8315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9c

SK2

涙腺が弱い37歳サラリーマン

涙腺が弱い37歳サラリーマン。家族は妻、長男、次男。好きなもの:洋楽、お酒、コーヒー、歴史、読書、kindle、カメラ、キャンプ、筋トレ、等。

96

コメントした本

茨木のり子詩集

代表作「自分の感受性くらい」は僕にとって大事な詩です。日々の生活に追われ、夢や目標を忘れそうになる自分を奮い立たせてくれます。なにかの啓示?いや、茨木のり子さんという戦中生まれの詩人が書いた一編の詩です。出会えたことに感謝。

1年前

B50ad172 8f40 461e a798 4732792577e8Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09C8f29f47 8c8f 4c0a b9d7 c277492d38d3C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2419463565a f6ea 40bc 93dd 4b4775f32cc78da0d2fb b06b 43dd 92e7 cc38c60714fa 13
無名仮名人名簿

向田邦子さんのエッセイは初めて読みました。 時に自虐的でシニカルな観察眼、毒気のあるユーモア。 電車内で読んでいましたが思わずぷっと吹き出してしまい、周りの目を気にする有様でした。 「父の詫び状」等の真面目路線(?)も読んでみたいです。

2年前

C23297ff 4e40 44bc 90f8 aa7d870dfd7b47a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cf
夜と霧 新版

極限状態における人間の精神の脆さだけでなく、その逆の逞しさ、崇高さを垣間見ました。 「人は強制収容所に人間をぶちこんで全てを奪うことが出来るが、たったひとつ、与えられた環境でいかに振る舞うかという、人間としての最後の自由だけは奪えない」 いかなる環境・状態においても、自分がどのような精神的所在になるかについて自分で決断を下せるということを、肝に命じて生きていきたいです。

2年前

C8f3adc7 4838 44d5 a144 00aaff7f78626488ed43 0c09 4ae5 b36a 9f19574938ffIcon user placeholder1c81c53e fffc 4e52 a0ac aad944d8e01d8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64C70c8950 1f52 41ea 83f8 44049d97ec0429b4a94b 7381 4f17 a3c1 dbd0de072b21 207
詩のこころを読む

僕の財産になった一冊。この本によって、茨木のり子さんと吉野弘さんを知りました。これまで詩は、難解で脈略のない言葉を使っているというイメージが先行して、じっくり味わって読む事が少なかったのですが、「感動が無ければ詩ではない」という視点で読むと、自分なりに作者の意図が見えて来る気がします。

1年前

20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholder136aee2f 5d52 40ac a350 633a63075b50Icon user placeholderAa08dd89 5cc3 481a b667 659a1531ef6bIcon user placeholderAb62d61b a8ff 47e3 9d67 5785290000de 32
調理場という戦場―「コート・ドール」斉須政雄の仕事論

不器用でも一流になれるという事を示してくれる本。 ・不器用であるがゆえに悟りきることもなく生命力を燃やし続けられる。 ・効率の悪いサイクルだからこそ楽しめて生き残れる。 斉須さんの人柄と謙虚さが滲み出た、含蓄のある言葉だと思った。

2年前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1130b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1aeD256cec4 eee8 434e a8d5 bd388a139bc64f9f90e8 ffb2 4acb a00c 3fb81bb7bc5cDb368b33 063d 40bc 9c44 092a2c8028ba14ac1dd3 5a85 4954 8ca6 b1982809aeccB531c9bb 2ecf 4088 ae24 8931bb4201c5 21
3分間日記 成功と幸せを呼ぶ小さな習慣

簡単にまとめると、自己肯定感を高める最良のツールは日記である。夢や目標と共に日々の自分を振り返り、自分をもっと好きになって夢を実現する、といった内容。 著者の非常に前向きな姿勢に驚きましたが、そのくらい前向きじゃないと夢は実現できないのでしょう。 日々忙殺されがちな社会人にこそ、お勧めしたい一冊。

2年前