87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796d

おひさま

活字中毒の書店員

活字中毒の書店員

108

コメントした本

庵堂三兄弟の聖職

遺族の依頼で解体した遺体から様々な日用品へ加工・細工するという「遺工士」庵堂家の三兄弟。 芸術的な遺工職人だった父の跡を継いだ長男・正太郎、汚言症を患い周りとトラブルが絶えない三男・毅巳、そして一人実家を出て東京で働く次男の久就の物語。 全編にわたり死体解体の描写と三男の「汚言」による罵詈雑言が並ぶ作品なので、非常に不快に感じる人もいるかもしれない。 それでもその先にある「かつて生きていた人」と「遺された人」の悲しみの納め方、みたいなものと、一見バラバラでめちゃくちゃな三兄弟の静かな絆が次第に胸に迫ってきます。 飲まず食わずでハイになりながら作業に没頭する正太郎のスピードで駆け抜けるように一気に読みました。 いろんな意味で稀有な作品。 常識に囚われず読んでみてほしいです。

9日前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc6592cc7c47 8c16 4ac5 8df8 1103aa1004c1
奇譚を売る店

古書店を出て「また買ってしまった」とつぶやくところから始まる短編集。 本好きならば必ず経験あるはずの「また買ってしまった」と、沢山の本を読んでいればいるほど「あやしげで見たことのない本」につい吸い寄せられてしまう気持ち、分かりすぎてつらい…!と思う方は要注意。 そんなあなたが主人公です。

15日前

Icon user placeholder7262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d51fe6a47 eefe 4333 8b0a ed90d5c741cd23ad9c9c 23c2 4e3d 94ca c721b2efea405c50f524 f6b7 412a b19b e458d59db9fdIcon user placeholder29c4ab89 1b08 483a a507 6f2ca5fd4abc 14
魍魎桜 よろず建物因縁帳

サニワと呼ばれる不思議な力を持つ春菜と曳き屋 仙龍の物語第5弾。 このシリーズの魅力は単にホラーという枠に収まらず、そこに歴史や伝統を感じさせる物語だと思う。 今回の話は上越市板倉区“猿供養寺”に伝わる人柱の伝説がモデルだろうか。 とても切なく悲しい話が桜という花の美しさと共に心に沁みました。次回作も楽しみです。

3か月前

9807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef422461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f11525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0
工場

3編の中短編からなる作品。 なんとも不安を掻き立てられる作品で読み終えるのにとても時間を要した。 SFの様なある種ファンタジーの様な不条理な世界でありながら、その登場人物たちの心情は痛いほどリアルで生々しくホラーの様ですらある。 非正規社員や正社員などそれぞれの目線で描かれる仕事の不条理や見るものによって形を変えるこの世の不安定さのようなものが描かれているのだと思うが、詳細な部分や語り手の心情が細かく描写されているのに反して大枠の説明が一切なく、それにとても不安を掻き立てられる。 しかし物語から感じる不安感に反して描写や文体がとても巧みで美しいと感じた。

6か月前

5cc4c863 6d4a 4e8c 8fd1 236841283cd6Picture
ロボット・イン・ザ・ガーデン

苦いところも面倒な部分も全て愛おしくなる物語。

6か月前

Da3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1C7282453 1e6d 4251 89af 86d8ceb038c293b767da c161 4ca5 978f a90f99e9769fD58a0b0d e5d7 4b5f 843e 259541388591C94f18e7 4186 4deb b981 b6a0880310e215fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21cDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a 51
忘れ物が届きます

タイトルやあらすじ、カバーイラストからてっきりほっこりとした心温まるお話かと思いきや、ガチガチのミステリーでした(笑) 誰にでも、何年、何十年もたってから「実のところ真相はどうだったのだろう?」と思う事柄は一つや二つあるのではないかと思う。 大抵は真相を知る術がないまま想像に任せて無理矢理自分を納得させるしかないのだが、これはそういった「忘れた頃に思いがけず知る事になる」真相のお話5編です。 なかなか真相にたどり着けないじれったいお話5編でもあります。 おススメです。

