Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
6361d7c6 3fe2 471e 9dd5 aa848905f8a2

Kousuke Handa

1988生

1988生。本、音楽、映画をはじめ文化系のことはだいたい好き。文化系イベントに関わったり、ZINEつくったり。本はジャンル問わず読みます。夢野久作、安部公房、鶴見俊輔、鷲田清一にだいぶ影響されてます。

4

コメントした本

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

これからの生き方と働き方を問う一冊。消費から経験や体験を重視した生き方を示す。ただ時代に流され時間に追われてしまう未来から逃れるには、自分の選択と行動の出発点となる未来予想図を描くことを提言。多様性を尊重し、普通であることよりも、一人の個人として考え行動する覚悟を何度も説いている。同時に自分を癒す帰れる場所や、活躍できる場所など柔軟な人との繋がりを複数持つ重要性も説く。

6か月前

Eae09d04 be21 4a5e bdc1 74b396b0e66f087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed07a9b9ec e56f 4886 8b31 2ccb906a93c806173605 502f 4559 9578 903e6dd1a82fDe7addf8 ea13 4734 a4fa b9779c75da00B7019bc9 22c8 421c 96a4 450b77068860014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 34
思い出袋

著者80歳を過ぎてから綴られたエッセイ集。短く穏やかな文章のなかに、人間の本質にせまる鋭い洞察が含まれている。何遍にもわたって根源的な問いを発し続ける本書。死ぬまで大事にしておきたい本。

6か月前

B002a17f 1c50 46d2 a987 2264ff328bb52e5778d4 27dc 4f49 9f99 7c4e95c48aaf7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
地下街の人びと

ドラッグによる幻覚を表現しているのかイメージしづらい描写がたびたび。話自体はおもしろかった。乾いた人間模様は村上春樹を連想させる。作中でてくる場所はジメジメしたところばかりなのに、乾いた空気感があるのが不思議。

6か月前

931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf
犬神博士

読後の爽快感は夢野作品のなかでも異例。読みはじめたら止まらない。ドグラ・マグラよりも推したい一作。

6か月前

458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600b38b84919 0ca4 4048 aed3 351cb7be2a3a