07b27cb7 6c1f 4301 a6be e20e6e4d3122

たろう

やぁ。

やぁ。

67

コメントした本

カッシーノ!

オシャレ。カジノだけでも各国で違いがあるんだなと思った。浅田さんもカッコイイ

1年前

きまぐれロボット

ホント読みやすい。ショートショートだし、普段本読まない人に読んでほしい。

1年前

1c3430c9 ee42 4990 9771 bda97041f9ac16496921 5da2 4a74 8383 dabf29d7d8b71dd3e399 b5d3 4224 9dc5 70ecc74b483a7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4Fb6ac8a1 77ef 4f06 8739 9b1dc42e03c337cfbb8a 5f84 433b ac05 d34858202f786540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d55 30
スヌーピー―こんな生き方探してみよう

シュルツの優しさが溢れてる。たまにふと読みたくなってくる。

1年前

Icon user placeholderF8740eb8 4fe5 4433 8b79 9cc19eaebe8fA550b508 e13f 4cc3 9a13 98c67fd7087bE44b7aef 20e4 462a af2c 581ccb06e8eb6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c92c1bd439 53dd 48d4 8db7 73e6a4501f86Cd2d28ae 0e91 4b6d a6cb da82ed2a97d6 15
異邦人

正直すぎた男の話。彼の言動は一見、訳が分からず異常に見えるが、私たちの言動の中でもなぜそれをしたのか説明できないことは沢山あるはずだ。それでも私たちは理由がないと不安になってしまうから無理やり理由付けしてしまう。あるいは状況を自分のいい方に運ぶためにウソをつく。正直でありたいと言いながら自分の都合の悪い事はウソをつく。そういう人をあざ笑いながら主人公は幸福に死んでいくのだろう。

1年前

D48c813c ac7a 448c 9d2a 99ada2ced29a0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e408F6d87aa6 3579 41ba 95b0 873b70fa8305Icon user placeholderDb8e8619 41d4 40de a264 8ceb344936146e31084b 4fe8 491b a70d 0088972ac7c069a4e54c d97e 4756 96e4 5bbd095d863b 77
グレート・ギャツビー

村上春樹が人生の中で最も重要な本としてグレートギャッツビーを上げていたので読んでみた。主人公の雰囲気が村上小説の主人公と被っているように感じた。ギャッツビーの生き方は僕には到底真似できないが感動した。だが、結婚生活のことや不倫のことはまだ感覚が分からなかったので時間が経ってからもう1度読み直したい。

1年前

Icon user placeholder3ed9eefb d1b8 4b47 b34d 213a0340ad435f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b88cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda647262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127dF21934ed 8fdb 4265 b66d 18917586d80eIcon user placeholder 75
ノルウェイの森 上

読まず嫌いしてた村上春樹にハマるきっかけになった本。大学で東京に出て1人暮らしする時に読んだせいで共感できる孤独感というのがあった。(もちろん、誰かを亡くすという孤独感とは比べ物にならないのだろうが。)

1年前

7ae2351c 7877 4282 9ab1 8b308c336866406f1245 066b 423b 87eb 22a797955e97B790c7b1 b5c9 4348 a0db 1dacccb9f5d4101f1fe9 aebc 4e49 9b39 0cd04b237a216bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d0670abae23 ae4b 49cf 8c76 88e2b687b64cDc942191 f1e8 4ce9 aefe 425ccc58ab02 200
18歳から考える国家と「私」の行方 : セイゴオ先生が語る歴史的現在

面白い。マイノリティが歴史を創る、みたいなところはなるほどと思った。

1年前

国際メディア情報戦

驚いた。メディアの恐怖を感じた。と、同時にハードパワーがなくても戦争に勝利できるという小国にとっては希望となるような話でもあった。

1年前

アラマタ大事典

小さい頃に読んで面白かった。荒俣さんの雑学の知識量に驚かされる。

1年前

現代イスラムの潮流

イスラムについて興味を持った時に初めて読んだ本。内容も入門的でわかりやすく、面白かった。

1年前

ノルウェイの森 下

緑の巻(生の巻)残された者たちの生き方を考えさせられました。

1年前

7ae2351c 7877 4282 9ab1 8b308c336866B790c7b1 b5c9 4348 a0db 1dacccb9f5d46bb06d30 3e14 42e6 bed6 45adc97f7d0670abae23 ae4b 49cf 8c76 88e2b687b64cDc942191 f1e8 4ce9 aefe 425ccc58ab029807894d c4af 4d2f a85e b7f8185c4ef4Cea4bcc5 b478 4d58 aeb0 8499d54e5b87 133