Abcbaea3 a181 4074 b32c 7fbe24b4f67c

あーちゃん

読書は大人になってから楽しめるようになり…

読書は大人になってから楽しめるようになりました♪ 深夜、間接照明の灯る静かな部屋で読書するのがマイブーム。 昼間、外の風を感じながらゆったり読書も好き。

18

コメントした本

短劇

短劇というだけあり、短編集。 26もの物語が集録されています。 坂木司のほっこり系をイメージしていたので 「やられた!!」 という感じ。 時々ほっこり要素が入るものの、作品の大半がジメーッとした気持ち悪さが残ります… こんなにたくさんの話があるにも関わらず、1つのモチーフを使って描かれていたことをあとがきで知り、もう一度読んでみたくなります。 (でも、少しほっこり系を読んで休憩してから…)

1年前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1eIcon user placeholder2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c007187e4 4d6d 42e5 aeb5 8cff7f0a9cc38a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e959790f6b286 7836 493e b0d5 4bd9739068d2 10
初恋温泉

実在する温泉宿をモデルに、五組のカップルの恋愛模様が描かれた短編集。 温泉、旅という非日常的空間で、それぞれのカップルの出会いや別れ、またそれぞれが、本当の気持ちに気づかされます。 「白雪温泉」はお気に入り。 舞台となる青森の青荷温泉は、以前テレビで紹介されていたのを見たことがありました。 なんと、テレビもなく携帯の電波も通じず、照明は自然光と薄暗いランプのみ。 さらに部屋は襖一枚で仕切られただけ。 日常生活では考えられない場所に身を置かれ、そこで何が出来るだろうか。 当時は行きたいような、行きたくないような複雑な気持ちでしたが、この作品に出会い行ってみたくなりました。 大切な人と。

1年前

6ce9369d 6820 4dd9 8aca 6a2c7ed5388f9a08bef2 cd80 490d 9715 7ce203a7f409151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc24122c3cce8 91b5 4fd2 a677 527a8baf977d6c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626bIcon user placeholder496e01b1 3f27 48ce 8fd0 1098a96de46d 13
夜のピクニック

THE 青春小説 中・高校時代に友達と過ごす一夜って、どうしてあんなに特別なんだろう。 つい、本音をポロっとこぼしてしまうあの感覚。友人がちゃんと自分のことを見守ってくれ、そばにいてくれる安心感。 そんな特別な夜を思い出させてくれた一冊でした。 個人的には、恋心を抱いた相手に気持ちを伝えぬまま、卒業しようと心に決める千秋に共感。

1年前

1a752b5d 37d6 4b20 9e65 97c7054e62c79b81650e a370 46a6 a832 18ba4c205f454486bb5d 8e5d 4271 bc93 5ee74cdc95f0Icon user placeholderIcon user placeholder66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489c323c0eab 9b93 465a 81ba 0bc9cc45f743 380
豆の上で眠る

読み終える前に結末の予想がついてしまい どんでん返しがないのが残念でした。 しかし、あの誰も救われない感満載のお話で どんでん返しが待っていたら いつまでも気持ちを引きずってしましそうな気がしました。

1年前

97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f3517b33feac 70da 4d4c b6e7 19fac8c0c945Icon user placeholderB202f626 0795 4027 99ca 47cba8606095093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c14870823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f0fdb4117 4db0 4540 8bc8 a7766ac43251 52
舟を編む

ごめんなさい。 今まで、辞書の使い方間違ってました。 もう、台にしたり、インテリアなんかにしません。。 辞書を「編む」という表現が好きです。 決められた制限の中で、言葉を紡いで最後は1つの作品になる。すごくぴったりだと思いました。実際に辞書編集部でも使われているのでしょうか。 ちょっとした意味の違いで言葉を使い分ける日本語って素敵。 しかし皮肉にも「すごい」とか「やばい」で何でも片付いてしまう世の中。 もっと言葉を大切にしようと思わせてくれた一冊でした。

1年前

F418b61f 70ad 4abf a1fc a3172452e037A497086c 1bd2 4c8f 9e96 e729c6074ba4202d871f 1724 4f3c 86fd 71b36e3c4a6a24e7a79a d060 49d6 9725 1a5cffba7cbcIcon user placeholderIcon user placeholderF11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e 303
カササギたちの四季

読み終わった後、優しい気持ちになるほんわかミステリー。 四季になぞらえた四つのストーリーは、季節を追うごとに様々なことが繋がっていきます。 冬が終わりまた春が来るように、ストーリーも季節を巡るような感じがしました。 探偵気取りな華沙々木の迷ゼリフ 「チェックメイト」 には段々、もうこれ以上余計な推理をしないでー!!とイライラ…しかし、その間違った推理を影で修正する相棒、日暮さんの活躍ぶりといったらもう、ノーベル賞もの。 人の優しさが、また人の優しさを生む。 足りないところを、誰かの優しさで補いあっていく素敵なお話でした。

1年前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092eIcon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e3110458305c 50e0 4c9f bb10 e9acea3f3ad9A01542c4 9efb 434f 8a1d a0fc7d11c1516cd227dc 4993 4c94 90fd 1e6b820d974535b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438 10
悪人(下)

上巻は、聞きなれない地名や方言に馴染めず時間がかかったが、下巻は一気に読み終えた。 誰かの為を思い、その人の為に咄嗟に体が動いてしまう。そんな恋愛してみたい。この作品が純愛ストーリーならどんなに良かったか… 殺されたのご両親の気持ちはもちろん、犯人を育てた祖母の気持ちを思うとやりきれない。 おばあさんに伝えたい。 確かに彼は犯してはいけない罪を犯してしまった。しかし、決して人の気持ちの分からない人間には育ってない、あなたの育て方は間違ってない、と。

1年前

Icon user placeholderDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a452cf3300 0137 4bc1 9eaf b81a72337a310e0ae9ad 1063 472e b241 8851f517b2eb9871ba3a 3f57 43cd 8a67 21df7d5133102e88ff33 2d12 4360 a417 0dd541bfd8c9 22