9ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e6635

oct 猫

148

コメントした本

「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術

ブックオフで200円で買った。ただ、その価値はお金に変えられないものだった。 まず齋藤孝さんの本はなんか読みやすかったし、共感できる部分が多く、他の本も読んで見たいと思った。 個人的には本の読み方が勉強になった。本を読む際、折り目をつけたり、3色ボールペンで色付けするなど、五感を使って記憶へ定着させるというアプローチは素直に、実際にやってみようと思えるものだ。

1年前

こだわらない練習: 「それ、どうでもいい」という過ごしかた

面白かった。ジョジョが好きな住職さんが書いた本です。 日本では、オウム真理教の事件が起きてから、何かに信仰することがあやしいことのように言われるようになってしまった。それはつまるところ「無宗教」教という宗教が出来上がったということだ。そして、「無宗教」教とカルトは大差ないという。 そんなことが書いてあって興味深かった。

約2年前

9dc675d5 33dd 4c8d 8964 bde61db517c236f4f546 1a34 4a90 b4bb 9aab8e8c62eaD537d324 5b57 4281 92af 0b4829be4e52E9d81ec0 077a 4870 a83b 5c2ce825d837E907ef46 3795 4c33 84a0 e0bc2a7764f1C38d1c07 ca36 49ca 8ca5 4fe7852634815ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f 11
うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつは波があるとのこと。どっぷりうつ状態の時は気づかないのだが、うつから立ち直ってきた時こそその波が顕在化する(著者のケースでは気温差によって)。たとえば季節の変わり目などにどっと落ち込みやすい。ただそれはうつトンネルが終わりに近づいているサインなのだということらしい。この理屈はなるほどって思った。 あと漫画が読みやすい。色んな人のうつトンネルを抜けた(まだ抜け切ってない人もいるが)具体的なケースが10数本掲載されている。当然、おのおのうつになった原因やそれを乗り越えた方法は違う。ただそういった様々なうつのケースを漫画で楽しく読ませてもらえたことで、うつの本質みたいなものが見えてきた気がした。

約2年前

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8F143c58e da2c 4359 afbe 6c6c34153112F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02eIcon user placeholderIcon user placeholderFb6d0db5 86e7 4310 9443 85e613d3a816Beb46f76 ce83 4efd 9e3c e8b474502eed 90
脳内整理で すべてうまくいく!

この本でもマルチタスクの害について語られている。 あとは睡眠についても。起きる時間が大事らしい。平日と休日で起きる時間の差は3時間以内に収めたほうが良いとのこと。 ミラーニューロンについては色んな本で言及されているが、正直いまいち実態を掴めていない。人はみな無意識に誰かの真似をしており、それをやめていくと本当の自分が見えてくるというのは目からウロコ。脳って案外単純なんだなって思った。 自分はなんのためにそれをするのか、Why を三回繰り返す。 そういえば、GRITでも出てきたレンガ職人が何を作っているか問う話がこの本でも出てきた。ビジネスセミナーとかでもよく出てくるそうだ。 Think from out of the box and inside the box.

約2年前

78c3605c 79de 4541 96d1 294d825b62dbB530489c f933 4d6b 8b7c 2d94ff02f84e568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea6afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339
鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

書き留めておきたいと思った箇所は以下。 誰かと深い関係を築く方法について。最終段階では自分のことをどう思っているか聞くと書いてある。これは自己肯定感を高めるのに最も良い方法の一つだと思った。なぜなら自分に対する自己評価と現実的評価を近づければ近づけるほど自己肯定感は増すからだ。 「すべき」から「だったらいいのに」 自分の限界点を把握する。また、可能であればそれを相手に伝える。 五感から過度に刺激を受けないように対処する。つまり視覚や聴覚、嗅覚などの刺激に対して人一倍気を使う必要がある。 五感を喜ばせる。たとえば、アロマを焚いたり砂の上や土の上を素足で歩くなど。 インスピレーションを信じる。 ** デンマーク語の翻訳だからか自分が疲れてたからかわからないけれど少し読みづらかった