8か月前

春、戻る

結婚を間近に控えたある日、突然兄と名乗る青年が主人公さくらの前に現れる。兄がいるとは初耳だし、何より自分より一回りは下に見える青年はいったい誰なのか…? マイペースで少々押し付けがましく騒々しいその兄と名乗る青年を訝しみつつ読み進めていくのだが、物語は淡々とした日常の中に大らかに展開していきます。 深く傷ついた時には見えなかったものが今なら見えるということがある。 優しくてホッとするお話です。

10日前

Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527D90aebb2 cc38 47cf 97b4 cd69dea3f0f52b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855bCc841888 d781 4e59 9578 49d9903628710d5b41db a6c2 4a51 b9c1 3d1e5b58c0c49a08bef2 cd80 490d 9715 7ce203a7f409Af076117 e663 47ae ae48 c57032a4c982 17
異類婚姻譚

例え小説であっても猫を山に放つ事は受け入れられず……表題作だけ読んで挫折。

4か月前

強運の持ち主

軽快で読みやすく一気に読んだ。 この手のちょっと背中を押してくれるような心がホッとする連作短編集は主人公が中年である事が多い気がするが、この作品の主人公である占い師はまだ20代の半ば。若いけれど、若いが故にいい意味で無責任にキッパリと背中を押してくれる。 当たるも八卦当たらぬも八卦。 占いは人の話を聞いてあげることなり。

6か月前

3d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0F6ce8cbd 7ea3 4a38 a61d e21fefccd250A8bf77b4 e9e9 4cc2 8c21 f3b88c27a17a5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358fIcon user placeholder 32
おおあたり しゃばけシリーズ 15

大好きなしゃばけシリーズ。今回もドタバタ、ハラハラ、そしてほっこりするお話5編。 相変わらず寝込んでばかりいる若旦那も少しずつ大人になり、若旦那を取り巻く妖たちもどんどん人情に厚い下町の江戸っ子化しているのがおかしくも感慨深いです。 最後に収録されている日本橋のリアル大旦那と著者との対談もとても興味深く楽しかった。

6か月前

154ca140 ac4a 4914 b19f bf93110b71dcIcon user placeholderFb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8
夫のちんぽが入らない

一気に読み終えた。 ここまで赤裸々なエッセイも小説も私は知らない。 どんな人にも人の目を気にして取り繕ったり偽ったりする気持ちはあるはずで、どんなに「赤裸々エッセイ」と謳っていてもどこかよそいきな雰囲気があるものだが、この私小説にはそんなものは全くない。 清々しいまでに潔い。 「普通でなくていい」と口で言うのは容易いが、ここにはそう信じて前を向く作者の姿がある。 最後まで楽しく読んだ。

8か月前

Af663ff4 7637 486d 92ce ba17b8715718417ad0f2 8ab6 4d0c 85e6 021846ebd3c6C8afdf3a 9ef7 43bb 844c 87340561321389124c62 4100 4a49 8e64 7ddc1784e1dfF143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04d43bf153f ad9a 4168 91c9 3a0800dcbf1a 115
あなたの人生、片づけます

片付けられない人の問題は心にある。 片付け屋・大庭十萬里が汚れた部屋、不要な大量の物に囲まれて過ごす人の心を読み解いていく4編。 ああ…大庭十萬里にうちにも来て欲しい…! そう思う人は少なくないはず! 断捨離という言葉が流行りすぎて一人歩きしているけど、大事なのは物を捨てることではなく自分が衣食住を自分の心地よい範囲でコントロールできてるかどうかなのだとこれを読んで改めて思う。 「閉店屋五郎」を思い出した。あちらは義理人情ものだが、こちらは小学校の先生に教え諭され叱られてなお心にしみる感じのお話。 疲れた方におススメです。

8か月前

Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66beCf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b17527Icon user placeholder3d3c14a0 d931 4d0a bf59 8db721e1786d1ce1ed76 072c 4d7f 97bc 1d5147ad9a753221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 10