86f24592 7582 47c2 a40d 4e168633c391

かずや

色々参考にさせていただいてます

色々参考にさせていただいてます

16

コメントした本

人間の価値―1918年から1945年までのドイツの医学

ドイツでは医学生必読の書物となっているそうだ。原著はベルリン医師会。ナチス時代、ドイツでは人を救うための医学が大量殺戮に加担した。その歴史を重く受け止め、ドイツの医師たちがが今日の医療倫理に訴えかける。

2か月前

《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!

非常にわかりやすくて良い。電子書籍の便利さを感じさせられた一冊。電子書籍初心者にはもってこいだと思います。読んだ本を「アウトプット」するという概念は自分にはあまりなかったので、まじめに実践しようと思う。

8か月前

699fafbc 8f1c 4fe0 9ba5 b924679d1b132263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9F066bc6d 6529 4a17 a125 c0007edde0ce4dace2b2 8d30 45c7 b9ba 62d8ce421d56Icon user placeholder7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea448138974 905c 47b9 a3e9 30ba763f7e1e 76
新 移民時代――外国人労働者と共に生きる社会へ

今、日本ではとてつもない勢いで外国人労働者が増えている。彼らの祖国の貧困に漬け込み加熱する日本語学校ビジネスや入国管理の不整備などが絡み合い、彼らの人権を軽視した安易な受け入れが続いている。 また、与野党経済界は、外国人を積極的に受け入れるべきだと明言している。その理由は、外国人を安価な「労働力」として期待をしているからである。しかし、そこには彼らを、日本で暮らす「生活者」としての視点が著しく欠けていた。 西日本新聞の記者が明らかにした外国人受け入れの闇。を広くそして深く調査している。現在、そしてこれからの日本を真剣に考える一つの視点として持っておきたい。

2か月前

「社会を変える」を仕事にする: 社会起業家という生き方

改めて自分のしている仕事の良さにも気づけたし、全然できていない部分も見えてきました。自分の仕事が社会を良くするためにどう立ち回ればいいのか、大きなヒントを得られました。

8か月前

3bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662Icon user placeholder