約2年前

95202ece 743a 4136 a8ce 151a2e5387fa00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920Afcb64ca 6ef6 4112 b732 e69e2f4bf1fdC621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d549c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd29488ad7 196e 4346 b25d 69586338a2feE68ce569 3964 4a76 9086 14f7083ea19f 40
遅読家のための読書術―――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

今までほとんどの本を熟読して、さらに内容を記憶に刷り込みたい本はエヴィングハウス理論で次の日に再度軽く読み通す、という半ば苦行的読書を行なってきたが、本書を読んで読み方を変えようと決意できた。 苦行楽しくない…。楽しくないと続けるのが辛い…。 お気に入りの一文は「音楽を聴くように本を読む」。日本語が表意文字で良かった。

約2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderE5c15d86 fa5a 4766 a6aa bf26459b9822D5e33eaa bd58 4145 878f e6d6e1f4df50290cba6b 24be 4792 a712 3880889e6826176e8e24 e9cc 40de 8147 9f437c32d0d43907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a125 35
やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

読了した。なんとなくそうかなと思っていことを見事に裏付けしてくれた。 個人的に以下の2点が特に印象的だった。 1. 達成までの過程で努力は二重に影響する。(才能×努力=スキル、スキル×努力=達成) 2. ひとは才能をえこひいきする。ひとはずば抜けた成功を収めた人間を、天才と思いこもうとする。 こういう本に書いてあるメソッドや考え方は科学的に完全に証明されているわけではないものの、検証の結果としてほぼ間違いないことだと思うので、教育機関や企業、家庭などでどんどん導入していくべきだと思った。 もちろん個人や会社のチーム規模で実践していっても効果抜群な代物だろう。

約2年前

A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06D48c0864 ac52 4952 8f02 cb876cf3134fIcon user placeholderF4c1fa3c 6885 451c 8caf f2d7c5982bbfIcon user placeholderAf337357 4371 4027 a7d4 cceac3aac73a84c2c695 ec89 439e 8354 675fb6761adc 79
ひきこもりの弟だった

ページをめくる手が止まらなく一気読みした。 ちなみに僕は主人公と似た境遇の現在30歳の男で、兄が2個上で中学1年から今に至るまでひきこもっている。似た立場の方が読む際参考にして頂ければ幸いだ。 この小説を読んでいて、僕はこの物語に出てくるすべての登場人物に嫌悪感を抱いた。特に主人公は自分は決して幸せになれないのだと、悲劇のヒロインよろしく世の不幸を一身に背負っていますみたいなセンチで自分本位な思考回路、表面上はなんでもないふり、まともなふり、そして自分をとりまく家族や環境へ責任転嫁。自分を見ているようで気持ち悪くなった。読了後、丸2日くらい精神的に不安定になった。 僕はこの物語はバッドエンドだと解釈した。これを、ハッピーエンドとまではいかないが、よしとする人は多くいると思うし、そういう人たちは精神的に成熟した大人なのかもしれない。ただ、僕はそんな大人ではなかったしそうはなれないと思う。そしてこの小説を読んで、そんな風になりたくもないと思った。 僕はこの小説がきっかけで、そんな大人には、この主人公のようにはならないと決心できた。幸せになる勇気を持てたと思う。(背中を押してとかそういうのは全くなく、反面教師的に) ともかく、僕は最良のタイミングで最良の本と出会えたと思う。Google検索の有能さに感謝。いろんな人に感謝。

約2年前

06d3f0d5 baa8 42c4 9c18 26d48a77fd8cIcon user placeholder5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5B0ddce66 3497 44ec a0f7 830bfa0af81dIcon user placeholder147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eE9c79181 8ae5 4679 956a d5eb0a2572f2 55
自分を許す心理学

読むのにすごく時間がかかってしまった。なぜだろうと考えたら、いちいち自分の過去のできごとを想起させられたからだと思った。 この本は同じようなことが繰り返し書かれていると感じた。 自分を愛するか?憎み続けるか?まずは憎んでいることを認識すること。次に大事なことは選択、というか決意することかもしれない。

