、面白い。

10か月前

B78fe0f7 f225 47f0 a30a dfbacce79f57E56631c9 fb84 4b0d bf25 cefa70d7355e5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2Icon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacEe5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac6Icon user placeholder 57
カニバリズム論

てっきりカニバリズムの歴史などについて語るのかと思ったら、カニバリズムの行為そのものについての論集。筆者の専門は中国文化らしく、「狂人日記」などを用いて「中国における食人文化」について論じている。話自体は面白いな、と思ったけれど、この特異性は中国だけなのかな?

10か月前