1年前

「やりがいのある仕事」という幻想

若い人たちにもお年を召されている方々にも新しい視点を与えてくれる本だと思う。 「口に出せないこと」をズバっと言うこの著者はかっこいい。

約2年前

9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edC621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54Fc943c9b 2a7a 429c a219 96814e1bd3852b76fb2d 7878 4d7e a04b 6f815f05a8041a157a3e 7907 4cf0 be7d 02f64418d3b1F4804186 5bc1 41e2 a2c1 f09f650784dc73aa2da1 96d9 4d20 9ae0 7417d187da55 52
医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン

自分は視覚優位なのだと自覚できた。カツオの絵は思い浮かべることができるが絵が下手すぎて描けない。 あと最近行っている英語学習の影響か比較的低めだと思っていた言語抽象や聴覚がそうでもないことに気がついた。

約2年前

14030403 144d 463a 97db 5bf00d76f41c5449c6b7 23e3 45fa 9e3e 969c3ca3cb7b26eff6d7 8fc6 4c32 88a0 c0b9882b5a7326aa5898 0acb 43ba 9c3c 6a421e63fefd5788911a 2e44 4b9c 8d60 94621644f12dB531c9bb 2ecf 4088 ae24 8931bb4201c57d60142a 47c0 4527 8975 4e2104794956 13
孤独がきみを強くする

-- 制約されるからこそ、内にたぎり、反逆する -- 彼はふつうのなりをする。現代を受け入れつつそれをはね返すために。 うまく言えないけど、無目的的であるとか無意味だとか無価値とかそういう「無」とつくものはそう悪いものではなく、むしろその逆よりも本質的で純粋なのだなと思った。 岡本太郎はペットという表現が嫌いだという。彼は一時期カラスと一緒に暮らしていた。(飼っていたのではない) そのカラスにウイスキーの水割りを与えたらそのカラスが酔っ払ったというエピソードは笑った。

約2年前

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c616016A1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb97edee7be 7eac 4c52 9f31 bb42fc4518d57d0aadd2 a95e 4663 a46e 3453c4b3402aF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad832 10
過敏で傷つきやすい人たち

こんなに新しい本だとは知らなかった。 最近流行ってるHSP関連の本は何冊か流し読みしてみたが、本書はそういった本とは一線を画すものだ。 本書は、HSPのタイプを分類し、それぞれのタイプで幸福度や生きづらさといったパラメータとどのような相関があるかなどの様々な統計データをもとに、その要因や対処法、考察などが書かれている。 自分がどういうHSPでなにが原因でどう対処すればいいのか、ふわっと掴めた。ふわっと。

約2年前

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

質の良い(悪い)睡眠がいかに僕らのパフォーマンスに影響を及ぼすか感覚的に理解できた(理屈の説明も多くあったがあまり理解できていない)。また、良い睡眠をとるために具体的になにをどう実践したら良いのか詳しく書いてある。 実際に僕も、考えなしにカフェインを摂取すること、枕元に電子機器を置いて寝ないこと、朝6時から8時半の間に太陽光を浴びるなど多くのことを実践し始めたし、その結果睡眠の質がかなり改善された気がする。またカフェインの過剰摂取が原因で偏頭痛が起きていたこともわかった。

約2年前

7a52983e 3f48 4647 ac94 3226a73819769dc675d5 33dd 4c8d 8964 bde61db517c2Icon user placeholder515af6c3 d417 4d4c 9d63 55a5e0f20080Icon user placeholder799e1007 5ec6 4de4 bbb4 00183ea4c56724f0c412 4bbe 401a 9dc8 305c4d1f3667 63
自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義

スーザン・ケインの「Quiet」でブライアン・R・リトルを知り、この本を買うに至った。 内容は期待以上で2回通読した。最新のパーソナリテイ心理学の知見を得ることができた。それらは僕らが生活する上でも非常に実用的なものだった。

約2年前

005bb929 b288 426c b48a adce95c0a5d833c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf737C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54F0314fe3 4444 4313 9212 c760560da6047c3cb58c 36cf 4a05 8a24 68f4c0eefa148cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda64298ba57d 66d6 4b71 a1a1 f5b20687adba 30